タイトル画像

とわちゃんに何が起きたか?!

2017.08.31(07:00) 571

続き、とわちゃんに起きた重大エピソード?!
Sおばさんが教訓を込めて、お伝へ致します。。。

004_20170817134848f95.jpg

トライアルお届けの時、既にケージが用意されていて、嫌がる事もなくケージに収まったとわちゃん。

003_20170817134850161.jpg

ケージ生活を知っている子は本当に手がかかりません。
この後、夜になると暫く鳴いていたそうですが、その後は徐々にケージから出て自由な生活を送っていました。

トライアル10目位でしょうか。

ご家族のMさんから、2時頃に電話が来ました。
「譲渡の打ち合わせかなあ」と電話に出ると、そこには緊迫した声のMさんが!
「どこを探してもとわの姿がない!今日12時頃部屋に業者さんが来て、その時とわをケージに入れておけば良かったのに、うっかり出したままだった。気が付いて、とわの居そうな場所を全部探したけれど、全く気配がない。他の猫は出られない台所の小窓を、開けたままだったので、多分そこから逃げたに違いない(声は震えたまま)」
「2階ですよね、飛び降りたのですか?」
「そうだと思う。すぐに保健所に連絡したら、警察にも届けた方が良いと言われたので、今向かっています」
そこまで探した後に連絡があったのだから、もうこれはそうなのだろう、と思った私は
「落ち着いて下さい。猫は逃げても決して遠くには移動しません。探せば近くにいるはずです。姿が確認出来たら、捕獲器を持って行きます。これは事故ですから、悔やまないで下さいね!大丈夫ですから落ち着きましょう」

と電話を切りました。
が、落ち着かないのはワタシです・・・
「うわあ大変な事になった!このまま発見されなかったらどうしよう。保護者のKさんに何て伝えればいいんだろう・・」
「せっかく苦労して保護したのに、また外の子になったら可哀想だ」
「でもこれは事故だから、Mさんは必死で対応してくれているのだから、発見されると信じよう」

オロオロしてた30分後!
再びMさんから電話が。
「居ました、いつもは入らない押入れに居ました
虚脱状態ってこんなの

はっぴーと一緒1

発見してくれたのは、何と仲良しのハッピー!!
「ハッピーとわちゃんどこ?お願い探して」と言ったら押入れの前に行ったそうです。

ハッピーありがとにゃ~ますます大好き

最後にMさんが言って下さいました。
「これを教訓として今後今まで以上に、脱走を初め猫の管理に充分に気をつけます。本当に良い経験をさせてもらいました。」

この記事を読んで下さいました方の中にも、同じような経験をした、という方がキットいるはず。
私も5階から脱走された経験があります。マンションに足場が組まれていました。ほんの数分の事でした。
幸い3時間後位に保護しましたが、今でも震えます。

皆様!やつらに裏をかかれないよーくれぐれもご注意だよ
スポンサーサイト

松ねこ


タイトル画像

里親さま通信「とわちゃん」

2017.08.30(07:00) 569

今月8日、無事に譲渡決定したおはぎちゃん、改め「とわちゃん」のその後をSおばさんがお伝えさせて頂きます。

006_20170817131219509.jpg

寝てるのか?起きているのか?分からないとわちゃん

詳細はこちら

まるこ4

左犬のハッピー、中央卒業生のマルコ、右一番先住のナルト、ここのご家族に迎えられたワケです。

はっぴーと一緒4

仲良くできるかな~と心配していましたが、ハッピーちゃんにラブラブ攻撃

はっぴーと一緒2

↑この写真は一度使いましたが、再びo(≧ω≦)oいつ見ても可愛い!
そして、これからはご家族Mさんからのご報告ですう~。

とわちゃん、とっても活発で遊びたくて遊びたくて仕方がない感じです。さすがのハッピー(柴犬)もちょっと勘弁して~という時もあります。また、テーブルの上にあるものを床に落として転がして遊んだりもしています。マルコやナルトとも遊びたそうなとわちゃんですが、マルコは逃げる、ナルトはにらむで、遊んでもらえません。それでもへこたれず、昨日は不意打ちでナルトにキスの挨拶をしていました。さすがのナルトもびっくりだったと思います。
食いしん坊さんで、自分のごはんを食べきって、ちゃっかりマルコのごはんをつまみ食いしている時も!
トイレは、とわちゃんがマルコのトイレを使う時もあり、マルコがとわちゃんのトイレを使う時もあるようになりました。多分、とわちゃんがマルコのトイレを使うので、マルコは仕方なくとわちゃんのトイレを使っているかも?
そんなこんなで徐々にですが、人間との距離も縮まり、自分の居場所を作っているとわちゃんです。


