タイトル画像

おひょい君のご報告3 ラスト

2017.05.19(07:00) 474

今日は結論が出ます。Sおばさんがきちんとご報告します

おひょい3


4月30日、おばさん2人、再び病院を訪れ再びおひょいの説明を求めます。
先生はとっても!!良いセンセイでイヤな顔など全然です!
まあ2人とも2~30年のお付き合いですから気心は知れています。
こんな獣医さんはとても貴重な存在です。

027_201705141234333c8.jpg

これは、血液検査の結果です。

028_20170514123435fd1.jpg


そしてここ。
腎臓病の目安となる、BUNとCRE、あらら、アララ平常値範囲じゃああありませんかあ
さらにセンセイが気にしていたIP(無機リン)ですが、これもっ正常値だあ!
高い数字はTPとGPT/ALTのみでしたが、先生は余り気にしてはいませんでした。
IPは正常値だけれど、普通2~3が望ましい値で、「正常値」だけれどこの年齢の猫ではとても気になる、と言うのです。

おひょい&みな512


その根拠はおひょいの「多飲多尿」にあったようです。
Iさんは、明らかに他の猫と比べ顕著だと言うのです。
それと、この数値で先生の「腎臓病かも?」という結論が出た様です。

ハッキリと結論が出なければ、今後おひょいを譲渡出来なくなります。
そこで先生の提案で、今一度血液検査をさせる事にしました。
皆様はご存知でしたか?私は初めて聞きました。
IDEXX SDMAというものでした。

029_201705141234366ab.jpg

「犬猫の腎機能を評価する画期的な血液化学スクリーニング検査」
というもので、早期の腎臓病が疑われた場合、どの位のステージ位置にいて、どんな治療が望ましいか、が分かるそうです。
結果、なんとおひょいはと「腎臓病ではない」という数値が出たのです!!

推理してみました。

保護したてのおひょい、環境が変わり血尿が出てしまった(良くある事です)
  ↓
投薬とPHゼロの食事で改善(念の為そのままPH食を続けた)
  ↓
多飲多尿が始まるがこれがPH食と関係する事に気づかず
  ↓
血液検査をする時多飲多尿を報告(実は血尿時の獣医さんは今回の先生とは別の方、先生はPH食をを知らない)
  ↓
この報告と、無機リン値が気になる先生は、腎臓病かあ~!と心配になりIさんに伝えた
  ↓
ビックリしたIさんは直ぐ腎臓食に切り替えたところ、3日位で多飲多尿はピタリと収まった???
  ↓
ここで初めて多飲多尿は腎臓病の症状からではなく、PH食の影響、という事が判明した

チャンチャン!という訳でした。

おひょい5121

あっちこっち、少しづつズレがあって、「うわあ、腎臓かあ」って思い込んでしまい、せっかく里親さんを名乗り出て下さったご家族様には本当にご迷惑をおかけしてしまいました…この場をおかりしまして改めてお詫び申し上げます。
おひょい君の真実が判明した時は、既に他団体様の猫ちゃんとお見合いのお約束があり、当然ながらそちらを優先にして頂きましたので、おひょい君は残念でした。
でも、これらの事柄をご理解頂き、おひょいを再び譲渡対象にする事に対しご了承を得ましたので、心機一転頑張るつもりでいますね!おひょい、天国のおばあさんも、アナタが幸せになる事を一番祈ってると思うから、一緒にガッツ(?)だぜえい
おひょいは、沢山の保護猫と共におりますので、どうしてもケージ生活時間が長くなってしまいます。
1匹でのびのびと、あるいは大人しめのメス猫ちゃんと仲良く…という様な生活をさせてあげたい、と思っています。
家族に迎えたい、と思って下さる方がいらしたら、是非とも譲渡会にいらして下さい!!お待ちいたしております

※5/20日の譲渡会の参加猫は明朝の7時にアップしま~す

松ねこではボランティアさんを募集しております。
シェルターのお掃除と給餌、捕獲した猫の病院搬送、保護猫の預かりさん、出来る時に出来る事をで大丈夫ですので、力を貸して頂けると助かります。
お問合せは右記のメールアドレスへお願い致します<(_ _)>
※PCからの返信を受信できるメアドからお願いします。


スポンサーサイト


松ねこ


<<今日(5/20)は譲渡会 | ホームへ | おひょい君のご報告2>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matsuneko2016.blog.fc2.com/tb.php/474-11e4e77b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)