タイトル画像

里親さま通信(ノル)

2016.10.02(07:00) 237

昨日に引き続きまして幸せをお届けする里親さま通信です(^-^)/
本日の主役はノル君改めアモ君です。

アモ君の経緯はこちら

現在の里親のTさまは、上記のブログを見て柏の譲渡会に足を運んで下さいました。
でも、その日はアモ君は来ていなかったので後日、アモ君だけを連れてお見合いをして家族にと望んで下さいました。

元保護主宅では家猫修行完了のイクメンの筈だったのですが、猫は環境の変化に弱いものですから里親のTさま宅では威嚇はするわ、強烈な猫パンチは繰り出すわの全くの別猫へと変貌したのです・・・orz
アモ君は食欲がなく、少ししか食べないでストレスハゲも出来てしまい、病院へ連れて行きたいけれど触れないから連れても行けず、里親のTさまは元保護主と相談しながら悶々とした日々を過ごしていました


サテ長々とお待たせいたしました(^-^)/

ノル1

じゃぁ~~ん これが現在のアモ君ですよ

3週間を過ぎた頃に、いきなりアモ君の心の扉がOPENしたのです。
急に食欲が出始め徐々に威嚇も減り1ヶ月たつ頃にやっと頭を撫でさせてもらえ、スゴク嬉しかったしホッとしました。
と里親のTさまからのメールです。

ノル3

どうですか?
この安心しきった無防備な寝姿ムダ毛だってボーボーです。
今では撫でてあげるとゴロンしてお腹も見せてくれるようになり、元気も出てきて、オモチャのボールを転がして部屋中を走り回っているそうです

ノル4

今まで怖くて引きこもっていたから、これから色々探索して皆にご挨拶回りですよ
金魚さん、はじめまして。これから一緒に暮らしますアモですよ。仲良くしてね!

と思っているか、アモ君はお外の生活が長かったから、
お腹が空いてしょうがない時はヨロシクね!
と挨拶しているのかは神のみぞ知るです

Tさま、一応念のため後者の狩り対策はぬかりなくお願いします

ノル2

この写真、Tさまのアモ君への愛を感じました
距離が縮まらず悶々とした時間が長かったから想いひとしおって感情が伝わってきます。

写真はセンスであって、愛情の深さではないと思っていますが、今回のアモ君の写真すべてにTさまの愛が溢れているように伝わってきました。
まさに百聞は一見に如かず

今回は本当に紆余曲折があり、携わった人が皆で心配していました。
何度も書いていますが、猫は環境の変化に大変弱いので心の扉が開くまでは個人差があります。
仔猫の時の方が順応性も高いので、なるべく仔猫のうちに本当の家族を見つけてあげたいと思うのもその所為です。
ただ、いくら時間をかけても、やはり相性というか人間の生活のリズムや飼育環境に馴染めない猫もいます。
こればかりは誰が悪いという事はなく、縁が繋がらなかったということだと思います。

ノル5

アモ君も昨日の2匹と同じ一度はリリースされるハズだった「さくら猫」です。
色々な人に命のバトンと愛を繋いでもらって、やっと本当の幸せに,居場所に,たどり着きました。

今年は初めてのベッドデビューしちゃおっかなぁ~
なぁ~んて考えているのか何故かドヤ顔です。

これからもっと仲良くなりたいし、元気で長生きしてもらいたいです。
里親のTさまからの結びの言葉で終わりといたします。

スポンサーサイト


松ねこ


<<譲渡会(10/1)のご報告① | ホームへ | 里親さま通信(ツゥー)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matsuneko2016.blog.fc2.com/tb.php/237-6b8e11dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)