タイトル画像

何とかしたい猫アレルギー><;

2017.11.07(07:00) 633

猫と暮らしてみたら、猫アレルギーだった、、、
Nは実は猫アレルギーなのでした。
※この記事は猫アレルギーの方に猫を飼うことを勧める記事ではありません。
あくまで、こうケースもあるんだなと思って読んでいただけると幸いです。


現在、猫アレルギーではなくても、猫を飼い始めてから
1年~2年後に、症状が出ることもあります。
そんな時、皆さんならどうするでしょうか?

私の場合、猫を迎え入れてから2年ほどでアレルギーの症状が現れました。
でも、一度家族になった猫とは離れることは考えられないので、
掃除、マスク、お薬、そして猫にあまりべたべたくっつかないという
"べたな方法"で、乗り切っています。

りくっち2
久々の登場、我が家猫のりくっち メス8歳
 「アレルギーって何?」

最初は、猫の可愛さから”猫を飼いたい”と思う方は多いのではないでしょうか。
でも、猫アレルギーは結構つらいものです。
くしゃみ・鼻水・目や皮膚のかゆみなど、、、

『猫アレルギーになったら、猫を手放すかも』という
可能性がある場合は、猫を飼う事を諦めるのも選択の1つ。


もう二度と人間から見放されるような経験はしてほしくない。
一度迎え入れたら、もう家族。
何があっても離れられない存在であるはずですから。

だけど、猫アレルギーがあったら
絶対猫を飼えない、というわけでもありません。

実際、アレルギーがあっても猫と一緒に暮らしている方もいます。(私もそう。)


それでは、アレルギー症状を少しでも抑える工夫をご紹介しますね。

アレルギーの原因は、猫の毛もそうですが、
フケ(皮屑ひせつ)が原因ですので、こまめにブラッシングします。
あまりやりすぎると皮膚を傷めるので、
ぬれた手で猫の体を毛並みに沿って撫でてあげましょう。
結構な量の毛がとれますし、フケもおさまります。
我が家のりくっちはシャンプーお断りのため、
シャンプーをしていませんが、できる場合は時々してあげると良いようです。

あとは、こまめなコロコロ(布用粘着テープ)で、お部屋のお掃除
そして、猫の敷物・毛布類は定期的に洗濯をします。

それから、猫の唾液もアレルギーの原因ですので、
顔や手をなめられたら、水で洗い流すことを忘れずに。
間違っても猫になめられた手で目をこすったりしないように
私は鼻をなめられたら、真っ赤なお鼻のトナカイさんになってしまいますが、
懲りずに猫にくっつきに行ってしまいます><;

それから、猫と遊ぶ場所も気をつけて!
間違っても、我が家のりくっちのように、寝る前のベットの上を遊び場にしないように、、、
一晩かけて宙に浮いたアレルゲンを吸い込む羽目になりますから、、、

りくっち ベットでくねくね
「遊ぶよ~💕 くねくね、うねうね・・」
そこはベットの上だから辞めてくれ~~><;

・・・とまあ、私の場合は、こんなふうですが、何とかやり過ごせております。

りくっちにらむ
「何か私にご不満でも?」
いいえ、めっそうもない。

「だったらア、」
りくっち 見上げる
「遊んでる途中にくしゃみするの我慢してね。
盛り上がってるのにテンション下がる⤵んだから!」


はい、はい。仰せのままに。
でも、遊ぶ場所を何とか変更しないとなァ、、、

スポンサーサイト

松ねこ


タイトル画像

おしっこトラブルまたもや~!

2017.11.05(07:00) 638

う~ん、奥の深い問題「おしっこ」
多頭飼育の家庭なら1度は経験があるはず。。。
今日はSおばさんちの問題猫「とと」のトラブルについてこちらで問題解決のはずだったのに・・・

009_2017102714344862c.jpg

我が家の玄関です。
猫よらずのシートを敷き、消臭ビーズを散らし、夜にアブナいのでわざわざスリッパ籠まで置いてガードしているのに

007_20171027143450475.jpg

たっぷりとされました(涙)

008_20171027143450c46.jpg

ぐっとあいでぃあのはずの「消臭ビーズ」昨日新しく取り替えたばかりなのに

010_20171027143452d3c.jpg

犯人はこの方
つい30分前にさんざ叱られたのに、お魚のニオイにひかれて、引きこもったベットの下から、すまし顔で現れました。
お前はにわとりかっつうの~!!3歩いたら忘れるバカネコ
。。。なのですが、私も亭主も心底叱れません。

この子は保護当時、生死をさ迷い、辛うじて生きながらえた過去があるからです。
その後も体調不良が続き、ここまで元気に生活出来た事がビックリで、まあ結局譲渡には至りませんでした。
ばあや、じいや、の最後の子猫となります。
生きてくれたから仕方ないか、が先に立つんですね。全くもうーー。

012_2017102714345316c.jpg

で、あきらめて、泣く泣く玄関にトイレを置く事に
おされな玄関を目指しているのに、玄関にトイレはかんべんだったのに!!