という嬉しいとわちゃん情報でしたが、実は彼女にはとんでもないエピソードがあったのです。
これはとっても大切なお話ですので、次回ご紹介させて頂きます

松ねこ


タイトル画像

老猫べたの闘病記(最終章)

2017.08.29(07:00) 570

1999年、親子で保護され我が家にやって来たべた。。
病気もせず手もかからず、他の猫達ともめる事もなく、18年を過ごしました。
晩年はほとんどベットの下で引きこもり猫をしていましたが、それでも昨年9月までは普通の生活でした。
飼い主Sおばさんが最終章を記させて頂きます・・・

015_201708171120122d1.jpg

H28年9月左顎にキズを発見。イヤな予感がしました。
悪性腫瘍の疑い有りとの診断。

003_201708171141240d5.jpg

もう長くない・・・
2ヶ月か、3ヶ月が、と覚悟はしておりましたが、弱弱しいながら半年が経過しました。

その後5月になって食欲が落ち、一度危篤状態になりましたが、スゴい!それを乗り越えてまた食事が出来る状態に!!
歯もないのに最後まで好んで食べたのが銀のスプーン20歳のドライでした。

004_20170817114123161.jpg

発病から10ヶ月、キズはかなり大きくなり、この頃はチュールを少し食べるだけ。

007_20170817112013939.jpg

それでも、撫でてあげるとまだゴロゴロと反応していて・・・
今でもその時のゴロゴロを想い出すと涙が出ます。

008_201708171120151df.jpg

写真はこれでおしまいです。
もう撮る気持ちにはなれません。
最期については、最初から自然死の選択をしていました。
積極的な治療は必要ないと思っていましたので・・・

もうまもなく他界するだろう、と推定していました。
後3~4日?1週間?ひょっとして10日位?
毎日まいにちへばり付く様にして様子を見ていました。

しかし、10日たっても15日たっても、ふらふらの体で立ち上がり、水を飲むんです、これが・・・。
到底起き上がれる状態じゃないのに、起きるんですね(涙)

そうなると、べたもツラいかもしれないけれど、私も辛いとてつもなく辛い。
ここで、何故「安楽死」という選択をしなかったのか、と後悔したのです。
結局、他界まで23日かかり、8月12日にやっと逝ってくれました。
これまで生きると分かっていたら、苦しめる必要はなかったのです。
10日だろう、とか思っていたので、最初から考えていませんでした。
そして途中ではもはや判断できなかった。。。

「安楽死」については異論があるかも知れませんが、私は過去に、3匹の猫をそうして来ました。
後悔は一切ありません。むしろもっと早い時期に決心すれば良かった、と後悔した位です。
でもいずれも、その時期がきたら先生にお願いしようと、早い頃から決めていました。
今回はその覚悟が無かったのです。甘かったのです。

005_2017082712355311c.jpg


頑張ってがんばってやっと天国に行ったべたちゃん。
沢山の人から温かいお言葉やお花を頂き、心から感謝しています。
ブログを読んで下さいました皆様からも、励ましのメールを頂戴しました。
本当に有難うございました。

べた、一足先に天国に行っちゃったけど、おかあさんもそう長くこっちに居ないと思うので、また逢えるよね!
べたと暮した子達、何匹もそっちにいってるから淋しくないよねーー。
皆と一緒に待ってて下さい。。。





松ねこ


タイトル画像

譲渡会(8/26)のご報告

2017.08.28(07:00) 578

8/26は柏のアニファ動物病院にてベスのいえさんと一般参加の方と合同で猫の譲渡会を開催いたしました。
蒸し暑さが続く中、足を運んでくださった皆様ありがとうございました。
本日はNが担当致します(^-^)/

まずは、松ねこから。

IMG_20170826_ゆき君

譲渡会デビューのゆき (オス) 1~2歳位
ゆきちゃん、って書くと女の子と間違われそうですが、
スリムなイケメン男子。
時々、男の子でも女の子っぽいお名前(逆もあり。)になることがあります┐(*´-`*)┌
捕獲機ではなく人の手で保護出来ちゃった位、人馴れしています。誰かに飼われていたのかな、、、
毛並みも澄んだ瞳も綺麗。おとなしい性格ですヨ。

IMG_20170826_長助

長助 (オス)   7歳位
譲渡会ではいつもお休み中・・・💤 長助のお顔を見ていると本当に癒されます*^^*
猫とゆったりのんびり過ごしたい方のお伴いたします!


