タイトル画像

三郎物語PARTⅢ

2016.03.10(07:00) 27

なすすべもなく数日が過ぎた頃、アニファ動物病院の院長から私に連絡が入りました。

それは院長からの申し出でした。
「三郎を引取ります、手術が出来なけれ可能な限りの投薬治療をさせます、手術費用の為に募金活動をしても良い」との事でした!
これで泣かない関係者はいません…そうでしょう?
病院は手術を専門の病院に委託する為、その費用については考慮の余地がありません。委託手術費用以外は全て負担してくれると言うのです。
儲からないのに誰の為?三郎の為?それ以外の何があると言うのでしょう?!

1457096074511.jpg


そうして三郎は、2月22日保護主さん宅からアニファ動物病院に移り「ペットと暮らそう」さん所有の保護犬となりました。保護主さん、Yさん、私、初めて話し合いをしてからわずか20日後の出来事でした。皆泣きました、そして頑張りました!
更に、実はこの時点で60万という手術に関する募金のめどが立っていたのです!その後短期間の間に、他の松ねこスタッフからの寄付も集まり!なんと何と目標の100万円を超える事態となったのです((((;゚Д゚)))))))

沢山の方々のご協力のお陰で、三郎はここまで来ました。
「捨てた人間」がいるなら「拾う人間」もいなきゃ!両方そろえば「殺処分ゼロ」も夢じゃない。心からそう思いたい…。信じたい…。

このブログをご覧の皆様は、ここでたっぷり泣いて下さいねーー。私は書きながらず~と泣きっぱなしです。゚(゚´Д`゚)゚。

1457096082986.jpg


三郎は3月6日に手術を済ませました。

術後の経過も含め又ご報告いたします。
スポンサーサイト


松ねこ


犬ちゃん トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<3/12日の譲渡会 | ホームへ | 三郎物語PARTⅡ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する