タイトル画像

里親さま通信「マルコ」 続きです

2017.07.23(07:00) 544

続きもSおばさんです。
さあマルコVSナルトだあーーマルコの運命やいかに?!

まるこ11

ご先祖様~ナルトと仲良くなるにはどうしたらいいですかあ~?
ボクは後っ子だし、ナルトが気に入らないのも分かるけど。
でもナルトだって保護団体卒業してここんちの子になったんだよ。
おんなじ境遇だもん、仲良くなりたいです。

まるこ3

ん、半分だけ見えているのは犬?!
そーなんです。先住犬のハッピーちゃんです。
ナルトとはなかなか仲良くなれなかったけど、ハッピーはすごくよい子で、マルコはすぐ仲良しになれました!
きっとナルトとだっていつかは

まるこ7

あーたね、ナルトと仲良ししたいって、その目つき真逆じゃね?!

まるこ1

ぎゃあーーリードに繋がれたよーー!
ナルトが悪いんだよーー。

まるこ10

ふん、ぼくだってリード付きさ~。こんなものなければマルコやっつけてやる!!

まるこ6

はああーため息がでますう。現在は、写真の様にやっとノーリードの生活が出来る様になったそーです。
飼い主さまはどれだけ努力してくれているのかしら~?
大人のオス猫同士は大変です。、ほぼ1年かかったとの事。やれやれ・・

フツー成猫オスのいる家に成猫オスを迎えるのは大変な事と想像出来ます。
でも飼い主さまは、マルコの境遇を理解してあえて大変な選択をして下さいました。
そして、惜しまない努力をなさって下さいました(涙)
最後はこのショットで!

まるこ4

ハッピー、マルコ、ナルト、がお届けします!
飼い主さまには感謝の言葉しかありません。
本当に有難うございました!














スポンサーサイト

松ねこ


タイトル画像

ポチたまハウスつづき

2017.07.16(07:00) 526

Sおばさんのポチたまハウスのご報告、この前は進の介で終わっちゃたから、つづきです!

013_20170625143802171.jpg

こちらは、人間じいやよりもお年な「じーじ」(まんま)
自分の個室もお持ちですが、散歩に行った後は暫くデッキでお過ごしです。

010_20170625143804689.jpg

というのもお部屋は、し・も・べ・がベットメイキングしているから~。
おおい~手を抜くなよ~わしゃ部屋でゆっくり昼寝したいからなあ~。

因みにじーじも引き出し犬でした。
もうお年寄りだから譲渡しません。
ここでのんびり過ごして頂きます。

009_20170625143805452.jpg

外には進の介以外に甲斐ちゃんという男がいます。
何があったのか…甲斐ちゃんは噛み癖があり、私の様な犬の素人には手が出せませんのでお散歩はナシです。
長いランニングチェーンでお散歩気分を味わって頂いてます。

011_20170625151153b2c.jpg

事務所の中には「ぼくちゃん」がいます。
この子も噛み癖があり、時々専門の犬プロより指導を受けています。

014_20170625151154813.jpg

猫舎に山積みされているのは、皆様から頂いたフード類です。
このシェルターだけではなく、会員の自宅にも沢山の犬猫が保護されていますので、それらの子達の分もあります。

015_20170625151242b6f.jpg

あら、やっとワタクシ?!
わたくし「ゴージャス」が最後?
松ねこさんて、猫よね~。
だったらわたくしをメインにブログしてよーー。

ゴージャス人馴れしていないから書く事なし。
ハウス記事終了、終了。

追記

有難うございました

差し入れ体重計

先日F様より、動物用の体重計と処方食の缶詰を頂きました。
体重計は沢山の保護猫がいるYさん宅で、缶詰は腎臓病食を食べる子のいる I さん宅で、それぞれ使わせて頂きます。
お暑い中お届け頂き感謝申し上げます。


松ねこ


タイトル画像

ポチたまハウス

2017.07.15(07:00) 521

Sおばさんは松ねこのメンバーでもありますが、取手市に拠点をおき精力的に活動している「ポチたま会」の会員でもあります。
会は「ポチたまハウス」という保護犬猫のシェルターを運営しており、私はじいやと一緒に週イチ位でお手伝いに行ってます

