タイトル画像

(仮)チビ→シュバルツPartⅠ

2016.04.04(07:00) 52

今日は(仮)チビがシュバルツになったサクセスストーリーをお届けしたいと思います。
チビは去年の6月に、本当に突然にうちのベランダに現れました。
近くに家族がいるのだろうと何日かはベランダでご飯をあげていました。

2015072710060000 (2) (400x225)

しかし1週間しても、チビ以外はいないのです。
たった1匹で生後1ヶ月くらいでこのベランダの細い隙間から飛び上がってきたのです。
地面から60~70cmくらいの高さはあります。
初めて見たときには、誰かがチビを置いていったのかと思ったほどでした。

2016040311390000 (2) (400x225)

しかし何日してもいつも1匹なので、保護をしました。
なんといっても食いしん坊なので、部屋の中にご飯を置いたら、何とも自然に入ってきました。
生後1ヶ月なのに、よっぽどお腹が減っていたのか、成猫と同じご飯でもバリバリ食べていました。
仔猫用のを買ってあげても、成猫のご飯もバリバリ食べちゃいます(;゜0゜)

2015072122460000 (2) (400x225)

部屋の中に入れてみて、初めて近くでチビの顔を見たら、左目が少しショボショボしていたのでスグに動物病院へ連れて行きました。
猫風邪だとの事でコンベニアの注射と飲み薬だけでスグに治りました。
仔猫のときの栄養不足と猫風邪は後々まで影響するので治療は必須です。
その時に先生が生後1ヶ月位と仰っていました。
まだ仔猫なので、スグに部屋生活にも慣れて物怖じすることなく我が物顔でした。
チビはそれでいいのですが、他の先住猫達がストレスハゲになってしまい、松ねこスタッフのYさんに相談したら引きとって頂けることになったのです。

2015080212010000 (2) (225x400)

去年の8月2日にチビはYさん宅へ引越しをしました。
Yさん宅はうちより全然大きくて、他の保護猫もいたのとYさん自体が猫の飼育に関してはベテランなので安心してお願いしました。

2015080212000001 (2) (225x400)

チビも初めての自分の部屋とハンモックに「アレッ生活環境がUPしてきたゾ
と安心したのかスグに慣れていきました。
ここから長い譲渡会生活が始まるのですが、それは又明日に!!

スポンサーサイト


松ねこ


<<(仮)チビ→シュバルツPartⅡ | ホームへ | 譲渡会(4/2)の報告>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matsuneko2016.blog.fc2.com/tb.php/52-f0d4a38b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)