タイトル画像

ネコロジー

2017.03.16(07:00) 402

どうも、ワラワラのTです。

先日からネコ関連本を手当たり次第に図書館で予約してます。

こちら、この間読んでとってもおススメしたくなった本です。

ネコロジー

ネコロジー ノラ猫トイとその仲間たちの物語  
坂崎幸之助 著 河出書房新社

THE ALFEE(ジ アルフィー)の坂崎さんの本です。
保護活動を「秘密結社」と称するあたり、実態を良く
表してるなあ、と思います。
坂崎さんご自身の等身大の猫ライフ、猫保護活動が
淡々と書かれていて、一気読みしてしまいました。
ちゃんとご自分を「偽善者」と言い切る辺りも立派だ
と思います。

坂崎さんのお宅のネコちゃんたちのハプニングも
猫飼い「あるある」でとても参考になりました。

これは是非「買って」お読みになることをおススメ致します!
(印税の全てが保護猫活動への寄付になります)
図書館で借りて浮いた費用は松ねこへのご寄付をおススメ(?)
致しますm_ _m

ここからは図書館だけでなく、アマゾンも見ておかないとな~と今さら
ながら覗きに行って読みたい本、欲しい本がわんさか出てきてしまった
ため、強引に気になる本のおすそ分け(?)です。

ではいっさつめ

イヌ・ネコ 家庭動物の医学大百科 改訂版

ネットで情報がいくらでも探せる便利な世の中です。
しかし、ランダムにいろいろ出てきて、しかも本当かどうか見極めも
難しかったりして、ここからの情報の取捨選択に時間がかかったり
自信が持てなかったりすることがあります。

やはり、信頼できる情報源は家庭にひとつ、あった方がいいのかなあ
ということで、これを購入するか検討中です。

パーちゃん視線右上
買っておいた方がいいんじゃない??

そうかにゃ~、パーちゃんに言われちゃうと説得力あるにゃ~
(なぜ説得力があるかはパーちゃん一大事?!の記事で
今後ご紹介します)

にさつめ~

猫医者に訊け!

アマゾンのレビューを読んでいると、賛否両論かまびすしいというか
中身には概ね賛だが語り口が否という意見が目に付きます。

私の場合自分も口が悪いので、おそらく語り口は気にならない(むしろ
好きかも)だろうことが予想され、是非読んでみたいです。
おネコ様入門書としては、こういう本の方が読みやすくて(かつ基本
正確で)ふさわしいのかな、という気がします。


これらの本を読んだことがおありの方、よろしければ感想お聞かせくださいませ。

そしてよろしければ、私に貸して下さい!!
(図書館で置いてないんですよぅ・・・)

番外編

猫には関係ないのですが、図書館で一緒に借りて読んで
とても面白かったので・・・

女子の人間関係


女は選ばれる性であり常に不安で傷ついているとは
斬新で興味深かったです。
私自身は、ついつい「癒しが必要なのか・・・めんどくせえな」
と思ってしまう中身おっさん女なので「女」を理解しがたい部分
があったのですが、そんな私にも分かりやすく書かれていて
とっても勉強になりました。

猫の女、すなわちメスには参考にならない気がします。
彼女たちは総じて誇り高く強く気高くて、癒して!!と
言ってくるのはオスの方が多い気がします・・・(*´~`*)

癒して!!というか、甘えたさんよね、オス猫たちって。

はるちゃんねむねむアップ
めんどくさい甘えたです。どーもすいません!!

はるちゃんは違う意味でもめんどくさい・・・あ、傷つくから
今の無しナシ!!ごめんねはるちゃん!!(今度機会が
あれば男はるたろうの複雑な乙女心をご紹介します^^)




スポンサーサイト


松ねこ


<<明日(3/18)は譲渡会 | ホームへ | 里親さま通信(ビス→ソルト)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matsuneko2016.blog.fc2.com/tb.php/402-1e1a1476
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)