タイトル画像

ももよ嬢な日々

2017.04.29(07:00) 447

こんにちは!

この間スポーツクラブのロッカーで
「プロレスラーなんですか?」
と聞かれた元ワラワラのTです。

おそらくこれ
alljapan_1229t_1.jpg

を着ていたせいだとは思いますが、ファンでもスタッフでもなく
プロレス選手かと聞かれたの、これで3度目ですのよ!オクサマ!!


なお念のため、残念ながらプロレスラーではありません|ω・`)
(そもそも全日本プロレスは男性だけかと・・・)


そんな見た目だからか、相変わらずももよ様には毎日
「ハーーーッ」のご挨拶、頂いております!!

ハーッのももよ様
乙女におくちクサいとか言ったら、承知しないわよ!

ヒエ~~
本当にヤラレそうです…。゚(゚´Д`゚)゚。

前回の記事から約1か月後のモモヨちゃんな訳ですが
結局まだケージからお出ましにはなっておりません。

和室を閉め切って一度ケージを解放してみようか、と
おもっているのですが、もう少し人々に馴れてから…
と考えてるうちにあっという間に一か月経ってしまいました。

睨むももよ様
全くもって不本意ね!!


私には相変わらずなモモヨ嬢ですが
夫には割とデレた目つきをします。

というわけで、以下は私が撮ったモモヨ様と
夫が撮ったモモヨ様の写真です。

デレた目は、どちらの写真でしょうか??


おっさん撮影のももよ様


私が撮ったももよ様






どぅるるるるるるるる・・・じゃーーん!!(注 ドラムロールです)





答えは上が「デレももよ」です!!

聞くところによると、オス猫は女の人により懐き
メス猫は男の人により懐く…という傾向もある
みたい??なので、モモヨ嬢が夫には優しい
眼差しでも道理にかなってるのかもしれません。

しかし!!

うっとり見上げる茶白

おっさんの膝でくつろぐ茶色ママと茶白

おっさんの膝に大集合

デレ芝

小春ちゃん、パクちゃん

ことごとく生き物は夫にデレつく!!

たまにいるんですよ~。犬猫を引き付けるフェロモンが出てる人って。
家族に噛み付いてた大型日本犬が、初対面なのにお腹を見せて
甘えまくる人など、この世には実在するんです。

そして彼はコワモテ具合では私など足元にも及ばない見た目ですが
なんでかモテるんです。生き物たちに。

そういうわけで、夫限定ならモモヨ嬢も「馴れてきている」と
言っていいのかもしれませんが、私のような通常一般人には
まだ「馴れてきた」とは言い難いお嬢様であります。

FullSizeRender_20170426103714721.jpg
ネコたちにも慣れてよ♡

親戚同士?結構よく遊んでます。


のけ者は私だけのようです・・・・゚・(つД`)・゚・

好かれなくてもいいので、せめて怒られないようになるまで
ご機嫌伺い頑張ります!(たぶんご機嫌をうかがわない方が
怒られないのだとは思いますけど)

7ヶ月とか3年とかかけて馴らしてる先輩たちもいらっしゃるので
気長にやってみま~~す(*´v`)


松ねこではボランティアさんを募集しております。
シェルターのお掃除と給餌、捕獲した猫の病院搬送、保護猫の預かりさん、出来る時に出来る事をで大丈夫ですので、力を貸して頂けると助かります。
お問合せは右記のメールアドレスへお願い致します<(_ _)>
※PCからの返信を受信できるメアドからお願いします。

スポンサーサイト

松ねこ


タイトル画像

ワラワラ達の番外編2(僕らが里子に出す理由)

2017.04.12(07:00) 436

まいど!ワラワラのTです。

「なぜ人は猫(犬)を里子に出すのか」

今日のテーマはずばりこれです。
タイトルはとある曲名をもじりましたので、あえて「僕」です。
どうでもいいですね、はいすいません(*´~`*)

ザワラワラベビ
はい毎度ワラワラ~~

我が家の一部屋を占拠したワラワラ達の家族と過ごした約3カ月。

基本隔離政策だったので、うちの野郎どもとワラワラファミリーは
完全別世帯でした。

そうすると、同じ屋根の下とはいえ、面倒を見なければならない
家が二つあるみたいな感じになります。
たまに人間で本宅と別宅を持ち、2つの家庭をきりもりする
お父さん(要は本妻の家と愛人の家を行き来する男の人)が
いたりしますが、まさにそんな気分になってました。