011_2017102714345451c.jpg

おかあさん、グチはその位にして、その鯵ちびっとちょうだい!

きいいーー何よそのいいぐさはーー!!
結局亭主があげてしまいましたとさ~。

さあ皆さん、ととはこのトイレにしてくれますでしょうか??
それとも、はずしてする?
興味を失う?

後日ご報告させて頂きます。














松ねこ


タイトル画像

猫にもルーティンってあるの!? ~小さな疑問 その2~

2017.10.05(07:00) 603

我が家猫を見て疑問に思ったこと…
昨日に引き続きMが担当いたします(^∇^)ノ


飛び出すあんず…ミーアキャットみたい・笑
10月1日飛出しあんず

夜は私たち夫婦の部屋へ。暑かった頃はタンスの上、最近は私の横が多くなってきたかな…
私が起きると、必ず一緒に起きてリビングに着いてきます。寝てていいのに…
そして、お約束の箱ですね 娘の目覚ましの音が聞こえて気にしてる様子
後でお食事中のまろんがシュールですね


10月1日フミフミあんず

家族が出かけると一緒に寝ようよと私を誘います
いやいやあんずちゃん、お母さんまだまだやることが沢山あるから
バタバタ動き回る私をつけ回したり、キャットタワーからなんで寝てくれにゃいの?と睨んだり…
落ち着いたところで私がソファに寝そべると、待ってました!とばかりにフミフミ

皆さん、猫のフミフミしてる顔って見たことありますか?
必ず私の顔にお尻を向けるあんず
内カメラで撮ったらこんな顔なんです ビックリするほど真剣
みぞおちやお臍の辺りをくまなく踏んでくれます
一度、うつ伏せになってみたのですが あわよくば腰あたりをマッサージしてくれるかと
ガン無視されまして…お腹のポニョポニョ感がいいのでしょうかねぇ


10月1日あんずベッド

フミフミしなきゃ寝られないとでも言いたいんでしょうか?必ず毎日、私のお腹を踏みます(爆)
ところが、踏むだけ踏んだらベッドへ
私か娘のベッド(主人のベッドには行かない・笑)、タンスの上、娘の鏡台、プリンターの上などその日によりますが、
熟睡するときは少し高い場所を好みますね

午後から仕事に出ることが多い私、留守中は2匹でお留守番です。
帰宅してキッチンへ行くと、2匹揃って擦り寄ってきます

あんまろだけで留守番出来たねという私からのご褒美のおやつなんですが…
お母さんが外から帰ってきたらおやつを貰えるという思い込み

そうなんです…奴らは

主人や娘が家に居ても、私が帰ればおやつを貰える

という、間違った認識を持ってしまったんです
そんな日は何が大変って、諦めてくれるまで足元ウロウロ×2
やがては、私がキッチンに立てば足元にシュタッなんてこともあるのでしょうか…


10月1日風呂あんず

夜は私と一緒にお風呂
あんずも一応猫ですので濡れることは嫌い
シャワーヘッドを握った途端に一目散に逃げますが、それまでは風呂蓋上でゴロ~ン
実は一度だけ、お湯を抜いてる時に落ちたことがあります。水深10㎝ほどでしたが大パニックでした
それでも懲りずに私がお風呂のときは必ず入ってきますね~。
ちょっといつもの時間より遅くなると、お風呂前で待機されるくらい
あんずにしてみればお母さん、お風呂ま~だ~?ってとこでしょうか?

