タイトル画像

老猫べたのお話

2017.07.05(07:00) 520

松ねこブログをご覧の皆様は、Sおばさん宅の老猫べたちゃんをご存知かと思います。

017_2017062512403765b.jpg

1999年9月に1歳(多分)位で保護しましたので、今年9月がくれば最低でも19歳~あるいはもっと上かも?という老猫です。
昨年9月に食欲が低下、顎に悪性腫瘍もみつかったので、もう来年は無いもの…と覚悟しました。
が、スゴいですねーー。
今年も、もう半分生きています!!

001_201706251240391dc.jpg

もうトイレをまたぐ事が出来ず(生まれつき両前足に傷害がある事も原因かも)居住空間はペットシーツの上です。
いつも上手にシーツを使っていますが、体調が悪い時など手足につく事も…

002_20170625124040e43.jpg

リアルでごめんなさい!!
食事しながらスマホで記事を読んでいる方、失礼しましたw( ̄o ̄)w

でも、人間でもそうですが介護にはつきもの、猫だって全ておんなじ。
しかも24時間体制。
ワタシは年金生活者ですから、じいやと二人基本在宅しています。
そのお陰で、べたちゃんをシッカリ看る事が出来ますから幸せではあります。

022_2017062512404239c.jpg

そういう風な生活を続けていたべたでしたが、今年5月上旬、実は他界しそうでした…。
急に食欲が低下、昨年の9月と同じ様な状況になりました。

私は中旬から香港旅行を予定し、べたは懇意にしている獣医さんにお願いする積もりでした。
ところが先生、この状況ではお預かり出来ない、と言うのです。
まだ、もうちょっと頑張れるのかな…と思っていた私は、この言葉を聴いて、ああもうダメなんだとはっきり理解しました。

023_20170625124043e82.jpg

それからは、もう予定という予定はカタッパシからキャンセル。
一日中ベットルームに閉じこもり、べたの側を離れない生活を続けました。
まあお陰でたまっている本が読めました。

そうこうしているうちに…あらら、ちょっとづつ食欲が戻ってきたぞ!
本来なら香港から帰国する予定日には、かなり食べ始めたーー!
先生、お、お話がちがうんじゃありませんかああ

005_20170625124151036.jpg

おかあさん、そんな事言ったらべたがかわいそーだよ。
あたし何だか頑張っちゃた

そうだね、せっかくあっちからこっちに戻って来たのだから、じいやと二人もうちょっと面倒看させて頂きます。
じいや → こっちのが先にあっちに行くんじゃねえの!まったく。。。
まあそう思わない分けでもありませんが、もうちょっとだと思うんでよろしくね!
スポンサーサイト


松ねこ


<<ショートショート | ホームへ | 譲渡会(7/1)のご報告>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matsuneko2016.blog.fc2.com/tb.php/520-657716ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)