愛人
愛人ってこんな感じ??(安易)

愛人の子に奉仕すると本宅の子たちに手が行き届かなくなり
本宅に愛と労力を注ぐと愛人の子たちが拗ねたりグレたりする
んじゃないかと心配で、結構身が引き裂かれる思いなんです。
(なんのこっちゃ)

パーちゃんを見つめる2匹
本宅の子が攻めてきた?!
保護部屋に乗り込んだパーちゃんを見つめる茶トラとキジ三毛


里親募集のサイトなどを見ていて
「好きなら自分で飼えばいいんじゃない」
みたいな感想を持つ方、いらっしゃると思います。
私も思う事ありました。

ただ、やはりキャパシティ?許容範囲というのはあるのです。
自分が十分にお世話できる、愛情を持って接することができる
物理的な数というのは限りがあって、お金があれば何匹でも
行ける、という訳にはいかないのです。

子猫たちはかわいいし、もっと遊んであげたいけど、物理的に
時間がなくて猫同士に任せてた部分、ありました。
結構、トイレの掃除とご飯という2大イベントに忙殺されて、それ
らを事務的にこなすだけで精一杯みたいな部分もありました。

茶色ママ授乳ぶら下げ系

ワラワラベビケージ内アップ
こういう風にまとまっててくれる時はいいけど・・・

茶白と茶色ママ2
茶白と茶色ママ1
子猫の中の茶色ママカメラ目線
ハッスルしてるときなどは言わずもがな!!

とにかく数が多いと所在確認、健康状態の確認だけでも
結構な手間なんです。

行き届かないお世話は猫様たちに失礼ではないか??
それなら、子猫たちはたっぷり愛情を注いで手をかけて
お世話してくれる人の所に里子に行った方が、うちで中途半端な
愛とお世話を受けるよりはずっとましだと思います。

だから里親さんの募集をするんだ。
猫が好きだから、猫にもっと幸せになってもらいたいから
里親さんに託すんだ。

と、自分でキャパギリギリのお世話をしてみて、ようやく分かりました。
我ながらアホです。

パーちゃん茶トラキジ三毛
ほんとだね

コラ、パーちゃんには言われたくないぞ 笑

里親になってくださった方々には、本当に心から感謝です。

子猫たちや、たっぷり可愛がってもらって、たっぷり食べてたっぷり
遊んでたっぷりと寝て、大きくなるんですよ~♡


松ねこ


タイトル画像

ワラワラ達の番外編

2017.04.11(07:00) 420

先日ワラワラの最終回を無事ご紹介しましたTです。
一旦しめた後にナニですが、まだご紹介したい写真もネタも残って
るので、また小出しにご紹介させていただきますよ(^∇^)ノ

さて、ワラワラ達のデイアンドナイト、という回がありました。

気取ってそんな名前を付けたはいいが、よくよく読み返すと
「ナイト」がないやんけ!!

と、大変なことに気が付いた次第です。

というわけで、今回はワラワラ達の「ナイト」を補足でご紹介です。


昼間はフルタイムで働くわたくし。
帰宅するとすぐに保護部屋の確認をして、ウンPなどが
てんこもりになったトイレをきれいにし、ご飯をふるまい
奇声を発しながらご飯に突進してくる猫たちを踏まない
ようにしながらちょっと掃除をし、ももよ様に挨拶し、猫
達がご飯をしっかり食べたか確認し食べられてない子が
居たら特別待遇で別途ご飯を追加し、食後のウンPなど
がひととおり済んだら帰宅後2度目のトイレ掃除をし、
さらに与えたおかわりご飯にネコ様たちが夢中になってる
間に部屋を出ます。

ワラワラお食事中
食べ始めると一気に静かに・・・(*´v`)

ワラワラお食事中2(全員)
この写真、ママは子猫たちに食べさせてる風に見えますが
普段のママは基本的に一番最初に駆けつけてきて、
子猫が食べてるお皿も容赦なく手で引き寄せて奪います 笑

子猫お食事中
子猫がエサを貪り食う様を見るのは幸せなひととき(* ´ ▽ ` *)


