タイトル画像

ワラワラのママたち(白ママ編)

2017.03.08(07:00) 386

どうも!ワラワラ保護主のTです!

子猫たちが皆それぞれの家族の元に巣立った今、ワラワラ組は
自然に解散されましたので、もはや元ワラワラ保護主Tといった
方がいいでしょうか。

まあ、気にしてる人いませんよね、そんなこと(*´~`*)
では、さっさと気になるママたちの今について書いていきましょう。

ももよちゃん書斎ケージ1

なによ

はい。鏡子さん改めモモヨちゃんです。
鏡子さんというのは松ねこで捕獲したときに仮に呼ばれていた
名前です。
我が家では、里子に出すと固く心に誓った子たちには決して
名前を付けません。
なぜなら、名前を付けた瞬間に、半分以上うちの子みたいに
なってしまうからです。
ですので、子猫たちもママ猫たちも、それぞれの模様で呼んでいました。

茶トラズ

茶トラ

キジ三毛と茶白

キジ三毛

茶白

茶白

白1
白2

白その1 白その2

茶白と薄茶

薄茶

大谷君

大谷君

最後だけは例外です。うちに居たの、わずか1週間ぐらいでしたし、保護した
2日後ぐらいには里親希望者さんが決まってましたから。

そして、ママたちは

ももよちゃん書斎ケージ3
白ママ

茶色ママ書斎でママ時代アップ

茶色ママ


と呼んでおりました。

ところが、2~3日経って、降りてきてしまったんです。

ももよ

という三文字が、白ママを眺める私の脳内に!


名前が降りてきてしまっては仕方ありません。
まあ、元からすぐに里親さん探すのは難しそうな子だね、しばらく
我が家にご滞在頂くかね(そもそもうちで引き取るしかないかね)
というような話をしてましたので、白ママは「ももよちゃん」として
我が家での生活をスタートさせました。

ももよ嬢を囲む猫たち
ももよちゃん和室ケージ白餅のせ

そしてこれが現在
モモヨ城に籠城するモモヨ嬢

モモヨちゃんは、人が怖くてたまらなくて、ちょっとでも人間の気配が
すると引き出しの影や本棚の下など、ありとあらゆる場所に逃げ込ん
でました。
決して人前に姿を現さない、まぼろしのネコ、モモヨ・・・

そんなモモヨちゃんの、捕獲からこれまでの様子は明日に続きます。
スポンサーサイト


松ねこ


<<ワラワラのママたち2(モモヨ編) | ホームへ | 地域猫活動セミナー>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matsuneko2016.blog.fc2.com/tb.php/386-aa1a8235
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)