いえいえ、もっともっと子猫と遊びたい!!という方には
一般参加のこなつ(左)とこあき(右)姉妹(4~5カ月位)をご紹介します☆

IMG_20170826_こなつこあき3

あれっアタシたち?注目されてるの?

IMG_20170826_こなつこあき2

この後、抱っこしていただきました💛。
上の写真、お顔が見えにくいのでこちらのシンクロ写真でご確認を↓

26日なつあきシンクロ3
あらら、借りてきた猫になってる??

そしてベスのいえさんからはこちら。

IMG_20170826_ベスのいえさん

右側の首輪をしている子のUPのお写真。↓(幸せを呼ぶ鍵しっぽの持ち主デス⤴)

ベスさん鍵しっぽ


兄弟で3か月半程。
里親希望者様からお声がかかり中です(^∇^)ノ 
ベスのいえさんのブログもご覧くださいね→ 


お天気が落ち着かない一日でしたが、何名ものお客様にお立ち寄りいただきました。
ありがとうございます
子猫ちゃん達を気にかけてくださった方もいらっしゃいましたし、
保護猫の活動にご興味をもって立ち寄ってくださった方もいらっしゃいました。
※ブログ「松ねこの原点」はこちら→ 

松ねこでは、毎週土曜日(13:30-17:00)で譲渡会を行っています\(^o^)/
でも参加できる猫ちゃんの頭数は限られています
譲渡会に参加しいなくても、新しい出会いを待っている子がおりますので、
松ねこのブログを見て、気になる子がいましたら、どうぞご遠慮なくメールくださいね。
もしくは、譲渡会場のスタッフにご希望をお伝えいただいても構いません。
成猫の譲渡は希望者が少なく、なかなか難しいのだけれど、、、ゆき、長助も頑張ろうね💛
来週も頑張りますので、皆さま、よろしくお願いします





松ねこ


タイトル画像

アズ君(元ワラ出身・旧名茶トラその1)幸せ報告♪

2017.08.27(07:00) 572

ども!元ワラのTです。
今日はアズ君の里親様から頂いた幸せ近況報告をお届けいたします^^

ワラワラ組の中でも1、2を争うくらい懐こくて顔もめんこいジャニーズの
メンバーのようなBOYでしたが、どんな子になってるでしょうか・・・・・・




2匹でアップ

じゃじゃじゃーーーん!!

はい、アズ君は茶トラですよ茶トラ

キジトラのテミー君より大きくはみ出してますけど、アズ君が
弟ですからね、みなさん (´∀`σ)σ

と、こんなに大きく育ってくれたそうですp(*^-^*)q

テミー君もアズ君も食欲旺盛!ごはんをモリモリ食べるそうで
あっという間に成長したそうな・・・・・・こんなに大きくなるとは
感無量ですよ(*≧∪≦)

アズくんちょっとおすまし

すっかり青年でーす♪


なんとりりしい♡
人間の歳で言ったらちょうど高校生ぐらいでしょうか??

高校球児が今年も日本の夏をアツく盛り上げてましたが
高校球児の親御さんてこんな気持ちなんでしょうかね。

あんなあどけない幼子だったのに、いつのまにやら
立派な青年になって…( ノД`)
みたいな

2匹そろって食欲旺盛だそうですが、アズ君の場合は
茶色ママ譲りの食欲もあるかも、だね^^
茶色ママの食欲ったら、大変なもんですよ、もう!
今も余裕でみんなのご飯を奪い取って食べ尽くしてます^^;

そんな立派な「おのこ」になりつつあるアズくんですが


でもでも・・・

テミー君はぼくのモノ

テミーくんはボクのもの!!


