タイトル画像

保護猫きいちゃん

2016.06.29(07:00) 138

今日のブログは、三郎物語の作者の松ねこスタッフSさんが担当します(^-^)/

ある朝の事です。
のんびりマッタリと今日の予定等を考えていたら…聞こえて来るではありませんか
自宅5階のベランダ下から、時にはか細く、時にはヒステリックな、子猫の声が

1467001453210.jpg

あーあまただよなあ~と思いながら、とにかく保護せねばと声のするガード下の駐車場に向かいました。
今でこそ駐車場になっていますが、昔は草っぱらで、猫がよく捨てられていました。
私は、自分が遭遇した猫は無条件で保護する、と決めています。
猫が可哀そう…より、それを見ている自分がツライ。
自分が辛い位なら保護した方が楽ーーと、まあー単純な考えで探しに行ったのです

ところが、声はする。居るのは間違いない。でも姿が見当たらない(@@)
何度も何度も車の下を覗いたのですが、車から離れると鳴く。近付くと鳴き止む。
かれこれ4時間位探したでしょうか
結局、この車の下!という事が判明したので、ボンネットの下に餌を置きました。
遠方から観察してたら、出てきたw(゚o゚)w
緊張気味に回りを観察して、餌を食べたーー。
直ぐにそこに行き、車の下を覗いた??えーもういない??何処かに移動した気配は全く無いのに??
という事は、エンジンルームかその辺りに逃げ込んでいる、と推測出来ました。

車の所有者が分からない!
知らずにエンジンをかけたらーーギャア、あな恐ろしい(>_<)
すぐにメモをワイパーに挟んで、捕獲器を設置する事にしました。
でも、今餌を食べたので、時間を置いて、夜7時頃に実行しようと、一度帰宅しました

さて、7時になりました。
捕獲器準備万全を期して、駐車場に行きました。
ギャアーー車が無いメモはメモはーー。エンジンルームで子猫がΣ( ̄ロ ̄lll)
へたり込む私
が、ご安心下さい、声が聞こえた…居る!!
震える手で設置しました。
それから1時間程経ったでしょうか。無事保護とあいなりました。
写真が一枚もありません。緊張でそれどころでは無かったのです。。。

この子猫スゴい

1467001588847.jpg

2ヶ月弱のサバ猫の癖に、大人顔負けの威嚇をしてくる。
威嚇にも色々種類があって、シャーやフウーは普通だけれど、最上級の「ぱ!」をする。
爪も出るし、噛み付くし。
見た目健康そうで、とても綺麗。目やにも無し

でも、これは飼い猫が遺棄されたのでは有り得ない。
立派な「のら猫教育」をされているじゃありませんか。この歳で。
仕方ない、ベテラン保護者Yさんに教えて頂いた通り、捕獲器の入口にネットを被せ、捕獲器を逆さまにしてネットに移しました。
そのままレボリューションを施して、ケージに離しました。
はあーこの作業が終了したのは夜10時。猫の声を聞いてから、なんと12時間が経過しました

1467001814178.jpg

それにしても、不思議な子猫です。
飼い猫の遺棄でなければ、突然何処から現れたのでしょうか?
この辺りの猫事情は熟知しています。親が子育てをしていればその情報があるはず。でも一切聞いていません。
親猫らしい姿も見かけません???皆で推測して見ました。
結果はこうです。
この子猫は車で移動して来た!親子で生活していて(かなり良い環境)車の回りが生活場所。
兄弟とちょろちょろ遊んでいたら、あ~ら車が動いてしまった(>_<)
必死でしがみついて、着いた場所がここ。。お母さんを呼び続けて鳴いていたのに、お母さんは全然来てくれず、おばちゃんに捕まってしまった…。
その証拠に、ケージの中でじっとしているのに、我が家の猫の声がすると、ぎゃあぎゃあと鳴き始めます。
お母さんと間違えているのです。
当たっていると思いませんか?

1467001799530.jpg

保護から1週間が経ちました。
小さいケージから大きなケージに移動も出来ました。
食事している時だけ、触る事が出来る様になりました。食事に夢中で気にして要られない様です。
人間と生活して行くには時間がかかりそうな子なので、私の親戚の猫ベテランママに家族にしてもらう事にしました。
ちょっとづつ飼い猫さんになってくれるでしょう

1467002686868.jpg

名前を考えた時、駐車場で保護した猫だから「ちゅうちゃん」という意見もありましたが、可愛そうなので、キツイ子「きいちゃん」に決定。
きいちゃん保護のお話でした( ̄^ ̄)ゞ




スポンサーサイト


松ねこ


<< 保護部屋の日常③ | ホームへ | 保護部屋の日常②>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matsuneko2016.blog.fc2.com/tb.php/138-22c49da5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)