その後はうちの汚バサンの散歩(30分~1時間ぐらい)
うちの野郎ども(はるちゃん、ピーちゃん、パーちゃん)
にご飯をあげ、トイレをきれいにします。

自分たちのご飯を用意しながら、もしくは食べた後に
汚バサンにご飯を献上し、食後の片づけをした後
また保護部屋にご機嫌伺いに参ります。

だいたい食後に子猫様たちはまたトイレをなさるので
再度てんこ盛りになったトイレをきれいにして、ご飯の
追加をあげたり湯たんぽを用意したりします。
その後子猫たちや茶色ママとふれあい、少し保護部屋で
私の姿をモモヨ様に見て頂いて、自分のことに戻ります。

基本的に子育ては茶色ママに丸投げできたのでかなり
楽ではあったのですが、人馴れしてもらうための時間も
必要です。
寝る前のふれあいは30分~1時間ですが、そうすると
もう自分も寝る時間、となりますので、おのずと自分の家の子たち
との時間が削られる、ということに、しばらくしてから気が付きました。

茶色ママと子猫ケージ上から(大谷君入り)

授乳上から

基本丸投げでラクチン♪な部分も多々あり


パーちゃんも子育てには活躍してくれました。
というより、正確にはパーちゃんが子猫たちに遊んで頂きました(*´_ゝ`)

茶白を見るパーちゃん
あの~~随分念入りに

茶白を見るパーちゃん3
ぺろぺろなさるんですね

茶白を見るパーちゃん振り返り
おたくのお子さん、きれい好きね

闖入者
お父さんだよ~~(´∀`*)

たまに知らない間にワラワラの部屋に侵入してることもあり^^;


闖入社

この写真はかいがいしく子猫のお世話をしてる風ですが
たまたまです 笑
どちらかというと、そのうち部屋に入ったら、パーちゃんも
ナチュラルに茶色ママの乳にぶらさがってそう・・・という
雰囲気の方が濃厚でした。

ピーちゃんも良くドア越しに遊んだりして、子猫とふれあって
くれました(*^_^*)

はるちゃんは・・・ひたすらフーシャー――!!
ピーパー餅兄弟の時の実績から子育て父さんと思ってましたが、意外と小さい・・・

まあこんな日々でしたが、日を経るごとに募る、ある想いが私にはありました。

そんなつぶやきは、明日に続きます。


松ねこ


タイトル画像

ワラワラのママたち4(茶トラママ編)

2017.04.02(07:00) 413

いよいよワラワラの物語、ひとまずの最終話になりました。
保護主のTでございます。
ワラワラ2家族のストーリーの最後を締めくくり、また華やかに
飾るのは、やはりこの方をおいて他にありません。

茶トラママ!!

茶色ママおすわり

キラキラ・・・
ママ・・・・・・??

そうなんです。前回の最後の写真は最近の写真です。
子猫が巣立った後、茶色ママはすっかりママの顔から
小さくてかわいらしい少女の顔になったのです。

両手にすっぽり入るぐらいの大きさで、全体的に小づくりで
可憐な乙女となった茶色ママ。
もしかして、1歳にもなってなかったのかもしれません。
生後半年ぐらいだったとか??
生まれて初めての出産だったのかもしれないな~という感じもします。
ネコ様は、1歳にならなくても妊娠出産してしまうんです。

茶色ママ2
あたし、うら若き乙女なの・・・

本当に本当にかわいらしい可憐な少女になった茶色ママ。
これが本当の茶色ママの姿だったのね~、と女の持つ顔の
多面性に恐れおののきました 笑

現在の茶色ママはというと・・・



最初は、はるちゃんの横暴が怖くてこたつにも入れなかったのに

余裕のはるちゃん
はるちゃんお気に入りの座布団

ももよちゃんのために私が自分の使い古した半纏を転用した
貧乏くさい、もとい、エコな代物。
全ての猫たちに意外な人気で、未だももよちゃんの元にたどり着けず。
(ももよちゃんは現在夫が使用していた初代半纏座布団を使用中)

パーちゃんをどかすはるちゃん
もともとはパーちゃんが居たのに

どこ吹く風のはるちゃん

だめっす、のパーちゃん
はるちゃんに取られました

人気スポットを奪われたパーちゃん

おもちゃでごまかす
さりげな~くオモチャにじゃれつくフリをしながら

交渉中
ねえねえカッコいいそこのおにいさん

話になりまへん
ちょっとその場所

圧をかけてみてるパーちゃん
あたしにも貸してもらえませんかねー(パーちゃんなぜ江戸っ子風?)