お風呂から上がれば、部屋へ誘導されます
さぁお母さん、寝るわよ
そしてお約束のお腹フミフミからの、私の横でゴロン
あんずの一日が終わる


ですが、私は知っているのです……
毎晩、深夜に2匹で大運動会を開催してることを



松ねこ


タイトル画像

猫にもルーティンってあるの!? ~小さな疑問 その1~

2017.10.04(07:00) 602

毎日決まった時間に起きて、会社へ向かう主人と学校へ向かう子供たち
そんなある日、ふと気になったこと…

猫にも日々の生活にルーティンってあるの?
ちなみにルーティンとは「決められた一連の動き、一連の動作。 決められたパターンなどの意味」だそうです。

本日はMが、我が家猫を見ていて疑問に感じたことをぶつけてみます
もしかしたら皆さんのご家庭でも
「そー言えばうちの仔も決まった時間に同じことしてるかも!」だったりして


10月1日あんまろ

お決まりのあんず&まろん
最近、雑な我が家ではまとめて「あんまろ」呼びです

10月1日まろんケージ

まろんはいつも、リビングに出てくる時は下から出て、ケージに帰る時は上から入ります。
まさに今、帰ろうとしているところ
上から直接リビングに下りることもないし、下から入って上にジャンプもなく、必ず一方通行
これもまろんの一連の決まった動きなんでしょうか…?


10月1日ケージまろん

そしてこれ、まろんにしては珍しい目線を外した写真
まろんの写真は変わり映えしないものばかり…なんでだろう


10月1日まろん開き

答えは
まろんはカメラを向けると必ずと言っていいほど目線をくれますね

もう一つのお決まり行動は朝イチのウ○チくらい
決まって毎朝、とても立派なウ○チをしてくれます(((o(*゚▽゚*)o))) お食事中の方にはスミマセン
ですが、健康な証拠ですからね~ 私にとっては嬉しい限り

9割方ケージの中で、箱座りかリラックスか…果てはこんな腹見せ姿
何度も言いますが、憶病な内弁慶です(爆)



さてさて、ここまでは前振りのような…
私がこんな疑問を持った理由は、実はの行動からなんです 

10月1日箱あんず
アタシがにゃにか?

あんず(笑)
もう、最近では顔を見るだけで笑っちゃいます

この仔の一日を追うと、タイトルのような疑問が浮かぶんですよね~
どんな一日を過ごしているか、明日に続きま~す



松ねこ


タイトル画像

オシッコ対策?!

2017.09.10(07:00) 580

Sおばさんが必殺オシッコ対策を考えました~

なぜなら、この方、このよーにお風呂場がトイレですが、何故か?!玄関周りにもするんですよね(*`へ´*)

007_201707201158266ca.jpg

おーまいごっと!ほわいーー?
100歩譲って、お風呂場までは良しとしよう~。
が、なぜに玄関?

002_20170827151103b34.jpg

黒い花瓶の下にたっぷりされたので

001_201708271511026e4.jpg

仕方なく、COFFEEの粉を撒いてニオイを消そうと思いましたが、挽いたコーヒー豆の粉などあるワケもなく(酒飲みはコーヒーにこだわらない)インスタントドリップコーヒーを破ってそのままぶちまけたところ、甘い香りとオシッコのクラクラするニオイの玄関が出来上がりました

さすがにまずいと思い、はたと購入したのがこれ。

018_201708271511059c1.jpg

100円ショップで、猫がえし?猫よらず?のマットも購入して

016_20170827151106fba.jpg

その隙間にビーズを撒くと、あ~らおされ

017_20170827151107b49.jpg

こんな感じです\(^o^)/

で、今のところニオイは消えたし、再びのオシッコもないし、成功かと
オシッコの悩みに「菩薩にはなりきれない!(諦めて受け入れてる)」と叫んだスタッフがおりましたが、多かれ少なかれ飼い主さんは経験があるはず。
こつこつと知恵比べしましょうね!











松ねこ


タイトル画像

パステルも・・・

2017.09.05(07:00) 579

先日、老猫べたの最終章を記しましたが、今日はパステルのご報告です。
飼い主Sおばさんが担当します。

パステルは、クロ達と一緒にエサを貰って外猫してましたが、取り巻く環境が次々に変化し、やがて棲家である駐車場にマンションが建つ事になりました。
当時の彼女は、本当にボロボロで・・・このまま外猫を続けていたらすぐに死んでしまう様な状態でした。
何とかして保護したい!という気持ちはあったのですが、誰の家も保護猫がいっぱいで思うようになりません。
そんな折、お手伝いをしていたポチたま会の保護施設に空きが出ました。