007_20170625143759db1.jpg

自宅からハウスまで車で1時間位の距離がありますので、到着するのはいつも9時位。
さあ、まず何はさて置きお散歩です!
お利口にリードを付けさせている犬は「進の介」。
実はセンター、つまりは保健所からの引き出し犬です。

取手市のある茨城県は、特定の団体と提携して、本来殺処分されるかも知れない境遇の犬や猫を譲渡しようと努力しています。
これは茨城に限らず色々なところで行われている事です。
ポチたま会は、保護譲渡が出来る会と県から認められ、シェルターに空きが出来ると(つまりは譲渡が完了して空き部屋があるという事)県のセンターに行き、犬を連れて帰ります。これを、センターからの引き出し犬と呼んでいます。

008_20170625143801961.jpg

進の介はどの様ないきさつで保健所に連れてこられたのでしょうか…。
人間大好きな彼には家族がいたはず。
過酷な運命をくぐり抜けて、やっとこうしてフツーに散歩が出来る様になりました。
皆様(涙)しません???
引き出し犬に出会うと、その向こう側(引き出されなかった)を想像して、いつも胸が締め付けられます。
じいや!ヨロヨロしている場合じゃないよ~お散歩しっかりね!

012_20170625151148d89.jpg

ごはんだ、ゴハンだ嬉しいなあ~!
でも、ドライが多くね?!
ぼくウエット食べたいんだけど…

と言う割にはペロッといってんじゃん(o‘∀‘o)*:◦♪
元気な進の介のお陰で今夜も旨い酒が呑めっと(茨詭弁でした)

<お知らせとお願いです>
いつもブログをご覧の皆様、本当に有難うございます。
突然ブログの管理者になってあわてふためいているSおばさんです。
ブログ管理と同時にyahooメールもわたくしの担当になりました。
わたくしの私生活は?と申しますと、年金受給者そのもの、朝はのんびり昼メシ抜き夕飯は4時から酒とともに始まります。
ですから本来コマメにメールをチェックしなければいけないのですが、今までのズボラな生活を引きずってしまい、どうしても直ぐにお返事が出来ません(T_T)また、自宅でしかメールを見られませんので(ケータイはガラのままです)外出時間が長いと、またまたチェックが遅れます。
ご迷惑をおかけしない様に極力頑張りますが、張り切ってしまうと長続き出来ませんので、どうかご了承下さい。
夕方以降のメールは翌朝、当日17時位までのメールは当日なるべくチェックしてご返信差し上げたいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。













松ねこ


タイトル画像

気持ちが素晴らしい

2017.07.09(07:00) 518

こんにちは、元ワラのTです。

最近、松ねこに手を貸してくださる方々が少しずつ
増えてきました。
皆さま、出来ることがあれば出来る範囲でやります
と言ってきてくださっており、本当に嬉しい限りです。

出来ることを出来る範囲で、これも松ねこの大事なモットーです。
決して何かを無理強いすることはありません。
その方の自発的なお気持ちが、一番有り難く尊いことだと思っています。


私が偶然の出会いでワンニャンを我が家に受け入れることに
なるまで、とあるワンコの保護活動をされている方のブログを
愛読していました。

センターの冷たそうな床の上から見つめるワンコの写真を
何とももどかしい気持ちで見ていました。

その時の私は、文字通り見ていることしか出来ませんでした。

「助けてあげたい、でも、うちはペット不可だから」

「一時預かりだけでもやってみようか、でも家族が反対するかな」

とか、とにかく「でも」と付けて言い訳ばかりでした。


「でも」偶然の出会いで家族が連れて来た子犬達の里親探しを
して、さらに別の偶然の出会いでやってきた汚バサンと暮らす
ようになって、なんてくだらない言い訳ばかりしてたんだ、と
思い知ることになりました。

そうなんです。やってみるとできちゃうんです.゚+.(・∀・)゚+.