という感じで座布団の上を狙うパーちゃん


ピーちゃん渋い顔
ムリムリ、絶対譲ってくれないよー、小さいおとこだもの


ピーちゃん遠い目 笑



がしかし・・・

あれ?茶色ママ!
あれ?

控えめに見つめてるあなたはもしや
控えめに見つめてるあなたはもしや・・・・・・

茶色ママでねえの

茶色ママでないの(゚∀゚)

いつの間にかはるちゃんから茶色ママに入れ替わってる!!
同じ茶トラだから気が付かなかったけど、ちゃっかり人気スポットを
奪い取る茶トラママ

いつもまにやら茶色ママ
レディの周りを固めてお守りする餅のナイトたち
騎士だけどお餅・・・笑

という感じですっかり我が家のボーイたちになじみ

ご飯タイム上から

ご飯もこたつも皆と一緒に堪能できるようになりました。

最近では、はるちゃんからも果敢にご飯を奪い取り(゚д゚)
常にこたつの中に陣取るこたつの妖精として、たくましく可愛く
過ごしておられます(*´v`)


当初様子を見ながら茶色ママは幸せになってもらうべく
里親さん探しをはじめよう、という予定でおりましたが・・・

こんなに馴染んでしまったらなあ・・・・・・



というわけで、うちの子とさせていただくことに致しました!!

ももよ嬢
あら違ったの??最初からそうだとばかり思ってたわ

そうよね~
ももよちゃんも、姉妹だか従姉だか、はたまた関係のない
単なる隣人か分からないけど、一緒に子育てしてきた同志が
そばに居た方が心強いわよね

というわけで、ワラワラのママたちは我が家の子として
お過ごし頂いております(*´v`)


茶色ママ
へんな野郎がいっぱいいるし、人間たちは訳分からんけど
居てあげてもよくてよ

茶色ママ改め「こはく」ちゃん、どうぞ宜しくお願い申し上げます!!


松ねこ


タイトル画像

ワラワラのママたち3(茶色ママ編)

2017.04.01(07:00) 406

どうもまいどワラワラのTです。

今回はワラワラを締めくくるゴッドマザー、茶色ママの登場です。


授乳アップ
つねに

授乳中
お乳に

茶色ママ授乳ぶら下げ系
ぶら下げて~

茶色ママ授乳ぺろぺろ合わせ技系
どの子も

茶色ママ授乳遠い目2
どうぞ


茶色ママ授乳遠い目アップ
どんと来い!!


と、茶トラママ授乳写真館でした。

白ママ(旧鏡子さん、現ももよちゃん)がお一人様用ケージに
お籠りになった後、子猫6匹(一週間ぐらいは7匹)の授乳を
一手に手掛けた茶トラママ。
年がら年中、子猫たちは茶色ママのお乳にぶらさがってました。

そして茶トラママはそれを全く嫌がらないのです。


キジ三毛と茶白と茶トラ2が新しいお家に巣立っていったのは
12月末ごろですので、子猫たちは3か月ぐらいにはなっていた
と思われます。茶トラママと大きさも変わらないぐらいになりつつ
あっても、鷹揚に自らの乳をオープンに解放する茶色ママ。

子猫とママは早く離した方がよいとも言われたのですが、物理的に
そんなわけにもいかず、生後3カ月をオーバーしてもお乳を吸える
という幸せな環境に、子猫たちはおりました。
(猫たちもお互いに嫌がっていなかったですし・・・)

授乳がいつ終わるかは、ママが決めるというか、ママが子猫を
遠ざけると聞いたので、自然に任せることにしました。
ただ、そうすると全く子猫を遠ざけないんです。茶色ママって。
乳にたどり着いた子猫たちを特大のぐる~音を響かせながら
目を細めてなめなめしてあげたりして、とっても良く子育てして
ました。

茶色ママおすわり

いよっ!小さい体ですごいね、えらいね!!