学童ミケ

仲良しクロと共に保護されたのは2009年11月の事でした。
それから1年半余りお世話になりましたが、2011年3月、東北地震で施設が半壊、住んでいた猫が他界した部屋が空いていた事もあり、我が家の住人になりました。

くろぱす専用 005

我が家に移り住んで間もない頃です。
元気になじんでくれてホッとしました。。。

以来6年、今思えばパステルは度々体調を崩し通院していました。

004_20170827132157ec9.jpg

今年の6月、この時も呼吸が荒く治療を受けました。
が、しかしいつもの病状かと思い治癒を信じていました。

食べる食べない、を何度も何度も繰り返し、最終的に猫喘息と言われ、補液やネプライザーで回復を試みました。

003_20170827132201211.jpg

009_20170827132200c7b.jpg

しかし、何をしても回復するきざしはありませんでした。。。

多分、ここからが飼い主の判断だと思うのです。
最後まで諦めず治療をする方もいますが、私は悩みに悩んだ結果治療を打ち切る判断を下しました。
もう彼女は静かに死にたがってる、と思われたからです。
べたは老零で、最初から過多の治療は考えていませんでした。
でも、パステルは15歳位でも6月頃までは元気だった。
どうしても諦める事が出来ずに来ましたが・・・
これ以上やったら、かえって彼女を苦しめる、という結論に達して。

その時点では正しい判断だと確信していました。

004_20170827135913b1f.jpg

ですが、ここからがまたべたの時と一緒でした。
あれだけ弱っているのに、ほとんど水も飲まないのに、呼吸が荒かったり弱かったり、ふらふら状態なのに・・・他界してくれない(涙)
これは最期の写真です。
この2日後に逝くのですが、この時は多分見えてない聞こえてない意識朦朧で、でも私がガリガリの背中をなでると、シッポをふるのです。「こんな状態なのにわかるの~!」と驚愕し号泣しました。。。
頑張らなくてもういいんだよーー!早くべたのところに行ってーー!
酔っ払いおばさんの号泣はいつまでも止まりません。
今こうしていても涙がでます。
そしてまた「安楽死」という言葉が脳裏に浮かんできます。
その選択は出来なかったか、悔やみます・・・

005_20170827141752e39.jpg

一時でも幸せな生活をしてもらえた、そう信じて残ったクロをもっともっと大切にします。ね、パス。

013_2017082714341274d.jpg



感情むきだしのブログになりました。
短期間に2匹も失い喪失感でいっぱいです。
せつないですが、責任を果たしたという安堵もあります。
支えてくださいました皆様に心からお礼申し上げます。
有難うございました。









松ねこ


タイトル画像

「松ねこ」との出会い

2017.08.01(07:00) 550

今回は、N が松ねこに参加したきっかけのお話です。
はじめまして!我が家猫のりくっちです。

りくっち1

この活動をするとやはり「飼い猫は保護猫ですか?」となりますよね、、。

でも、当時の私は、保護猫についての知識はなく、
ペットショップやブリーダーに飼い猫を求めるのが、一般的なものだと思っておりました。
何たる無知!!

そのため、うちの猫は保護猫ではありませんが、我が家に猫が来てから、約7年と半年が経ちました。
そして、今や、すっかり猫の虜に❤


そんな私が、何故松ねこの活動に参加する事になったかというと、、、。

私の住む近所には、以前から複数の野良猫が住んでいました。
誰かから餌はもらっているようですが、痩せて栄養状態が良くない猫も居たのを覚えています。
何匹もの子猫を見かける事もありましたが、誰かに拾われたのか、
どこかに迷い混んだのか、、、やがて姿を消して行きます。
でもまた、しばらくすると、子猫達が現れる、、、。
そんな場所が毎日の駅への通り道でした。
ところが、家に猫を迎えてからと言うもの、その道を通れなくなってしまったのです。
(/o\)(。>д<)


家には、何の心配もなく、あどけない顔で寝て、
我が儘も云えて、みんなに遊んでもらって可愛がられている猫がいる。
完全脱力中。↓↓↓

りくっち甘えたさん

一方で、硬いコンクリートの上で丸くなって警戒している猫がいる。

・・・ちゃんと眠れているんだろうか。
・・・喉が渇いた時に飲む水はあるのだろうか。
・・・心ない人に嫌がらせされていないだろうか。
・・・具合が悪い時、暑い時、寒い時は、どうしているのだろうか。


どうしても、自分のうちの猫と比べてしまうのです。

きっと、道で見かけた猫も、どこかのお家で
人の愛情を受けて暮らしたら、うちの猫と同じなんじゃない?

