タイトル画像

よくある多頭崩壊のハナシその1

2018.02.10(07:00) 728

現在絶賛売出し中の萩・楓・樅・撫子たち
(紅葉も仲間でしたが、ポポちゃんとして
ステキなお家に巣立ちました

楓・萩
萩&楓
仲良し姉妹??親子??従姉妹??

樅2

もみもみお!!

002 撫子ちゃん
撫子
奥ゆかしくイカ耳に…まさに大和なでしこ♡

こーんなにカワイイこの子たちが、どこから、どんな風に
して松ねこにやってきたのか。

Sおばさんからブログにしておくれ、と言われていたのに
今の今まで手を付けられなかったワラワラのTです。

こんなに遅くなってしまって本当に申し訳ありません。

今更ではありますが、経緯をまとめてみました。


彼女たちは、松ねこのお隣の市で飼われていました。
「一応」家庭ねこです。
「一応」と付けたのは、一般的な飼い方をされていた
わけではなかったからです。

ここで一般的というのは
・ご飯を必要なときに必要な量与えられている
・新鮮な水が常に用意してある
・手の行き届く頭数で愛情を受けて飼われている
・不妊去勢手術がしてある
・必要な医療行為を適宜施されている
・完全室内飼い

といった、いわゆる譲渡条件通りの飼い方を
されている場合を指します。

彼女たちの場合
ご飯とお水は不明ですが

・15~20匹程度で
・不妊去勢手術をせず
・目の疾患や猫風邪に対処もしてもらえず
・外出自由

で飼われていました。

ようは、不妊手術をせずにテキトーに飼ってたら
増えちゃって困っちゃった!というパターンです。

松ねこのベテランメンバーたちは、嫌というほど
見てきた事例ですが、それでも、むしろそれだか
らこそ、何度見ても心穏やかではいられません。


しかし、猫たちに罪はない。


手術の相談に乗るためにその家を訪れたメンバーが
そこの住人の「まもなく転居する」「猫は市に預ける」と
いう謎の発言を耳にして「こらアカン」と今回の引き取り
に至ったわけです。


なぜなら、市は猫を預かったりしませんから。
このままだと、じきに20匹の猫が置き去りにされる
のが目に見えて明らかでしたから。
この子達が置き去りにされて野良として生きていける
とも思えませんが、もし生きていけたとしても、未去勢の
猫たちが10匹以上野に放たれるわけです。
ネコですけど、ネズミ算式に数が増えるのは確かです。


保護してくれ、のお願いには決してお応えしないのですが
今回は間違いなく街中に未去勢の猫たちが多数放り出さ
れる!不幸な猫がますます増える!という状況に接して
やむなくメンバーの一人が全頭保護を決意し、現在に至り
ます。
(保護したメンバーが自宅で自腹で面倒を見てます。)

というわけで、長くなるので別の日に続きます。




スポンサーサイト

松ねこ


タイトル画像

みんな少しずつね

2017.03.26(07:00) 423

今日は多頭崩壊の保護猫たちの少しずつの雪解けの様子をお届けしたいと思います。

001.jpg

クゥちゃん(メス) 3才  
キャットタワーの小部屋から頑固として出てきません。
手を差し入れて触ると、全身がカチンコチンです。(2016年4月)

クゥお腹いっぱい

2017年3月の写真です。
タワーの小部屋を卒業してケージのベッドで寝るようになり、表情も大分柔らかくなってきました。

003.jpg

チロルちゃん(メス)  3才 
こちらも全身カチンコチンで、後ろの首ねっこも掴めませんでした。(2016年4月)

ちろる

こちらも今は部屋中を歩き回って、ケージのベッドの柔らかさを覚えてくれました。

もも&ミルク1

こちらはいつもの、ももにストーカーのミルク

もも&ミルク2

上から見るとこんな感じ

ちろる&もも

チロルも、こんなに大きくなっても、まだまだももに甘えにいきます。
ももは皆の心の拠り所

あの多頭崩壊の凄まじい状況の中で生まれたこの仔たちを守ったもがももちゃんだったのでしょう。
三つ子の魂百までって、きっと本当なんでしょうね。

あおい

さぁ皆さん、この完全水平耳の仔は誰だと思いますか?