2匹でお団子

テミーくんと一緒じゃなきゃねむれないよ!ボク!

と、まだまた甘えん坊さんのようで・・・(*´_ゝ`)

なりはでかくなっても、中身はまだまだおこちゃまのようです^^
そこがまた、かわいいところですよね(´∀`*)


テミー君!!

ほんと、世話の焼ける弟よ

テミーくん、ほんと、お世話になっておりますです!!

飼い主さん曰く、2匹ともものすごく元気で、本当の兄弟のように
じゃれて遊んでにぎやかに毎日を過ごされているそうですp(*^-^*)q

アズくん、よかったね、テミーくんが懐の深いお兄さんで


アズ君のびのび

まったくな!ボク、もともとここの家の子だったけどな!


はい、態度は200%おっしゃる通りです

優しい飼い主さんと頼りになるお兄さんとに見守られて、スクスクと
思った以上に大きく(笑)育ってくれて、本当に保護主としてこんなに
嬉しいことはありません。

里親様たちとテミーくんには感謝感謝感謝!!です!!

ちなみにアズくん、最近は変わった特技を身につけたようで・・・

里親様の声をそのまま引用します。
----------------------------
アズは最近毎朝ご飯の催促で変わった起こし方をします😏😏
自分の鼻を私の口に突っ込んでくるんです💦💦
ここ1ヶ月前くらいから始めたのですが、寝てる時に口に湿った鼻を入れられるのは毎朝「なんだよ!」って思いながら起きてしまいます😱😱
そんなこんなで、こちらはいつも仲良く騒がしく暮らしております😳✨
-----------------------------------

だそうですよ、他の猫ちゃん達も、そんなことあったりします??
ウチは、はるちゃんがシッコかけて来るぐらいですかねー。
鼻を口に入れられる方が100万倍いいですねー

アズ君おとこまえ

ま、これからもボクらしく楽しくテミー兄さんとこの家で君臨するよ


アズくん、心強いお言葉をありがとうございます。

里親さまである現飼い主さま、絶対に幸せにしてくださると最初から
確信しておりましたが、思った以上に幸せにノビノビ育てて下さって
いるようで、本当に嬉しいです。
これからも末永く、お幸せにお健やかに、にぎやかにお願い致します!
また、アズくんのなんじゃこりゃ報告も、なんだこりゃじゃないまろやか
まったり毎日報告も、楽しみにしております!


松ねこ


タイトル画像

ちょっと一息 ~こんな猫本いかがでしょう? その2

2017.08.26(07:00) 577

さてさて、以前予告しました古い猫マンガのご紹介m(__)m
Mがお送りいたしま~す(^∇^)ノ


一丁目のトラ吉  全10巻

トラ吉表紙

トラ吉本編

トラ吉本編2

こちらはなんと昭和58年初版
トラ吉がすっぽりハマっている洗面所にも眠っているコタツにも
そこはかとなく昭和の香りが漂いますね…

トラ吉本編4

トラ吉本編3

面白いのは猫同士が人間の言葉で意志疎通をし、登場する人間の言葉は「○×☆※~」となっているところ
家と外の出入り自由な生活、ノラ猫たちとのケンカや共存の話…
改めて読んでみると、どれも時代を感じます



ねこモコぐうすか

ねこモコ表紙

ねこモコ本編

頭の上に居る仔が初代猫の雲子(ウンコ)ちゃん……
病院で呼ばれるのが恥ずかしく、チビちゃんと呼ぶも返事してくれず
ウンコちゃ~んと呼ぶと「にゃーん」と元気に返事する辺りは
名づけは真剣に・笑
大事にしていたウンコちゃんが虹の橋を渡ってしまったけれど、これはマンガだから何でもあり
とばかりに、天使の羽と輪っかをつけて登場します