そのブログの方は、いつも出来ることを出来る範囲でやって
みてください、時間がある人はボランティアのお散歩やお世話
時間がない人はわずかでも良いからお金を出す、そして一番いい
応援として、「いつか自分で一匹でもいいから受け入れてみて下さい」
と、ある日の記事で書かれていました。

汚バサンを受け入れることになった時、私は一番良い形の貢献が
出来たと、本当に嬉しく誇らしく思いました。

そこからあれよあれよとニャンコが増えてきましたが、これらは
全部偶然の出会い。
困ってる子が居る時に、うちの座席に余裕があれば受け入れると
いうスタンスでやってきました。

こうやって、実際に自分で困っている子を受け入れることが出来る
ようになるまで、なんだかんだ言って5〜6年はかかったと思います。
それまでは保護犬保護猫ブログを見て、いつか受け入れたいな、と思い
ながらモジモジ暮らしてきました。

なんだかとりとめが無くなってきましたが、言いたかったのは
「でも」はひとまず置いといて、やってみちゃうと意外とできちゃう
ということです。

そして、そこに至るまでの「困ってるニャンコワンコをなんとかしたい」
という気持ちが一番大事で素晴らしいモノだと思っています。

だんだんみんな気がついてきています。

ショーケースに入った犬猫をお店で買うのって、なんか変じゃない?
子犬子猫を煌煌と蛍光灯が照らし続ける小さい箱の中に単独で陳列しているの
って、不自然じゃない?
売れ残った子たちは、どうなるの?
良いブリーダーと悪いブリーダーって、どうやって見分けたら良いの?

そういう現実を知ろうとする気持ちも、とても素晴らしいと思います。

また、

野良猫が子ねこを連れて歩いてるけど、この子達はどうなるの?
けがをしたボロボロの野良猫が最近現れるけど、何か出来ないかな?
大雨の日に、あの公園で見かけるあのニャンコはどうやって雨をしのいでるのかな?

こうやって気にかける気持ちも、本当に素晴らしいと思います。

そしてそこから一歩、踏み出してみると、もっといろんな景色が広がるし
意外とその一歩を踏み出すのは簡単なんです。
ああ、もっと早くやれば良かった、と思うものなんです。

最近、その一歩を踏み出そうとして下さる方が徐々に現れて来て
くれていることを、本当に本当に嬉しく思います。

というわけで、まずは譲渡会に行ってみましょう!
松ねこでなくても良いのです。
各地で各団体がたくさん譲渡会をやっています。

そして、すぐに家族に迎えられない時は、せめて代わりにお世話
してくれている人たちに、気持ちでいいので支援をしましょう。
譲渡会で退屈してそうな猫と遊んであげる、猫におやつを差し入れる
募金箱に10円でもいいから入れてみる。なんでも良いんです。
ブログを見てくださって、拍手をしてくれるのでも良いんです。
そして、周りで猫が欲しいな、と言っている方がいたら「こんな
ブログがあるよ」と、保護猫保護犬という選択肢があることを
その方に教えて下さることも、立派な支援の一歩です。


何よりもまず大事なのは気持ちです。
そして、次に、気持ちが抑えられなくなったらちょっとしたことで
良いので、形にしてみませんか??

譲渡会でお待ちしています(´∀`σ)σ




松ねこ


タイトル画像

老猫べたのお話

2017.07.05(07:00) 520

松ねこブログをご覧の皆様は、Sおばさん宅の老猫べたちゃんをご存知かと思います。

017_2017062512403765b.jpg

1999年9月に1歳(多分)位で保護しましたので、今年9月がくれば最低でも19歳~あるいはもっと上かも?という老猫です。
昨年9月に食欲が低下、顎に悪性腫瘍もみつかったので、もう来年は無いもの…と覚悟しました。
が、スゴいですねーー。
今年も、もう半分生きています!!

