タイトル画像

長助のこと

2016.06.11(07:00) 121

今日は、譲渡会で保育園の園長を担当してくれる長助のお話です。

DSC00529 (450x338)

長助(オス)  7才位  去勢・ワクチン済み   エイズ(+)  白血病(-)

丁度3年前の2013年の梅雨の頃、突如松ねこスタッフのYさん宅の近くに姿を見せるようになりました。
初めから人懐こくて、警戒心はゼロでした。
なので、どこかの飼い猫なのかなぁと思っていたら毎日のように外猫ごはんを食べに来るのです

KIMG0593 (2)

どうしようか考えていたら、ある時から急に姿を消したのです。
じゃあお家があって戻ったのかしら?と思っていたら2ヶ月位して又急に現れたのです。
その時の長助は、もう真っ黒に汚れていてゲッソリ痩せてしまっていました。゚(゚´Д`゚)゚。
もう捕獲器なんて必要ない長助ですから、そのまま捕まえて獣医にまっしぐらです

KIMG0582 (2)


その時に色々な検査をしてもらって、エイズだと分かりました。
検査結果はそうでましたが、いたって元気な長助です。
この3年、Yさん宅は夏はずっとエアコン稼働なので、それでちょっと風邪をひいた位です。
エイズでも発症しないで寿命を全うする猫もたくさんいます。

DSC00531 (450x338)

これだけ初対面のYさんにも物怖じすることなく近寄ってきたのは、元々飼い猫だったのでしょう。
元々飼い猫が何かの理由で捨てられたら、生きていけません。
先ず狩りをした事がないから、食べるものが調達できません。
襲われる事なんてなかったから、身を守る術を知りません。
それは動物の本能でといっても、そんなに外の世界は甘くないのです。

2016041013260001.jpg

長助もボロボロになって苦しくなってYさんを思い出して戻ってきたのでしょう。
これこそが生きるための本能です。
誰が自分を守ってくれるかを見抜く本能です。

※保護猫・家猫修行中の猫の中でピンとくる猫がいましたら右記のメアドへお問い合わせ下さい。

※ボランティアさん募集中です。
  出来る時に出来る事をでいいです!
  手伝ってもいいよ!という方は右記のメアドへお問い合わせ下さいませ<(_ _)>
スポンサーサイト


松ねこ


<<ルビーの散歩③ | ホームへ | 明日(6/11)は譲渡会>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matsuneko2016.blog.fc2.com/tb.php/121-1b006ada
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)