みかん・絵日記  全14巻

みかん絵日記表紙

みかん絵日記本編

今までは実際飼ってる猫ちゃんとの生活を4コマだったり、ストーリ仕立てだったりのマンガでしたが
こちらは完全フィクション
ですがこのマンガ、笑えて泣けるんです

言葉を喋れる猫、トムは共に暮らしたおじいさんに先立たれてノラ猫になってしまいます。
喋る猫として化け猫扱いされ、傷ついた心で彷徨っていたところ、
吐夢という少年と出会い、オレンジ色の毛並に「みかん」と名付けられてそこの家の仔になるのです。
けれど、受け入れてもらえないだろうという不安や、受け入れてもらった後もおじいさんを思う気持ち…
そして、旅行に行く家族に一緒に行きたいと散々駄々を捏ねたドタバタ劇の後に
「カリカリとお水は多めに置いて行ってね…それから……必ず帰って来てね。もう一人ぼっちにしないでね」
というみかんの言葉に涙腺崩壊です
結果、家族はみかんを新生児のように偽装して連れていくのですが

この辺りのマンガは結構古いですが、もしかしたらブッ○オフなどで手に入るかも~
ふと目に入ったら、手に取ってご覧になってくださいませ


そしてさらに
柏高島屋前を通ったところ、こんな告知を目にしました
入場無料だそうですので、お時間のある方はいらしてみたらいかがでしょう?

ねこのとけい


他にも、こんな展示があるよ~とか
こんな本はいかがなどなど…
皆さまお勧めのオハナシがありましたら、教えて頂けるとうれしいです




松ねこ


タイトル画像

明日(8/26)は譲渡会

2017.08.25(07:00) 576

明日はアニファ動物病院(13:30~17:00)にてベスのいえさんと合同で
猫の譲渡会を開催いたしますm(__)m
暑さが戻って夏らしい陽気ですが、エアコン完備ですのでちょっと遊びにいらしてみませんか?
今回はMが担当いたします(^∇^)ノ

では参加予定猫のご紹介です
まずは松ねこから

ゆきちゃん

ゆき(オス)   去勢・ワクチン済み    エイズ白血病マイナス
今回お初のゆきちゃん
黒猫なのにゆきちゃん
スタッフがエサをあげている現場にフト現れたそーです。
見れば若そうだし、何より人馴れしていました
このまま外猫でいるよりワンチャンスを!と思いスタッフ自身が保護しました


ちょうすけ2

お馴染長助(オス)   6~7歳くらい
おー珍しい自宅でのんびりの写真だね。
苦味ばしった良い漢


こなつこあき2

左:こなつ(メス)  右:こあき(メス)   どらちも4~5か月
動くものには興味津々 子猫らしくよく遊びよく眠る可愛い姉妹です


続いてベスのいえさんから

ベスのいえ


参加猫ちゃん未定ですが、こんな仔たちが保護されています。
写真の仔は全員オスで4月下旬生まれ。間もなく4か月になります
気になった方はこちらまで


夏休み最後の土曜日、皆さまどうぞお気軽にお越しくださいね~



松ねこ


タイトル画像

イルカはどこから来るの?

2017.08.24(07:00) 560

動物園の事・サーカスの事・・・思うところ色々と記してきたSおばさんですが、今日は「イルカ」について聞いて頂こうかと。。
「イルカショー」って根源が「ペットショップでの生態販売」に通じるところがある、と思うので。。

show_dolphin.jpg

おなじみのイルカショー。
ダイナミックなジャンプ~。

参考1

これなんか、スゴイ近代的ですよね!
光と音のイルカショー、という感じ。
なんの疑問も持たなければ、うっとり~でしょうね、きっと。

でも・・・ちょっと待って。
これらの「イルカ」はどこから来たの?
私達が、ペットショップの子犬子猫がどこから来て、どうなるのか、疑問に思っているのとおんなじに、イルカについても疑問を持ってみて下さい。

001_20170804144727f2d.jpg

ここにひとつパンフレットがあります。
「日本の施設で飼育されているイルカたち」というタイトルです。

ここに「イルカ」の入手方法が報告されています。
たぶんこのブログを読んでくださっている方でも、余りご存知ないかも。

002_20170804144727de7.jpg

003_20170804150448366.jpg


上の2枚は「イルカの追い込み猟」の写真です。
「追い込み猟?何の為に?」
それは「イルカの肉を食用にするため」と「生け捕りにして水族館に売るため」。
水族館の職員と漁師が共同して、漁網で湾に「野生のイルカ」を追い込んで生け捕りにします。親も子も家族も全部。パニック状態で逃げ回って、ぶつかり合うイルカたち。漁網に捕らえられて衰弱死、溺れるイルカたち。1時間で海が血の色に。。。
こうして群れから引き離された幼いイルカが水族館に運ばれます。ショック死したイルカは食用として販売されるそうな。

ご存知でしたか?
勿論、水族館で繁殖したイルカもショーに使用されています。
でも繁殖させるより、野生のイルカをとっ捕まえたほーがずーと安いのです。
だから日本で追い込み猟をして海外にも売るんです。

この日本の行為は、さすがに世界中で非難され続けました!

