タイトル画像

ジュンのこと

2016.07.14(07:00) 154

今日は我が家の保護猫のお話です。
捕獲したわけでもなく、6/26日の夕方玄関を開けたらジュンがいました。
近所の猫かと思い様子を見ていたのですが、お腹が空いているようで1歩も動きません。
ご飯をあげて、その日はそれでサヨナラしました。

ジュン2

翌日の朝5時から外で仔猫の鳴き声が・・・
しっかりと朝晩とご飯の催促にくるのです。しかも1匹だけで。
3日目からは、保護を視野にいれてキャリーの中で、ご飯を食べさせました。
そして運命の7月1日。
食事中にキャリーの扉を閉めて御用となったジュンなのでした。

ジュン3

1度は扉を閉めた時に失敗して逃げられたので、捕獲器じゃないとダメかな?と思ったのですが、まだお腹が空いていたらしく又自分からキャリーのご飯を食べに来て無事に保護できました。
生粋の野良ちゃんでした。
レボリューションだけは点けないとと思い悪戦苦闘しました・・・

ジュン4

初めの3日間は完全ケージで雰囲気に慣れてもらい、4日目からは部屋にいる時はケージから解放させました。
いやぁ~ケージに戻すのに捕まえようとすると、逃げて逃げて毎日が鬼ごっこです。
上の3枚の写真は保護して2~3日間の写真なので、目がグシュグシュしています。

抗生物質とビオフェルミンを3日間ご飯に混ぜたらこうなりました。

ジュン

1週間経ってから、常にフリーにして、入りたかったら入って休めばいいし、外がよかったら外で駆け回っています。
まだまだフーシャーは言いますが、爪も切ったし、口だけで噛んだり引っかいたりはしません。

2016071123180000.jpg

無理やりですが、抱っこも出来ます。
6月に出会ったからジュン。
まだ小さくてオスかメスかも分かりません。
今週17日の譲渡会で健診兼ねてデビューです。


※松ねこではボランティアさんを募集しています。
メインは新松戸の猫の保護部屋のお掃除とご飯です。
単発で出来る時だけでも助かります。
手伝ってもいいよ!という方は右記のメアドよりお問い合わせ下さいませ<(_ _)>


スポンサーサイト


松ねこ


<<明日(7/16)は譲渡会 | ホームへ | 里親さま決定(キム)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matsuneko2016.blog.fc2.com/tb.php/154-ad79efcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)