子猫たちが居る間は、完全に「ママ」の顔でわりと厳しい目つき
も見せていた茶色ママ。

子猫が巣立った後、モモヨ様と一緒に和室に移って頂いたのですが・・・

気になる茶色ママのその後から現在は、次回に続きます^^


松ねこ


タイトル画像

カルテにはvery good!!と書かれていた

2017.03.23(07:00) 398

ワラワラのTです。
今日はパーちゃんの一大事の最終話です。

パーちゃん大あくび
やれやれ、どうなるのかな・・・・・・


入院の次の日、いよいよ手術の日です。
やだな、とは思いますが、もう覚悟は決まってます。
お腹の中に何が入ってたか聞くぞ!!と思いながら出勤する途中、朝イチで病院から電話です。

なんだなんだ、何があった??と慌てて電話に出ると

「パー太郎ちゃん、今朝のエコーでもはっきり異物が見えなかったし、
なんか元気だし、今日の手術は取りやめて数日病院で様子をみっちり
見張っておきます」

というものでした。

なんだーーーよかったーーー

拍子抜けすると同時に、とってもホッとしました。
人間よりずっと小さな生き物ですから全身麻酔も出来れば避けたいのに、
開腹までしたらダメージが…と心配で仕方なかったのです。


その日の夕方パーちゃんに面会に行った夫曰く

「元気だったよ」

なんやねん。関西人でなくてもそう思います。

その次の日、病院に電話して様子を聞くと

「元気ですよ、ご飯も食べてます。一度も吐いてません」とのこと。

うーーーん、ご飯食べてるならまずは良かったのかな。
でもウンチはまだだから心配は心配だな。

結局入院3日目に主治医の先生から

「元気だしご飯も食べてるしウンチもしてるみたいだし、
お腹開かなくても大丈夫そうだよ、手術しないで、今日
お返しいたします」

とのお言葉があり、めでたくパーちゃんは我が家に帰ってきました。

パーちゃん正面

さすがにちょっと点滴の跡は痛々しいね
右腕の毛が剃ってある部分に点滴してました


病院で入院中の様子を教えてもらい、ウンチ出ましたか?と聞くと、

「うん、今日でたよ、待ってて何時かな・・・」

主治医はカルテを確認してくれました。

カルテを持つ猫

※イメージです

「あ、○時ぐらいかな。ベリーグッドって書いてある」

とおっしゃった時の病院の皆さんの嬉しそうにほころんだお顔は忘れられません。

かわいいウンコ君

ベリーグッドなウンPってこんな感じ?
※イメージです


しかし、つくづく考えさせられます。

ご飯を食べてちやほやされ、ウンコをして褒められる。

ほんと、ネコって何なんでしょうか。

こんなお得な生き物、他に居るでしょうか。


その後我が家でも立派なウンチを成し遂げられ、食欲旺盛に
ご飯もモリモリに戻ったパーちゃん。
まだ異物が残ってる可能性はなくはないので注意は必要です
が、ひとまずは開腹を回避できて良かったです。

パーちゃん無事帰還
無事生還の巻~~♪

パーちゃんアップ


ごめんねパーちゃん!!
アホを飼う飼い主、いえ、下僕としてまだまだでした!!
時として予想もつかないことをすることを肝に銘じて、今後もアホにお仕えしてまいります!!


松ねこ


タイトル画像

ペット保険入ってますか??

2017.03.22(07:00) 397

ワラワラのTです。
突然ですが皆さま、ペット保険は入ってますか?
我が家は頭数が多いので全員入ってたら毎月の保険料だけで
かなりの額になります。
前に漠然と加入を考えたことはありますが、通院は基本ワクチンの
年1回だけという幸運な日々でしたので、結局真剣に加入を検討した
ことはありませんでした。

しかし、今回ほど「入ってりゃよかったペット保険」と思ったことは
ありません。
パーちゃんの嘔吐の治療にあたって、場合によっては10万前後、
かかるかもしれないと言われたのです。

あず

オーノーーー!!!
久々に登場のアズ君、私の心の叫びを代弁ありがとう。

世の中、「やってて良かった公文式」といえる人が勝ち残っていくんですね。
「やってりゃ良かった公文式」な私が、急に10万円必要、と言われて、
パッと出せる人間なわけありません。

