タイトル画像

偉いぞ松戸市!

2016.11.05(07:00) 271

こんにちはワタシ「とと」と言います。
今日は、松戸市における<猫事情>についてちょっとお勉強してみましょう~。
皆さん興味あるでしょーー!

008_20161101151537b02.jpg

とと講座始めるよん
まずはこれからいってみましょう~。

009_20161101151652396.jpg

このパンフは千葉県が発行しています。
「地域ねこ活動に関するガイドライン」~地域ねこ活動の道標~
というタイトル。
はじめに、のところに
「地域ねこ活動」は、全国的にも注目されており、人と飼い主のいないねこが共生していくための有効な方法の一つと考えられます。」
だって。
つまり、県のヒトも、「飼い主のいない猫にエサをやるな!」からの「かわいそう~だって生きているんだもん。猫が悪いんじゃなくって、結局人間サイドの罪でしょ。エサくらいあげようよーー。そのかわり!増えないようにゼッタイ赴任手術してね!」に変わったって証拠だね、このパンフ
じゃあ、ここで我らの松戸市はどうか?というと、、、

003_20161101151531508.jpg

ほらほら、見てよ!
これ何だと思う?
今年10月の「広報まつど」に載っていました。
松戸市もちゃあんと「地域猫活動の推進」っていうのを、「市の啓発活動」として取り組んでいるんだよ~。
県サイドと一緒だね。松戸市ぐっじょうぶーー

006_201611021138597fd.jpg

さらにこれ!これはね~。
外ねこにゴハンあげている人なら、だれでも経験する事だと思うけど・・・
ともかく「エサをあげるな!」の一点張りのヒトっているじゃん。
こっちの言い分を全く聞かずにドナリまくるヒト。
県だって市だって「エサあげる行為は正しいし推薦してますよ」って言ってるのに。
まあ、でもいる。
確かに、ゼッタイいる。エサだけ!あげてるヒト。不妊手術をさせず無責任に増やしているヒト
腹がたつ。しかも自分は良い事をしてるんだ、って思っているんだよねーー。
まあ、話すと止まらないし、長くなるから、ここではこの位にするけどさあ・・・
だからのバッチ。
このバッチは松戸市が貸与してくれます。
不妊手術を済ませている、エサの後片付けをきちんとする、とか細かいルールを理解して(かなり細かいけど)地域ねこ活動を普及しようとしてくれるヒトに貸してくれるんだって。
これがあれば、「エサをやるな!」おじさん?!まあおばさんかもしんないけど、頭ごなしにドナラれる事ないよね。
コウモンさまの印籠とまではいかないけれど、話し合いの良いきっかけになるじゃん。

004_201611011515355f8.jpg

さらにさらに。
これは10月号に続いて11月の「広報まつど」に掲載されていました。
「不妊手術費用の一部助成をします」っていう説明。
もう泣けちゃうねえ(><)
詳細はバッチともども環境保全課に!!

001_2016110211255694c.jpg

偉いぞ松戸市!
ワタシの両親も外ねこで、無責任な複数のエサヤリが、何も考えずエサだけくれていたから、ワタシが生まれちゃって。この講座を読んでくれているヒトはわかると思うけれど、外ねこ生活ってすんごくキビシイんだよね・・小さいワタシは生きていく事が出来ず、お母さんが助けてくれた時は、もう90%死んでいたようなもの。こうして、大好きな宴ちゃんと生活出来るのは本当に「運」が良かっただけ・・犠牲になっちゃた子の方が多いよね、人知れず。
くーー泣かないよ、泣かない!
せっかく助かったイノチだもん。
マツドシだって応援してくれるんだもん。
上を向いて歩こう

もっともっとホントうは言いたい事いっぱいあるんだけれど、長くなっちゃうからね。また。
松戸のねこ事情、参考になりましたかあ~。
「とと」講座ご静聴アリガトウございました!







スポンサーサイト


松ねこ


<<家猫修行中(こいち・チビ・ユリ・かんな) | ホームへ | 明日(11/5)は譲渡会>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matsuneko2016.blog.fc2.com/tb.php/271-06b9f0cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)