タイトル画像

気持ちが素晴らしい

2017.07.09(07:00) 518

こんにちは、元ワラのTです。

最近、松ねこに手を貸してくださる方々が少しずつ
増えてきました。
皆さま、出来ることがあれば出来る範囲でやります
と言ってきてくださっており、本当に嬉しい限りです。

出来ることを出来る範囲で、これも松ねこの大事なモットーです。
決して何かを無理強いすることはありません。
その方の自発的なお気持ちが、一番有り難く尊いことだと思っています。


私が偶然の出会いでワンニャンを我が家に受け入れることに
なるまで、とあるワンコの保護活動をされている方のブログを
愛読していました。

センターの冷たそうな床の上から見つめるワンコの写真を
何とももどかしい気持ちで見ていました。

その時の私は、文字通り見ていることしか出来ませんでした。

「助けてあげたい、でも、うちはペット不可だから」

「一時預かりだけでもやってみようか、でも家族が反対するかな」

とか、とにかく「でも」と付けて言い訳ばかりでした。


「でも」偶然の出会いで家族が連れて来た子犬達の里親探しを
して、さらに別の偶然の出会いでやってきた汚バサンと暮らす
ようになって、なんてくだらない言い訳ばかりしてたんだ、と
思い知ることになりました。

そうなんです。やってみるとできちゃうんです.゚+.(・∀・)゚+.

そのブログの方は、いつも出来ることを出来る範囲でやって
みてください、時間がある人はボランティアのお散歩やお世話
時間がない人はわずかでも良いからお金を出す、そして一番いい
応援として、「いつか自分で一匹でもいいから受け入れてみて下さい」
と、ある日の記事で書かれていました。

汚バサンを受け入れることになった時、私は一番良い形の貢献が
出来たと、本当に嬉しく誇らしく思いました。

そこからあれよあれよとニャンコが増えてきましたが、これらは
全部偶然の出会い。
困ってる子が居る時に、うちの座席に余裕があれば受け入れると
いうスタンスでやってきました。

こうやって、実際に自分で困っている子を受け入れることが出来る
ようになるまで、なんだかんだ言って5〜6年はかかったと思います。
それまでは保護犬保護猫ブログを見て、いつか受け入れたいな、と思い
ながらモジモジ暮らしてきました。

なんだかとりとめが無くなってきましたが、言いたかったのは
「でも」はひとまず置いといて、やってみちゃうと意外とできちゃう
ということです。

そして、そこに至るまでの「困ってるニャンコワンコをなんとかしたい」
という気持ちが一番大事で素晴らしいモノだと思っています。

だんだんみんな気がついてきています。

ショーケースに入った犬猫をお店で買うのって、なんか変じゃない?
子犬子猫を煌煌と蛍光灯が照らし続ける小さい箱の中に単独で陳列しているの
って、不自然じゃない?
売れ残った子たちは、どうなるの?
良いブリーダーと悪いブリーダーって、どうやって見分けたら良いの?

そういう現実を知ろうとする気持ちも、とても素晴らしいと思います。

また、

野良猫が子ねこを連れて歩いてるけど、この子達はどうなるの?
けがをしたボロボロの野良猫が最近現れるけど、何か出来ないかな?
大雨の日に、あの公園で見かけるあのニャンコはどうやって雨をしのいでるのかな?

こうやって気にかける気持ちも、本当に素晴らしいと思います。

そしてそこから一歩、踏み出してみると、もっといろんな景色が広がるし
意外とその一歩を踏み出すのは簡単なんです。
ああ、もっと早くやれば良かった、と思うものなんです。

最近、その一歩を踏み出そうとして下さる方が徐々に現れて来て
くれていることを、本当に本当に嬉しく思います。

というわけで、まずは譲渡会に行ってみましょう!
松ねこでなくても良いのです。
各地で各団体がたくさん譲渡会をやっています。

そして、すぐに家族に迎えられない時は、せめて代わりにお世話
してくれている人たちに、気持ちでいいので支援をしましょう。
譲渡会で退屈してそうな猫と遊んであげる、猫におやつを差し入れる
募金箱に10円でもいいから入れてみる。なんでも良いんです。
ブログを見てくださって、拍手をしてくれるのでも良いんです。
そして、周りで猫が欲しいな、と言っている方がいたら「こんな
ブログがあるよ」と、保護猫保護犬という選択肢があることを
その方に教えて下さることも、立派な支援の一歩です。


何よりもまず大事なのは気持ちです。
そして、次に、気持ちが抑えられなくなったらちょっとしたことで
良いので、形にしてみませんか??

譲渡会でお待ちしています(´∀`σ)σ


スポンサーサイト


松ねこ


<<譲渡会(7/8)のご報告 | ホームへ | 明日(7/8)は譲渡会>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matsuneko2016.blog.fc2.com/tb.php/518-2088103e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)