もう、完全な青天の霹靂
青天の霹靂
これはお米の方

収入〈支出


完全にこういう状態です

数日間吐き続けたパーちゃん、病院に連れて行き、エコ―レントゲン
吐き気止めの点滴などをして、ひとまず自宅で様子を見ましょう、
次の日またエコーで確認して何かありそうだったらまた考えましょう、
ということで1回目の受診は終了です。
そして次の日。やはりエコーにはっきりしたブツはなく、結構元気に
なってるみたい?ということで、注射をしてまた帰宅しました。

毛繕い
まあ元気出せよ
(1年ぐらい前の写真かもです、すみません)

その次の日の朝、パーちゃんがまた吐きました。
やばい、さすがにこれはまだお腹に何かあるのかもしれない、
ということで、また病院に連れて行きます。
そこで、これ以上様子を見てはいられない、お腹を開いてみる
ことにしましょう、との診断で、その日から入院させました。

腸に何かあるかも、というときは、エコーやレントゲンで見えな
ければ、目視といって、開いてみるしかないのだそうです。
開いて何もなければそのまま閉じるし、何かあれば取り除くし、
場合によっては詰まったところの腸が壊死したりもするので、
壊死したところを切除して、処置する必要もあったりするのだそうです。

日頃能天気にぼんやり過ごしている飼い主は、「壊死」と聞いてもう
内心オロオロです。
うわあ…と思いつつ、信じて預けてその日は一人で帰宅するしかありません。

同時にお金の算段です。
開腹手術をしたら入院は少なくとも1週間。
内容にもよるけど、10万円前後は見ておいて、と言われ
違う意味でも目の前は真っ暗です。

カードで払っても決済までにお金間に合うか??

クレジットカードを持ってアチャー

こうなるのは火を見るより明らかであります。

クレジットカード会社のリボ払いを勧める宣伝の「急な出費のときに」
みたいなコピーの下でご祝儀袋とドレスと靴を頭に思い浮かべながら
困った顔で首をかしげるカワイイおねえさんのイラストが目の前にちらつきます。
(カードをお持ちの方なら、ご覧になったこと、ありますでしょ??)

どうやってお金工面しようか、そんなことを考えながら自宅まで車を走らせたのでした。

お札

諭吉様、なぜ私のもとからそんなに急いで去るのですか
もう少しゆっくりしていってくださいませ

それで私は考えました。
ペット保険は入るなら全員分入りたい。そうしないと意味がない。
ただそうすると、頭数が多い我が家はそれだけで結構な出費である。

というわけで、繰り出した方法はあれです。
勤勉実直確実コツコツな、王道の方法です。
そうです。

伝家の宝刀

つ ・ み ・ た ・ て

です♡

積立てたお金なら、保険のように加入の有無など関係なく、
どの子にも自由に使えます。
幸せなことに、どの子も健康に病院のお世話にもならず
過ごせたら、病院代ではなく「別のこと」に使えます。

1-7-6.jpg

そのお金で、もっと保護出来る子が増えるかもね♡

いやいや、保護が必要な子は将来的には減っててもらわないとね、長助はん

イヌネコ数匹なら養えると思いあがってましたが、こういう出費も
賄えてこその「養える」なんですね。
日々のエサ代、ネコ砂代も馬鹿になりませんが、こういう時の出費も
用意してないと痛いものです。
「そなえよ、つねに」はここにも当てはまるのですな。
ほんと、万能な格言です。

色々調べて(グーグルで「銀行 積立て 金利」で検索しただけですが)
金利の良い積立て商品を扱っていたネット銀行に定期積み立てを設定完了です。

何事もなく、豪遊に積立金を使える日を夢に見ながら、続きは明日へ…



松ねこ


タイトル画像

そなえよつねに

2017.03.21(07:00) 370

こんにちは。
ワラワラのTです。
今日はワラワラの同居人、保護主Tの家の先住猫の話です。

先日、我が家のアホぼんパー太郎が誤食の疑いで数日入院しました。

パーちゃんアップ2

プワ~~ビニール美味かったプワ~~~

はいそうです。
スーパーで水気のある食品のパックなどを入れる、荷物つめ台に
置いてあったりするあのポリ袋、あれをお召し上がりになった模様で・・・><

なぜそれを食べたと分かったかというと、嘔吐した物の中から出てきたからです。゚(゚´Д`゚)゚。

罪はないビニールアップ
にっくきビニール
お前をこんなに憎む日が来ようとは…

パーちゃんは3日以上嘔吐が続き、そのうちだんだんご飯も食べ
なくなりお医者さんに連れて行きました。
ビニールを食べたっぽいことは確かです。
もしかしたら、それ以外のものも飲みこんでる可能性もあります。