「世界動物園水族館協会」WAZAは「日本動物水族館協会」JAZAに「追い込み猟で入手したイルカをショーに使用するなら会員資格を停止する」と警告し、結局2015年5月、JAZAはその勧告に従い、今後一切追い込み猟捕獲のイルカは使用しないと明言したのです。野生イルカは使わず、水族館で繁殖した固体を使用するのです。(ショー自体が虐待だと思いますのでこれにも意見がありますが取りあえずの第一歩)

いや~この採択が報道された時私は乾杯しましたね!
友人はシャンパンを空けた、とメールがきました

参考3

この子達はどこから来たのだろう・・・
今現在だったら、繁殖されたイルカのはず。
その後、高価で入手出来ないから、とJAZAを脱退する水族館もある、と報道されていました。

前記のパンフレットにはこう記されています。

日本では、水族館の人気は高く、中でもイルカの展示やショーは絶大な人気があります。イルカがいること自体が集客につながっています。しかし、現在の水族館には、来訪者に決して明かさない闇の部分もあります。
イルカがどこからどのようにして運ばれてきたのか、どのような生活を強いられているのか、どのくらいが死亡しているのか、水族館が語ることはありません。
そのような暗部を抱かえた水族館の在り方を支えているのは、他でもない、何も知らないで水族館を訪れる人たちです・・・


如何でしょう。
これって、何も知らずペットショップで、営利の為に繁殖させられ動物を購入する行為、に通じると思いませんか?

皆様が今日のブログを見て、水族館に収容されている生き物に思いを馳せ、水族館の今後の在り方について考えて下さるきっかけになってくれればば嬉しいなあと思います。


松ねこ


タイトル画像

ちょっと一息 ~こんな猫本いかがでしょう? その1

2017.08.23(07:00) 575

このブログをご覧になっている皆さま、猫はお好きですよね~?
いきなり何を?と思った方……そりゃそうですよね~

本日はMが担当いたしま~す

猫好きな方なら、猫が出てくるマンガや写真集…ついつい手にとってみたりしませんか?
私も昔から、猫が主役級のマンガは気付けば手もとに
写真集はお値段と相談…しながらも、ついつい手もとに
そこで今回は、そんなマンガや写真集を紹介したいと思いますm(__)m


鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!

ぽん太表紙

ぽん太本編

猫を飼っている方なら、思わず「あるある!」って笑ってしまうような
マンガでは小さなおめめのぽんたですが、載っている写真ではなかなかのイケメンですよ~



うちの3ねこ

3ねこ表紙

3ねこ本編

うちの三姉妹という育児マンガを描いていた作者さん。
お子さんも大きくなり、お子さんネタとは別に猫ネタで笑える日常がたっぷり
個性的な3ねこの他にワンちゃんも居て、時々登場します



うちの猫がまた変なことしてる。

うちの猫が表紙

うちの猫が・本編

白黒のトンちゃんが先輩猫で、保護猫譲渡会で出会ったそうです
里親さまによる猫マンガ、なんだか嬉しいですね

どのマンガも猫飼いあるある!満載です
どれもゆる~く読める猫マンガ、夏の疲れを癒してくれる…かも



続いて写真集

猫川柳

猫川柳表紙

猫川柳本編

この子猫の表情と川柳
まさに今の私を予言されてしまってますね
笑えるものばかりかと思いきや、虹の橋を渡った仔に対する想いを綴った川柳もあって、
思わずホロリとさせられます


のせ猫 プレミアム

のせ猫表紙

田舎の長閑な風景のなかで、どっしり風格のある猫の写真がクスッと笑いを誘います


皆さんご存知の本はありましたか~?
実は全部持ってるよー!だったりして

今回ご紹介したのは比較的最近発売されたものですが、私の猫本はこれだけではありません
次回は、ウン十年前の小学生時代に手に入れた猫マンガなどをご紹介いたしま~す




松ねこ


タイトル画像

サーカスに動物は要らない!!

