タイトル画像

ネコ様関連のご本

2017.02.23(07:00) 389

どうも!ワラワラ保護主のTです。
やっとワラワラにたどりついたのですが、ワラワラがまた壮大な話であり
ますので、ここでちょっとインターミッションでございます。
今日は誰にも頼まれてませんが、私が最近読んでる猫関係の本、ご紹介します。

皆さま、ネコ様とのお暮しの中で、困ったこと、ありませんか?
また、この子ったら、何考えてるのかしら??なんて思うこと、ありませんか?
我が家は不良とアホと引きこもりといろいろ逸材がそろっているので、不思議や疑問が
絶えることがありません^^;

ミズmomoyo 

絶賛引きこもり中よ!!

お、これはこれはワラワラからフライングでご登場の鏡子さん


また、いざ、我が家のネコ様の具合が悪くなったとき、皆さまどうされてますか?
まずはグーグル先生にお伺いをたてたり、周りのネコ飼いの先達に教えを請うたりする
方が多いかと思います。
あとはさっさと動物病院に連れて行って専門家に診てもらう。
これが一番手っ取り早く、確実でしょう。
下手の考え休むに似たりです。何もなければ診療費もたいしたことないですから。


りんご114
やすむのは、ボクに任せて!!

そうだね、リンゴちゃん


ただ、今すぐ病院に行くべきか迷うときもあるでしょう。
病院に行けないけど、何か出来ることはないか、と思うこともあるでしょう。

そういう時は、常日頃からの猫学が役に立つのではないかと思います。
すなわち、動物病院の先生が書いた本や、動物行動学の研究者が書いた本、経験豊富な
猫専門家の本を読んで勉強しておくのです。

すこ218 

私のためにもっと勉強して頂戴!!

真面目に勉強していれば、スコちゃんの心の扉が開く瞬間もきっと来るよね


ちなみに、こんな風に思ったのは、何のことはない、自分がそういう目にあってるからです><

例えば猫が誤食したとき、異物が胃の中にあるか、腸の途中にあるかで対応は違ってきます。
また、何日ぐらい様子を見ていてもいいか、何に注意して見ているべきか、が分かります。

突然ですが皆さん、猫の腸がどんな形か、どんな順番で並んでいるかご存知ですか?

それを知っていれば、獣医さんで説明を受けたとき、いろんなケースのその深刻度合いが
正確に理解できるのです。

そして、「そんなにヤバいことになるの???(。Д゚; 三 ;゚Д゚)」と恐るべき事態を
垣間見ておけば、より一層心して予防に励めることになるのです。

いろんな意味で「そなえよつねに!」なんですな。

ペーター213 

ペーターも溺愛オヤツシャワーを浴びる日のため、常に備えは怠っておりません!!


なお、我が家では幸運にも動物病院にかかるのは毎年のワクチン程度でしたので
すっかり平和ボケしてました。
ですので普段何にもそなえてなかった私が、反省して今読み始めてる本はこちら

猫的感覚 動物行動学が教えるネコの心理』ジョン・ブラッド著 羽田詩津子訳(早川書房)

こちらはネコの生態や本能、イエネコの歴史から、家庭猫ってどんなもの?というところ
全般について書いてあり、とっても興味深く読んでます。

しつけや暮らし方に疑問がある方、何考えてるの??この子、という想いを抱いている
方におススメです。

そもそも、へえ~、猫ってそういうヤツらなんだ、という基本的な部分が分かり、ネコさま理解の
ための土台が出来そうです。


ねこバカ×いぬバカ』 養老猛 近藤誠 小学館

いくらでも小難しいことを小難しく語れるはずの人たちが「いぬねこって、本当にいいよね」
と素直な愛を天真爛漫に語る本

養老先生の、必ず猫は重要な書類の上に座り込む、のあたり、猫飼いあるあるで微笑ましいです(〃ノωノ)

「しぐさを見てるだけで、働く気が失せるよね。
だって猫は一日中、食べるか、寝るか、遊ぶか。
なんでオレだけが、働かにゃならんのか」(養老)


この一文だけで、読みたくなったでしょ?そこのアナタヽ(´∀`)ノ

後半は人の医療とペットの医療、それぞれの高齢化についてもアツく語っておられます!


ネコの動物学』 大石孝雄 東京大学出版会

表紙のかわいらしいニャン様とは裏腹に、中は白黒で割と専門的な感じです。
私はネコの体内(腸の並びや形)が見たかったので、体内図を主に眺めて、ざっと全体を
めくっただけですので、30分ぐらいで読み終わりました。
ネコ学の概説書というか、入門的な感じでは良いかと思います。



これらは全て、都内の図書館で借りて読んでます!!

023_2017010710412747b.jpg 

浮いたお金はあたしたちに貢いでちょうだい



図書館によってはネコ本フェアなどやってるところもありますので、是非、カワイイだけでない
ネコ本もご覧になってみてください。

そして、ワンニャン関連の本でおススメのものがあれば是非、コメント欄から教えてくださいm_ _m
(特に生物的な体と医療、しつけの本があれば是非!!)
スポンサーサイト


松ねこ


<<明日(2/25)は譲渡会 | ホームへ | いつの間にか兄弟になる>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matsuneko2016.blog.fc2.com/tb.php/389-575d833a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)