診察室に入ると「もっと早く連れてきてもいいくらいだよ」と
怒られました。
そして「最悪開腹手術かも」と言われ、平和ボケしていた私は
目の前真っ暗です。

ぎゃああ、我が家のムードメーカーで天使もしくは妖精のような
パー太郎ちゃんがお腹を切るだって??
どうしようどうしよう、私のせいだわウワーーン、と、その一瞬は
ちょっとしたパニックでした。

パーちゃん

もっと早く気が付いて!!

ごめんそうだった。
まあ言い訳すると、猫ってよく吐くものだから油断してたのよ、最初の数回分の嘔吐は。
ご飯食べなくなるまで気が付かなかった。

実際我が家のはるたろうは、ほぼ毎日、吐いてます。
ご飯を食べて、直後に全部

はるちゃんお皿の前
ローマ人なんだわ、ワシ

吐いた後は何事もなかったように、またご飯を召し上がります。
その後は吐きません。それ以外いたって元気です。
今年5歳になりますが、そんな数年間です。

はるちゃんのえさアップ

はるちゃんは1回に2食分必要(1食分はゴミ箱へ…T_T)
戻した分も食べてくれないかな、はるちゃん…結構高いんだよ、このエサ

しかし、パーちゃんはこれまでほとんど吐いたことはない。
その時点でおかしかったのでした。

明日に続きます



松ねこ


タイトル画像

ワラワラのママたち2(モモヨ編)

2017.03.09(07:00) 405

どうも。元ワラワラになりつつあるTです!
なんと、今朝ご飯をあげるときにモモヨちゃんが私の手に「ポン」と一瞬
触れました。
これまではガッツリ出ていた爪は全く出ておらず、完全に「早くちょうだい」
の「ポン」です(*゚Q゚*)
肉球の感触がまだ手の甲に残っています。
すこ~し、モモヨちゃんの心の扉が開きました(*≧∪≦)

では、モモヨちゃんが我が家に来てからこれまでの続きです。

ももよちゃん捕獲時

アラアラ私としたことが・・・(覚えてます??こんな捕獲時でした)

捕獲したその日に動物病院で避妊手術を受け、一泊入院をして我が家に
やってきたモモヨちゃん(当時は鏡子さん)

モモヨちゃんは一旦みんなと一緒のケージに入りましたが、あっという間に
そのケージを飛び出し、それからは徹底的に窓際で逃げる隙間を探そうと
していました。

人が近づけば最大限のフーッとシャアアアアアーーーo(`ω´ )o です。

2~3日した後は、逃げ道はないと悟ったのか、徹底して人から身を隠す
ことに作戦変更のモモヨ嬢でした。

居るのは確かだけど、(でかいウン○がある、ご飯を食べている)目視での
存在確認もほとんど出来ず、全く人馴れしようとしないモモヨちゃん

このままでは何も始まらない(そもそも何かあったとき医者にも連れて
行けない)、というわけで、モモヨちゃんには専用ケージでお過ごし頂く
ことにして、件のネコつかいさんに捕獲してもらったわけです。

ももよちゃん書斎ケージ5(不機嫌)
不本意だわ

ももよちゃん書斎ケージ4(不機嫌)
とにかく不本意だわ

ももよちゃん書斎ケージ2
まったくもって不本意だわ!!(*`皿´*)ノ

と、ひたすら不満げな表情のまま、約1か月2段ゲージの中でモモヨ嬢は
お過ごしになりました。

その間、子ねこや茶色ママが人間たちとふれあい甘えたり楽しく遊んだりする
様子をモモヨ嬢はケージの中から見てるのですが、表情は硬いままでした。

で、子猫が居なくなったので、ママたちは人間の日常生活が見られる
リビング隣接の和室にお引越し頂きました。
(和室はピーパーがすくすく育った日当たりの良い、ニャンコの間)