人が猫の運命を左右しているだけだよね🐾❓

相当な寝ぼけ顔

「そう、その通り。」
すみません、りくっち、言っていることと顔が一致していないんですけど。。。

ただ一歩踏み出せず、葛藤の日々。
猫を見かける道を通ると胸が痛くなるので、遠回りをしてみたり。
後ろ向き且つ、無駄な抵抗をしていました。

でも家に帰り、りくっちの姿をみると、結局、野良猫の事が頭に浮かぶという逃れられない状況に

ネットでぐぐって、色んな保護猫活動をしているブログを読みあたりました。
ん~でも、場所が遠すぎる。

そんなとき、ついに松ねこのブログにたどり着いたのです。
猫のボランティアさん募集中とのメッセージを見つけました。
ですが、良く考えてみると、なんの猫ボラ経験もないし、
家にいるのは保護猫じゃないし、一抹の不安がありました。
受け入れてもらえないのでは、、、。
それも取り越し苦労でした。
まずは、出来る範囲で出来る事をしましょう、と。
という事で、土曜日の譲渡会に参加する事から始まり、お手伝いをさせて頂く事になりました。
ちなみに、私がいっとき通れなくなってしまっていた道も
個人のTさんがTNRを行ってくださっていたと、後々知りました。

譲渡会場

譲渡会に参加してみると、どの子も本当に可愛いんですよ💝
時々、緊張してシャーが出ることもありますが、、(シャーですらカワ(・∀・)イイ!!)
びびりなりくっちもシャーしますよね。

どや顔

「アタシに怖いものなんかありませんわ、キリっ」

この家の中、限定ですよね、、、

それはさておき、
私を松ねこと結び付けてくれたりくっち。ありがとうね。

猫を飼わなければ、あんな風な気持ちにはならなかったかも。
動物って、人の生き方や考え方も、変えてしまう影響力がありますね。
私はまだまだ、新米ですが、松ねこの活動に参加する中で、
猫達に影響を受けながら、これからも日々成長していきたいなと、思うこの頃です。
皆様、宜しくお願い致します。


松ねこ


タイトル画像

ペットと暮らそう!完結

2017.07.13(07:00) 538

壮大な3部構成になってしまいましたが、感動的なオチはございませんのであしからず


11月の譲渡会であんずの保護主さんがいらっしゃっていて、そこで抱っこさせてもらいました
か…かわいいすっかりズッキューーン
家族でも「来週もう一度この仔の話をじっくり聞こう」なんて言っていた矢先の脱走騒動
心配で心配で、毎日ブログをチェックする日々
そして発見された記事が掲載された日、実は私の誕生日だったんです!


アール3

アタシ戻ってきましたわ ←これ、発見報告でのあんずの言葉
我が家では今でも話題にのぼります「あんずっぽいね」と
もうこれは運命とばかり直ぐに里親希望の名乗りを上げ、決めたお届け日はこれも運命なのか次女の誕生日でした

この場をお借りしまして…
あんずの脱走時には沢山の方が心配して下さり、ブログの写真だけを頼りに探して下さった方もいらっしゃると聞いています。
おかげさまで今、我が家では

あんず枕

早くお布団かけて~
このように、自由気ままに暮らしております
ご尽力、ありがとうございましたm(__)m

DSC_0536.jpg

ありがとにゃん



そんなあんずの生活を報告しようと譲渡会を訪れたクリスマスイブ。
またも運命の出会いが

161225_0947~01


ケージの中で丸まっている背中がまるで…「あ?あんず~
そこへYさんの一言「また保護しちゃったのよ~」

譲渡会の帰り、次女がポツリと漏らした一言が刺さりましてねぇ
「そっくりなあんずと茶々(現:まろん)が逆でさぁ…もし先に保護されてたのが茶々だったら
今頃茶々がうちで自由に暮らしてて、あんずがあのケージで譲渡会に居たのかな。
出会う順番が違ってたらあの仔たちの運命が違っていたのかな…」
いや、ホントに考えさせられましたね~

ですが、ノリと勢いでなんとかしてきた我が家
それなら茶々もお迎えしてあんずと同様に生活してもらったらい~んじゃん?