318ちび

似てるかな?
只今、里親さま絶賛募集中のチビちゃんのママのあおいさんです!
もう少し耳の角度が変わるまで、松ねこスタッフのIさん宅で家猫修行中です。

松ねこ


タイトル画像

同じ境遇で・・②

2017.03.13(07:00) 409

昨日に引き続き同じ境遇で辛い日々を乗り切った仲間達です。
松ねこを立ち上げる事となった原点の多頭崩壊の仲間(同志)たちです。

クゥお腹いっぱい

クゥ(メス) 3才
お腹いっぱいで満足なのよ
いつもは引きこもりしているケドお腹いっぱいじゃタワーの箱は狭いもんね

クゥ&ちっち

あれれ下には譲渡会でお馴染みのちっち(メス)4才がいますよ
おっさんみたいに
はぁ~食った食ったってな感じでしょうか・・・


ちっち

食後はスグ横にならないとね
ワイルドだねぇ~ちっち

みるく

こちらも譲渡会にたまに参加しているミルク(メス)3才
アタシは寝るならベッドがいいわ

ちっち・もも・みるく

左からちっち、もも、ミルク
この仔達は皆で辛い体験をしているせいか、みんな仲良しなのです。

もも&みるく

特にミルクは常にももの近くにいます。
上  もも(メス)4才   下  ミルク
ももが乳腺腫の手術をしてからは特に寄り添い度が高くなったような・・・

ももとミルク

もう皆、清潔なお部屋で十分に食べられて、キレイなトイレ、フカフカのベッドの生活に慣れてきたね。
生後~1才位までが過酷な環境だったので、もう今の生活の方が長くなりました。
さぁ辛かった事は忘れて、こちらも永遠の幸せを求めてGOしようね

松ねこ


タイトル画像

6年

2017.03.11(07:00) 407

今日で東日本大震災から丸6年ですね。

2/2譲渡会

何年経ってもあの日のことは忘れられませんし、忘れてはいけないのでしょう。
一瞬であの日へ気持ちだけは戻っていきます。

あれから6年も経っているのに、自分は何か変われただろうか?
毎年自問するけれど、明確な答えが出せない自分がいる。

動物でも命の尊さは人間と変わらない。
その気持ちだけはずっともち続けていたいと思う。
それが原点だから。

あの日、被災した全ての人間と動物、失った命に合掌。




松ねこ


タイトル画像

多頭崩壊猫たちの日常

2016.10.30(07:00) 267

今日は多頭崩壊猫たちの日常をお届けします(^-^)/

ミルク・クゥ・チロル

左からミルク・クゥ・チロルです。
大体ここにはクゥとチロルの避難場所なのですが、今日はミルクも参戦
しかもセンターとってるしドヤ顔だし・・

クゥ1014

クゥちゃんは、こんなにガタイがいいのに超ビビリです。
ストレス太りしちゃうタイプみたいですよ

ミルクB

ミルクちゃ~ん

ミルクA

なんニャ?
とてもお行儀が良くて、素早い反応のミルクちゃんなのでした

もも&ミルク1024

そんなミルクはももちゃんが大好き
今ももちゃんは乳腺種の治療中で1匹ケージの中で休養しています。
たまに出てくると、もうミルクの好き好きモードが炸裂します。
お顔に白が混じっている方がももちゃんです。

もも&ミルク1024-2

もうミルクうるさいにゃ
ももちゃんに怒られてしょぼぼぼ~んなミルクなのでした
この仔たちも勿論のこと里親さま絶賛募集中です

※毎週月曜日に譲渡会のご報告をしているのですが、今回は日曜日にPCの引っ越しをするため、うまく接続出来る自信がありません。
なので、その場合は月曜の昼休みに作成しますので、火曜日にお届けする事になると思います




松ねこ


タイトル画像

多頭崩壊チロルとミルクの日常

2016.08.14(07:00) 187

お盆休みのある方、ゆっくりできていますかぁ~(^-^)/

昨日の多頭崩壊現場はこちら

あの記事を読んで、松戸の多頭崩壊の猫たちの今がどれだけ幸せになったかを痛感させられました。
松戸市の多頭崩壊はH26年5月の事でした。

KIMG0145_20160812103135cc3.jpg

あのカチンコチンに固まり猫のチロルです。
松ねこスタッフIさんだけの時はこんなにリラックスしているようです
この仔達も、救出される前は上記のような現場の中で頑張って生き延びていたのです。

KIMG0528_20160812103656540.jpg

ミルクです。
勿論ハンモックなんて産まれて初めて。

ミルク

世の中に、こんな気持ちの良いものがあったなんてもう降りられないわ
そうだよね。清潔な寝場所なんてなかったもんね・・・

チロル

こんなにキレイな所で決まった時間にちゃんとご飯が食べられるなんて
そうだよね。ご飯もカリカリだけで、お皿なんてなかったもんね・・・

tiroru.jpg

もう絶対に前の場所にもどさないでね~

勿論だよチロル
何のために皆を救出したと思っているの?
他の仲間達は、皆自分の本当の家族を見つけて今は幸せに暮らしているんだよ。
チロルも前の生活に比べたら、ここは天国だろうけど、もう少しIさん以外の人にも慣れて譲渡会に行こうね。
本当の自分の家族・居場所をGETして、もっともっと愛情を独占して、もっともっと幸せになろうね


松ねこ


タイトル画像

多頭崩壊チロルとクゥ

2016.04.29(07:00) 77

※4/30(土)の柏のアニファ動物病院での譲渡会はお休みです!