モモヨちゃんは、基本的に慣れるまでケージにお籠り頂くしかないので
天井近くまである3段ケージに住んでもらっています。

ももよちゃん和室ケージ白餅のせ

モモヨ御殿、又はモモヨタワー

コテツ君とヒメちゃんのと同じかも
ヒメコテツ

ちょっと違うかな


とにかく、人がいるとフーシャーパッパッと威嚇に忙しいのですが
周りで遊ぶネコたちや、ちょっかいを出しに行くネコには普通に接してます。

ももよ嬢を囲む猫たち

○チガイはるちゃんとも仲良くなったよ

ちなみに我々は、どちらもガタイのいい体育会風のコワモテです。

そんな我々ですが、毎日、モモヨ嬢を攻め落とすべく、

「モモヨちゃん、おはよ~」だの
「今日もかわいいね♡」だの

あの手この手で籠絡すべく、日々頑張ってます。

ももよ嬢
やだわ、この人たち 変態だわ

最初はとっても厳しい目つきで、「パッ」と「フゥーーーッ」しか
言わなかったのですが、最近はお目目も丸くなってきて、心なしか
表情も温和になってきた気がします。

そろそろ和室限定でケージからお出まし頂く日も近いです。

モモヨ城落城の日が来ましたら、またこちらでご報告いたします。

今日は長くなりましたので、今度の記事で、茶色ママのことをご紹介いたします。




松ねこ


タイトル画像

ワラワラのママたち(白ママ編)

2017.03.08(07:00) 386

どうも!ワラワラ保護主のTです!

子猫たちが皆それぞれの家族の元に巣立った今、ワラワラ組は
自然に解散されましたので、もはや元ワラワラ保護主Tといった
方がいいでしょうか。

まあ、気にしてる人いませんよね、そんなこと(*´~`*)
では、さっさと気になるママたちの今について書いていきましょう。

ももよちゃん書斎ケージ1

なによ

はい。鏡子さん改めモモヨちゃんです。
鏡子さんというのは松ねこで捕獲したときに仮に呼ばれていた
名前です。
我が家では、里子に出すと固く心に誓った子たちには決して
名前を付けません。
なぜなら、名前を付けた瞬間に、半分以上うちの子みたいに
なってしまうからです。
ですので、子猫たちもママ猫たちも、それぞれの模様で呼んでいました。

茶トラズ

茶トラ

キジ三毛と茶白

キジ三毛

茶白

茶白

白1
白2

白その1 白その2

茶白と薄茶

薄茶

大谷君

大谷君

最後だけは例外です。うちに居たの、わずか1週間ぐらいでしたし、保護した
2日後ぐらいには里親希望者さんが決まってましたから。

そして、ママたちは

ももよちゃん書斎ケージ3
白ママ

茶色ママ書斎でママ時代アップ

茶色ママ


と呼んでおりました。

ところが、2~3日経って、降りてきてしまったんです。

ももよ

という三文字が、白ママを眺める私の脳内に!


名前が降りてきてしまっては仕方ありません。
まあ、元からすぐに里親さん探すのは難しそうな子だね、しばらく
我が家にご滞在頂くかね(そもそもうちで引き取るしかないかね)
というような話をしてましたので、白ママは「ももよちゃん」として
我が家での生活をスタートさせました。

ももよ嬢を囲む猫たち
ももよちゃん和室ケージ白餅のせ

そしてこれが現在
モモヨ城に籠城するモモヨ嬢

モモヨちゃんは、人が怖くてたまらなくて、ちょっとでも人間の気配が
すると引き出しの影や本棚の下など、ありとあらゆる場所に逃げ込ん
でました。
決して人前に姿を現さない、まぼろしのネコ、モモヨ・・・

そんなモモヨちゃんの、捕獲からこれまでの様子は明日に続きます。

松ねこ


猫2家族のこれから
  1. ももよ嬢な日々(04/29)
  2. ワラワラ達の番外編2(僕らが里子に出す理由)(04/12)
  3. ワラワラ達の番外編(04/11)
  4. ワラワラのママたち4(茶トラママ編)(04/02)
  5. ワラワラのママたち3(茶色ママ編)(04/01)
  6. カルテにはvery good!!と書かれていた(03/23)
  7. ペット保険入ってますか??(03/22)
  8. そなえよつねに(03/21)
  9. ワラワラのママたち2(モモヨ編)(03/09)
  10. ワラワラのママたち(白ママ編)(03/08)
次のページ
次のページ