年が明けて少し経った頃に茶々の里親になりたいと申し出ましたが…
「実はあまりに動きが少なく小食だから検査に出すつもり。2か月くらいかかるかも」とのお話でした
これは検査の結果次第
そして相性の問題もあるから、あんずにストレス症状が見られたらお返しでという条件のもと
全てクリアして4月初旬、晴れて我が家の仔になりました


DSC_0964.jpg

ここはどこ?新しいおうち?
そーだよ、まろんのおうちだよ~。だからケージから出て自由に歩き回っていいんだよ

DSC_1324_201707130037118ca.jpg

ではまず爪とぎの上に乗ってみまーす

ずいぶん長い話になりましたねぇ


私は譲渡を受けた側でしたが、元来の猫好きもあって他の仔たちの将来も気になる…
で、ボランティアとしてお手伝いをするようになりました
ですから譲渡する側と受ける側、両方の立場で気持ちが分かります
このブログをご覧になっている方、また土曜日に外から中を窺いながらも入るのをためらっている方へ

譲渡会に行ったら最後、猫を押し付けられるなんてありません!一時は疑った私が懺悔の意味を込めて

むしろ逆!!
まろんが条件付きだったのも、相性が合わないお互いが幸せになれない譲渡は成立しない。
ここの家庭では合わなかった仔にとっても、しかるべき場所が必ずあるからとのことでした


有り難いことにあんずとまろんの間に大きな問題がなかったので、2人の娘の下に2匹の娘をお迎えしました

あんまろ


ふと思い出すのが若草物語
しっかり者の長女メグ(いざとなればしっかりしていて似てなくもない…
ボーイッシュな次女ジョー(さっぱりしていて読書好き。結構似てるかも
内気な三女ベス(あら、まろんじゃない
おちゃめな四女エイミー(あ…あんずっぽい
   ※順番ではあんずが先に我が家に来たけど、推定年齢ではまろんが年上なんで

こんな2匹の近況はまた後日お知らせしますね


そう言えば虹の橋を渡ったチョッピーも女の仔でしたねぇ

最後に主人から一言あるそうです
うちには女の子しかこ~へんように出来とるんやなぁ

松ねこ


タイトル画像

ペットと暮らそう!その2

2017.07.12(07:00) 533

さてさて…
前振りが長くなりましたね^^;

8月のある日、「松ねこ」の譲渡会会場のドアをそーっと開き中に入りました。
中には沢山の猫ちゃんが
どの仔も可愛い その時の主人と私と娘たちは→     

増譲渡会610

こ~んな感じ


暫く見てると、スタッフさんからお声がかかりました。
「猫ちゃんお考えですか~?」
私は内心ちょっとドキドキ
やっぱり逃げられないのか!?(その時の心の声)

そこで思い切って、猫は大好きだけどチョッピーとの別れがあって…
もっと何かしてあげられたかもと思うとまだ…と話したところ
「動物も人間と同じで寿命も患う病気もその仔によって違うんですよ~。人間より寿命は短いけど、一緒に居る間は大事にして沢山可愛がって愛情を注いであげたらいいんですよ~」とのお言葉。


そして「ゆっくり見ていって下さいね~」と言って離れていったスタッフの方
あら…?想像と違う


さて、それからどうしたかというと、8月から毎週ではなかったものの譲渡会に通いました
ですが、譲渡会に行って猫ちゃんを見ては帰宅してう~ん…と話す日々
この頃には押し付けられるなんて不安はすっかり無くなっていましたが、選ぶということに戸惑いがあったのは事実でした

だってね、どの仔も可愛いんです
実家で昔飼っていた猫は、近所に捨てられていた仔でした

1499778529258.jpg

古い写真でスミマセン
この仔は白多めのミケちゃんで、21年生きたご長寿猫ちゃんなんです
なかなか気が強い仔でしたが超美人


弟も大学時代に子猫を拾いました

DSC_0006.jpg

この仔はいたずらっ子でしたね~
携帯電話などない時代、家電話の上を闊歩して留守電を解除してしまう
人間が食べようと箸でつまんだ物を華麗な猫パンチで落とし、匂いを嗅ぎ、一舐めしてからプイッとどこかへ行く


今までは捨てられていた仔を見て見ぬふり出来ずに家に入れちゃった~
そんな感じでしたから、こちらから「キミに決めた!」なんて選ぶことが出来ない気がしてたんです






でも、運命ってあるんですねそれは11月のある土曜日

アール1

ハイ!あんず(笑)


そして更なる出会いは12月

KIMG1754_20161224143342.jpg

ハイ!まろん(笑)

ボランティア新人のワタクシM、実はあんず&まろんの里親となったMなので~す
あんず&まろんを我が家にお迎えしたお話はまた次回

本日も続く…  またかい!