2017.08.22(07:00) 555

先日、動物園の存在についてブログさせて頂いたSおばさんです。
今回は「サーカス」について、ちょっと気になったので。。。
というか、是非ご報告したいので!

015_201707281312534fb.jpg

お母さん、こんな事してるけど、ぼくをサーカスに売る気かなあ~。

どんくさペーター心配ご無用。
サーカスより新しい家族の元に行って欲しいよー。


は、さておき。
私も年齢的に、今はやりの終活をはじめました。
コミックが好きで沢山あります。
これらは1度読んで処分する事にしました。
手に取ったのが、かつて大ブームの「ちびまる子ちゃん」(今も人気ですね)
そこで、とても気になる箇所を発見。

010_201707281312557e9.jpg

まる子はお金持ち花輪くんに誘われて、サーカスを見にいきます。
クマちゃんのサイクリングが始まります。

011_201707281312565db.jpg

「いいぞクマ」
「自転車にのれるなんてえらいね」
大人のひでじい「そうですね」

009_20170728131253594.jpg

「ゾウは優しい目をしてるね」
「象がうれしそう」
「仲いいんだね、人も動物も」

この本の発行は1995年。
22年前の「ごく普通の考え方」だったのでしょう。。。
が、次の写真は何だと思いますか?

012_201707281313449ca.jpg

サーカス団「リングリング・ブラザーズ」の管理センターで「訓練」を受けさせられている子ぞうの記事です
これを見て「爆泣き」したのは私だけ!?
「象が嬉しそう?人も動物も仲がいい?!」

上の写真を含め、以下の記事は「NPO法人動物実験の廃止を求める会」の会報からの抜粋です。

「特報;リングリング・ブラザース・サーカス団永久に閉鎖される 動物たちにとっての大いなる勝利」

「2017年5月7日をもってショーを止めることを決定した」と発表した。
虐待や虐待による死亡は後をたたなかったリング団は、以前より動物福祉に問題があり、非難を受けていた。
残虐なトレーニングを動物に行っており、象を従わせるために先が鋭くとがった大型フックを使用するなどしていた。
そのため、数頭の赤ちゃん象が死亡している。
また、銃によるひどい怪我をした象をサーカスから引退させるよう要望があったにもかかわらず、再び無理やりその象をショーに使用した。これらは虐待のほんの一例。
残酷なトレーニングの反発が市民の間で高まったため、2016年5月が最後の象ショーとなった。

長くなりますのではしょりますが、引退した象たちは信頼のおける保護施設ではなく、このサーカス本部の繁殖目的や虐待が疑われている訓練プログラムのあるフロリダゾウ保護センターへ移送される予定になっており、やっとサーカスから象たちを自由にさせた市民は、この決定に意義を唱えている、とありました。

このブログをご覧の皆様は、こんな事実をご存知でしたか・・・
松ねこは猫の団体ですが、こんな記事も是非お読み頂きたいと思いました。

014_201707281312510e6.jpg

そっかあ、ぼく知らなかったよ。。。
人権がある様に、猫権だって、象権だってあるんだ。
人間の都合じゃないーー僕たちの権利。
いつか・・皆が・・気が付いて・・・尊重される世の中になれるといいね。

象のショーが中止になったら、次はイルカショーだと思うんだけど、いつ気が付いてくれるかなあ?

おお!ペーター!そのカッコウでいいこというじゃん



松ねこ


2017年08月
  1. とわちゃんに何が起きたか?!(08/31)
  2. 里親さま通信「とわちゃん」(08/30)
  3. 老猫べたの闘病記(最終章)(08/29)
  4. 譲渡会(8/26)のご報告(08/28)
  5. アズ君(元ワラ出身・旧名茶トラその1)幸せ報告♪(08/27)
  6. ちょっと一息 ~こんな猫本いかがでしょう? その2(08/26)
  7. 明日(8/26)は譲渡会(08/25)
  8. イルカはどこから来るの?(08/24)
  9. ちょっと一息 ~こんな猫本いかがでしょう? その1(08/23)
  10. サーカスに動物は要らない!!(08/22)
次のページ
次のページ