タイトル画像

おひょい君のご報告2

2017.05.18(07:00) 473

昨日に引き続き、「べた」飼い主Sおばさんが、その後の「おひょい君」についてご報告します。

おひょい1

4月22日の譲渡会でした。
この日は沢山のご家族が見学にいらしてくれてました。
その中のあるご家族様が、おひょい君の事を気に入って下さったのです!!
おひょいは「なり」はデカいのですが、人間大好き♪のとても可愛いヤツなのです(。>ω<。)ノ
そのご家族様はおひょいの保護経過もきちんと聞いて下さり、なお更家族に…と、申し出てくれました。
ご熱心に色々とご質問され、ご家族の本気度がわれわれスタッフにも伝わり、25日にトライアルお届という事が決定し、一同とても喜びました!

譲渡会

ところが…なのです。

責任感の人一倍強いスタッフIが、お届け前日、おひょいの爪が気になり、切ってもらう為に近所の病院に行きました。
元気印の彼なので、何かあってはいけないと思い先生にお願いしたのですが、明日譲渡なら念の為に血液検査をしたら、と勧められて採血をして頂きました。

その結果、実はおひょいは「腎臓病になる可能性が高い」と言われてしまったのですーー!

明日トライアルなのに((((;゚Д゚)))))))
と、Iは動転してしまい、その後の先生の説明が耳に届かず…「腎臓病=不治の病」とすっかり思い込んでしまいました。
この状態でトライアルするワケにはいかず、泣く泣くお断りの連絡をいれました。
しかし、話はまだ続きます。

おひょい&みな511

その後、冷静に戻ったIは、果たしてあの時先生は何と言ったのだろうか…と不安になってしまいました。
聞いてないもんねー!思い込んじゃったもんねー!(まあ、ワタシも多々有りますのでヒトサマの事は言えません)
そこで、今度は私と一緒に病院に行き、再び病状の説明を聞く事にしたのです。
そしたらまあオクサマ、意外な事になっておりました。

次回結論です。長くてごめんなさい。

おひょい&みな5122

松ねこではボランティアさんを募集しております。
シェルターのお掃除と給餌、捕獲した猫の病院搬送、保護猫の預かりさん、出来る時に出来る事をで大丈夫ですので、力を貸して頂けると助かります。
お問合せは右記のメールアドレスへお願い致します<(_ _)>
※PCからの返信を受信できるメアドからお願いします。


スポンサーサイト


松ねこ


<<おひょい君のご報告3 ラスト | ホームへ | おひょい君のご報告 その1>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matsuneko2016.blog.fc2.com/tb.php/473-63b5d3a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)