松ねこ


タイトル画像

ペットと暮らそう!その1

2017.07.11(07:00) 532

皆さま改めましてm(__)m
7月3日の譲渡会ご報告でデビューしました新人のMです


本日はドン!

DSC_2045.jpg

ハイ、皆さまお馴染みの場所ですね
毎週土曜日に開催されている松ねこの猫ちゃん譲渡会会場で~す(^∇^)ノ
何故……?と思う方もいらっしゃるでしょうが、ここが私と松ねこの出会いの場だからです

最近では譲渡会に「ブログを見て来ました」と言って下さる方が増えてます。
いや~ネットの力は偉大ですね
ですが「譲渡会に行ったら最後、必ず猫を貰わなきゃいけないんじゃないか」
「スタッフに囲まれて、ハイと言わなきゃ帰れないんじゃないか」
と思ってる方も居たりして
実は私もそれに近い疑いを持っていたうちの一人です(マジか!?)
今は違いますよ?ボランティアにも参加したくらいだし(/∀\*)


0190 - コピー

ウサギやないか~い(笑)


失礼しました^^;
この仔は10年前、当時娘が通っていた小学校で生まれた仔です。
飼育委員の児童が掃除の時に失敗しまして…(小屋掃除の時に雌雄一緒にしてしまったんですね

我が家は全員、動物好き
ペットと暮らしたい……ワンちゃんネコちゃん
でも!まだ子どもも小さい、長期休みに旅行もするだろうから留守の間が心配
そんな時に手にした学校便りに載っていた「誰か貰ってくれませんか?」
「ウサギならケージで飼えるし!散歩も要らない!一泊くらいの旅行ならおばあちゃんに来てもらおう」
直ぐに手を上げ、家族となりチョッピーと名付けました(*^_^*)

DSC_2046.jpg

ハイ、なんでも噛みます
携帯充電器、DS充電器…何台コードを噛み切られたことか((((;´・ω・`)))
でも可愛くて面白くて
2か月に1回の割合で病院に通い、爪切り&健康診断。
病院の先生からは「野生でウサギは捕食される側の立場だから、本能で弱った姿を見せないんだよ。弱っていたら直ぐに強い動物に捕まっちゃうからね。血の匂いをさせないために生理もないんだよ。」と聞いてました。


だから2015年11月16日の朝、8歳で虹の橋を渡ってしまった時はあまりに突然のお別れでした
昨日まで元気だったじゃん
ウサギなのにニンジンはあまり好きではない仔でした。
大好物はキャベツの葉・チンゲン菜の葉・ブロッコリーの葉や房。
でも、最後にあげたおやつは白菜の葉でした
もっと見てあげてたら…私は自分を責めましたねぇ~
それから暫くはもう2度とあんな思いをしたくない!チョッピー以上の仔は居ない!!と思っていましたが…


翌年(2016年ですね)の6月頃にはまず主人が「ここにキャットタワーがあってな。猫がおんねん」(関西出身なんで^^;)
と幻が見え始めたようでして
近所なので以前から気になっていた「ペットと暮らそう!」の看板。

チョッピーのことを思うと、まだ私には新しい仔を迎え入れる心の準備が出来ていませんでしたが
主人はすっかり家の中に幻の猫が見えてる様子
やがて7月頃には土曜日になると外からチラチラ覗き(まだ入る勇気はありませんでした
やがて8月のある土曜日、勇気を出して松ねこの譲渡会会場に足を踏み入れたのです…

続く  え?続くの?ネコの話は?

松ねこ


我が家猫
  1. 何とかしたい猫アレルギー><;(11/07)
  2. おしっこトラブルまたもや~!(11/05)
  3. 猫にもルーティンってあるの!? ~小さな疑問 その2~(10/05)
  4. 猫にもルーティンってあるの!? ~小さな疑問 その1~(10/04)
  5. オシッコ対策?!(09/10)
  6. パステルも・・・(09/05)
  7. 「松ねこ」との出会い(08/01)
  8. ペットと暮らそう!完結(07/13)
  9. ペットと暮らそう!その2(07/12)
  10. ペットと暮らそう!その1(07/11)
次のページ
次のページ