いよいよ多頭崩壊最後の2匹です。

003.jpg

チロル(メス) 2~3才  避妊・ワクチン済み
ほとんど白にキジが少しあるキジ白女子です。
超超のビビリです。
まぁこの写真でも十分察して頂けるかと思いますが・・・

001.jpg

クゥ(メス)  2~3才  避妊・ワクチン済み
生粋の頑ななキジ白です。
この2匹どう頑張っても、見た通りこの写真しか撮れません・・

005.jpg

チロルは動かない、泣かない、呻らないので触れます。
ただし体はカチコチですが・・
猫だけの時は出てきて、カフェと遊んだり、ももちゃんとじゃれあったりしています。

004.jpg

クゥも触れるのですが、たまに「シャー」をすると触れないのです。
やはりこの方も緊張で体がカチコチ。
こちらも猫だけなら外に出て遊んでいるのです・・

2匹とも首ねっこを挟んで抱き上げようとしても絶対にこの中から出てきません。
というか緊張で首の筋肉が固くなりすぎてつまめませんw(゚o゚)w

007.jpg

猫だけで遊んでいる部屋に人が入っていくと、こんな感じです。
ももちゃんまでつられてる。。
一目散に「逃げろ~」ってΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
猫同志が仲がいいのが救いです。
それと、この2匹(チロルとクゥ)は健康優良猫なのです。

産まれてから1才近くまで、多頭崩壊の中で育ってきたこの仔達。
それから2年が経とうとしていてもこの状態です。
もっと慣らせるでしょうという声があるかもしれません。
しかしフルタイムで働いていて、1人で20匹近い保護猫を抱えていて体調の悪い仔には特に手がかります。
どうしても全員のお世話・健康状態の確認・通院に追われてしまい、じっくりこの2匹を慣らす時間がとれないのが現状なのです。

そこでお願いなのですが、どなたか力を貸して下さる方はいらっしゃいませんでしょうか?

この2匹(チロル・クゥ)を預かり猫として家猫修行させて頂けませんでしょうか?
本当は里親さまが出来るならそれが1番ですが、それが無理なら家猫修行で助けて頂けたらと思います。
家猫修行さえ出来れば、少しでも早く譲渡会に出してずっとの家族を見つけてあげたいのです。

誠に勝手なお願いではありますが、このままでは健康体のこの仔達が不憫だし、短い猫生の時間が勿体ないと思ってしまうのです。
今は冷暖房の効いた清潔なお部屋で、栄養価も値段も高いフードを食べています。
環境的には問題ないのですが、この2匹にはもっともっと人と触れ合って、感情的にも産まれてきて良かったと感じさせてあげたいのです。

ご協力頂ける方がいらっしゃいましたら、何卒よろしくお願いいたします<(_ _)>











松ねこ


タイトル画像

多頭崩壊カフェ

2016.04.28(07:00) 76

※4/30(土)の柏のアニファ動物病院での譲渡会はお休みです!

今日は多頭崩壊のカフェのお話です。

026_20160426111406665.jpg

カフェ(メス)2~3才  避妊・ワクチン・駆虫済み   エイズ・白血病(-)
何度か譲渡会の方へも出ているので、ご存知の方もいらっしゃると思います。
先月、お話を頂きましてトライアルへと出発する前に体調を崩してしまい只今、静養中です・・

2016021316110000_20160426111327383.jpg

この残された最後の5匹は顔も毛色も結構みんな似ています。
カフェは完全キジトラで、緑のパッチリおめめがとても印象的です。

029_20160426111409382.jpg

人にも猫にも慣れてきてはいますが、まだビビリは完全には抜けていません
ももちゃん、みるく、カフェはこれでも大分慣れてきた方なんですよ
答えは明日のブログで明らかになります。

027_20160426111408d51.jpg

まだまだジャラシが大好きなお年頃です。
好奇心には勝てません
でも結構遊び方も控えめです(ぷぷ)

2016022015000000.jpg

今は少し静養して、また本当の家族を探す旅に出ますよ
だって、まだまだこの緑の瞳でたくさんのものを見て感じなくちゃならないから(゚∀゚≡゚∀゚)

松ねこ


タイトル画像

多頭崩壊みるく

2016.04.27(07:00) 75

※4/30(土)の柏のアニファ動物病院での譲渡会はお休みです!

