タイトル画像

のらちゃん、ちびちゃんのお話

2016.07.03(07:00) 139

今日は松ねこスタッフSさんの担当となります(^-^)/

私の昔からの友人が癌を宣告されました…。
治療に入りましたが、余り芳しくありません。
彼女は一人で、2匹の猫と暮らしていますが、この子達の将来を案じる事態になってしまいました。
猫と暮らしている方なら、自分も何時かそうなってしまったら…と不安になった経験は必ずあるはず。
まさにその不安が現実になってしまった飼い主さんでした。

1匹は4歳のオス猫「のらちゃん」もう1匹は14歳のオス猫「ちびちゃん」
相談されて家に行き「のらちゃん」に会った所、かなりフレンドリーなお兄さんで、この子なら将来が有るはず、と確信出来ました。
しかし「ちびちゃん」は14歳という年齢を考えると難しいかなあ、とも。。

松ねこスタッフで協議しました。
結果、「のらちゃん」は(ペットで暮らそうの子)にして貰おう…、譲渡のチャンスが松ねこより多いはず。
迷った時は、アニファ動物病院ペットと暮らそう、に相談してしまいます。
柴犬三郎の時もそうでした。そして、その様な事情なら、と今回も引き取りを快諾して下さいました(>_<)
本当に有り難い事で感謝で一杯です。

のら2 (253x450)

6月16日のらちゃんは、住み慣れた家を後にし、飼い主さんともお別れして、アニファ動物病院にやってきました。
エイズ白血病等の血液検査をクリアして、ペットと暮らそうの子となったのです。

1467006933053.jpg


6月27日現在、譲渡会場のケージの中で退屈そうに生活している、茶白の子が「のらちゃん」です。
フレンドリー×2、こんな子と生活を共にしたらさぞ幸せな毎日でしょう!!

14歳「ちびちゃん」は、松ねこの子にする事にしました。
6月19日、飼い主さんと別れたくない!と言って大暴れした挙げ句、ネットに入れられてしまってアニファ動物病院に連れて来らたちびちゃん。

1467007106528.jpg


心配した血液検査も無事クリア、ワクチンをして、スタッフIさんの預かり猫となりました。
今回はスタッフ関係者の猫ちゃんでした。松ねこは弱小団体かつ老婆(T_T)の集まりで、ご相談があっても保護が出来ません。
心苦しいのですが、ご理解をお願い致します。申し訳ありません。

2チビ (450x338)

今回は皆様のご協力もあって、無事道筋が出来ましたが、何時も上手く解決するとは限りません。
飼い主さんがいてからこその飼い犬猫。家族。飼い主さんが居なくなったら、彼らは路頭に迷う事になるでしょう。。。
子猫が欲しい、といってご年配の方がいらっしゃる事もあります。私達は20年生きるから、とお断りする場合も度々です。

チビ (450x338)

以前は、保健所の引き取り犬猫は子供が多い、と言われていましたが、今は飼い主さんの死亡、施設入所が理由になっていると聞きました。
切ないです…。

※松ねこではボランティアさんを募集しています!
メインは猫の保護部屋の朝と夜のお掃除とご飯です。
出来る時だけで大丈夫です。
手伝ってもいいよ!という方は右記のメアドよりお問い合わせ下さいませ。
スポンサーサイト


松ねこ


<<譲渡会(7/2)のご報告 | ホームへ | 保護部屋の日常④>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matsuneko2016.blog.fc2.com/tb.php/139-15907eab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)