タイトル画像

ワラワラのママたち2(モモヨ編)

2017.03.09(07:00) 405

どうも。元ワラワラになりつつあるTです!
なんと、今朝ご飯をあげるときにモモヨちゃんが私の手に「ポン」と一瞬
触れました。
これまではガッツリ出ていた爪は全く出ておらず、完全に「早くちょうだい」
の「ポン」です(*゚Q゚*)
肉球の感触がまだ手の甲に残っています。
すこ~し、モモヨちゃんの心の扉が開きました(*≧∪≦)

では、モモヨちゃんが我が家に来てからこれまでの続きです。

ももよちゃん捕獲時

アラアラ私としたことが・・・(覚えてます??こんな捕獲時でした)

捕獲したその日に動物病院で避妊手術を受け、一泊入院をして我が家に
やってきたモモヨちゃん(当時は鏡子さん)

モモヨちゃんは一旦みんなと一緒のケージに入りましたが、あっという間に
そのケージを飛び出し、それからは徹底的に窓際で逃げる隙間を探そうと
していました。

人が近づけば最大限のフーッとシャアアアアアーーーo(`ω´ )o です。

2~3日した後は、逃げ道はないと悟ったのか、徹底して人から身を隠す
ことに作戦変更のモモヨ嬢でした。

居るのは確かだけど、(でかいウン○がある、ご飯を食べている)目視での
存在確認もほとんど出来ず、全く人馴れしようとしないモモヨちゃん

このままでは何も始まらない(そもそも何かあったとき医者にも連れて
行けない)、というわけで、モモヨちゃんには専用ケージでお過ごし頂く
ことにして、件のネコつかいさんに捕獲してもらったわけです。

ももよちゃん書斎ケージ5(不機嫌)
不本意だわ

ももよちゃん書斎ケージ4(不機嫌)
とにかく不本意だわ

ももよちゃん書斎ケージ2
まったくもって不本意だわ!!(*`皿´*)ノ

と、ひたすら不満げな表情のまま、約1か月2段ゲージの中でモモヨ嬢は
お過ごしになりました。

その間、子ねこや茶色ママが人間たちとふれあい甘えたり楽しく遊んだりする
様子をモモヨ嬢はケージの中から見てるのですが、表情は硬いままでした。

で、子猫が居なくなったので、ママたちは人間の日常生活が見られる
リビング隣接の和室にお引越し頂きました。
(和室はピーパーがすくすく育った日当たりの良い、ニャンコの間)

モモヨちゃんは、基本的に慣れるまでケージにお籠り頂くしかないので
天井近くまである3段ケージに住んでもらっています。

ももよちゃん和室ケージ白餅のせ

モモヨ御殿、又はモモヨタワー

コテツ君とヒメちゃんのと同じかも
ヒメコテツ

ちょっと違うかな


とにかく、人がいるとフーシャーパッパッと威嚇に忙しいのですが
周りで遊ぶネコたちや、ちょっかいを出しに行くネコには普通に接してます。

ももよ嬢を囲む猫たち

○チガイはるちゃんとも仲良くなったよ

ちなみに我々は、どちらもガタイのいい体育会風のコワモテです。

そんな我々ですが、毎日、モモヨ嬢を攻め落とすべく、

「モモヨちゃん、おはよ~」だの
「今日もかわいいね♡」だの

あの手この手で籠絡すべく、日々頑張ってます。

ももよ嬢
やだわ、この人たち 変態だわ

最初はとっても厳しい目つきで、「パッ」と「フゥーーーッ」しか
言わなかったのですが、最近はお目目も丸くなってきて、心なしか
表情も温和になってきた気がします。

そろそろ和室限定でケージからお出まし頂く日も近いです。

モモヨ城落城の日が来ましたら、またこちらでご報告いたします。

今日は長くなりましたので、今度の記事で、茶色ママのことをご紹介いたします。


スポンサーサイト


松ねこ


<<明日(3/11)は譲渡会 | ホームへ | ワラワラのママたち(白ママ編)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matsuneko2016.blog.fc2.com/tb.php/405-93322f0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)