昨日の多頭崩壊の中で今日はみるくのお話です。

2016041015180001.jpg

みるくちゃん(メス) 2~3才  避妊・ワクチン済み
昨日のももちゃんもそうですが、人にも猫にも大分慣れてきています。
この多頭崩壊の現場での保護猫はひと部屋貸切での保護なので、基本みんな仲は良いのです。

2016041015140000.jpg

保護した当時は逃げ回って、なかなかお姿も拝見できなかったのですが、2年経って少しづつ気持ちも落ち着いてきたのでしょう。
とうとう抱っこが出来るまでになりました(^-^)/

2016041015210000.jpg

キジ白で胸と足先だけが白い、はっきりした毛色です。
お顔もはっきりしていて美人さんです。
性格もはっきりしていて、たくさんあるハンモックの中でも決まったハンモック以外は絶対に使いません(キッパリ)

2016041015180000.jpg

そんなみるくですが、去年の秋頃に食欲不振になって又ふつうに戻るというのを2度ほど繰り返したので、食欲不振の時に動物病院へ連れて行きました。
エコーで診てもらった時は腎臓が膨らんでいたのですが、2週間後の通院の時は小さくなっていました。
多々原因が考えられるので、今は様子見の状態です。

やはり過酷な多頭飼育崩壊での生活が何等かの影響を与えているのでは?と思わざるを得ません・・
まだまだ若いみるくです。
これから楽しい事、美味しいもの、温かい人の手、心地よい人の膝、経験しなくちゃイケナイことがたくさん待ってるんだからね

松ねこ


タイトル画像

松ねこの原点

2016.04.26(07:00) 74

皆さん、松ねこが何故発足したのか覚えていらっしゃいますか?
H26年5月、丁度2年前です。
新松戸で猫多頭飼育崩壊があって、その猫達を保護するのに緊急で発足しました。
その結果、成猫17匹、仔猫8匹(保護中に1匹死亡)の保護が始まりました。

2016041015010000 (2) (420x236)

ももちゃん(メス) 6~7才  避妊・ワクチン済み

あれから2年。
多方面からの協力を得て、成猫12匹と仔猫8匹は無事譲渡が終了しました。
今現在は成猫5匹を残すのみとなりました。

2016041014520000 (2) (236x420)

想像はつくと思いますが、多頭飼育崩壊の現場は凄まじいものです。
大体がゴミ屋敷状態で、栄養的にも衛生的にもギリギリ生きてきたという感じでした。

ももちゃんは去年9月に右側のお乳の辺りが腫れてきて、動物病院に連れていって診てもらったところ悪性の乳腺腫になっていて手術で取れる範囲は取り除いて頂きました。
猫の乳腺腫は85%以上が悪性で、あとはその腫瘍の大きさによって余命が決まってくるそうです。

ももちゃんの場合は2cmだったので、余命2年と言われています。
生後6ヶ月以内で避妊をすれば、乳腺腫の発生リスクは1/7に押さえられるとのことです。
ももちゃんは4才を過ぎてからの避妊手術でした。
どうぞ皆さん、他の病気を防ぐためにも、避妊・去勢は手術が可能な時期になったら早めにしてあげて下さい。

2016041014520001 (2) (236x420)

今、ももちゃんはお薬が効いていて絶好調です。
ゴロゴロスリスリして甘えられる事を全身で楽しんでいます。
スタッフのIさんは、ももちゃんを看取る覚悟ですが、出来るだけ最後までご機嫌さんで過ごせる様に心を配っています。

ももちゃん、頑張らなくていいから毎日思いっきり甘えてね




松ねこ


多頭崩壊猫
  1. よくある多頭崩壊のハナシその1(02/10)
  2. みんな少しずつね(03/26)
  3. 同じ境遇で・・②(03/13)
  4. 6年(03/11)
  5. 多頭崩壊猫たちの日常(10/30)
  6. 多頭崩壊チロルとミルクの日常(08/14)
  7. 多頭崩壊チロルとクゥ(04/29)
  8. 多頭崩壊カフェ(04/28)
  9. 多頭崩壊みるく(04/27)
  10. 松ねこの原点(04/26)
次のページ
次のページ