001_201706251240391dc.jpg

もうトイレをまたぐ事が出来ず(生まれつき両前足に傷害がある事も原因かも)居住空間はペットシーツの上です。
いつも上手にシーツを使っていますが、体調が悪い時など手足につく事も…

002_20170625124040e43.jpg

リアルでごめんなさい!!
食事しながらスマホで記事を読んでいる方、失礼しましたw( ̄o ̄)w

でも、人間でもそうですが介護にはつきもの、猫だって全ておんなじ。
しかも24時間体制。
ワタシは年金生活者ですから、じいやと二人基本在宅しています。
そのお陰で、べたちゃんをシッカリ看る事が出来ますから幸せではあります。

022_2017062512404239c.jpg

そういう風な生活を続けていたべたでしたが、今年5月上旬、実は他界しそうでした…。
急に食欲が低下、昨年の9月と同じ様な状況になりました。

私は中旬から香港旅行を予定し、べたは懇意にしている獣医さんにお願いする積もりでした。
ところが先生、この状況ではお預かり出来ない、と言うのです。
まだ、もうちょっと頑張れるのかな…と思っていた私は、この言葉を聴いて、ああもうダメなんだとはっきり理解しました。

023_20170625124043e82.jpg

それからは、もう予定という予定はカタッパシからキャンセル。
一日中ベットルームに閉じこもり、べたの側を離れない生活を続けました。
まあお陰でたまっている本が読めました。

そうこうしているうちに…あらら、ちょっとづつ食欲が戻ってきたぞ!
本来なら香港から帰国する予定日には、かなり食べ始めたーー!
先生、お、お話がちがうんじゃありませんかああ

005_20170625124151036.jpg

おかあさん、そんな事言ったらべたがかわいそーだよ。
あたし何だか頑張っちゃた

そうだね、せっかくあっちからこっちに戻って来たのだから、じいやと二人もうちょっと面倒看させて頂きます。
じいや → こっちのが先にあっちに行くんじゃねえの!まったく。。。
まあそう思わない分けでもありませんが、もうちょっとだと思うんでよろしくね!

松ねこ


タイトル画像

松ねこ

2017.06.28(07:00) 513

2014年の5月ある日
私Sおばさん、Yさん、Iさん、の住む街にポスターが張られました。
それはとてもショッキングなもので、
「成猫17匹、子猫8匹を飼育出来なくなりました。OO日には保健所連れて行きます。どなたか飼育して下さい」
という内容でした。

それを見た Iさんは、既に20匹程の猫を保護していたのにも拘わらず、迷った挙句に全頭保護する覚悟をしてしまいました。
2014年5月29日移動が行われ、総勢25匹が Iさんの元に来たのです。

022_20170620124253cc9.jpg

目をまんまるにして、怯えているのは、先日他界したももちゃんです。

025_20170620124254eb9.jpg

この子達は不妊手術も施されていませんでした。
勿論ワクチンも血液検査も。。。

040_20170620125205f35.jpg

色々な団体様のご協力により、大和市の山口先生が Iさん宅まで出張手術に来てくれました。

039_2017062012520256e.jpg

幸い全ての猫はエイズ白血病がマイナスで、無事ワクチンも打つ事が出来ました。
元飼い主は全く費用を負担せず、出来ず、結局 IさんYさんの負担となりました。

129.jpg

子猫は生後1か月前後、保護中8匹のうち1匹が他界してしまいました。。。

何故、今ごろこの記事かと言うと、これがきっかけで、「団体としての松ねこ」が作られたのです。
そしてちょうど3年たった今の事情を少しお話させて下さい。

私S、Yさん Iさんは、勿論町内の顔見知りで、お互い個人で、保護したりTNRをしたり、その度に協力する間がらではありましたが、それは個人の域を出ない活動でした。
しかし、今回は個人で保護するには数が多すぎる。
さらに最大の問題、譲渡が残っています。
そこでお知り合いになったのが、アニファ動物病院での譲渡等を担当していたMさんです。
Mさんは無償で会場の提供を提案してくれましたが、個人さまとのお付き合いは出来ないので、団体という形をとって下さい、と要望されました。
バカなSおばさんは、何て名前にしようかなあ…そういえば船橋市に「ふなねこ」ってあったわ~じゃあ「松ねこ」ね、って感じ\(^o^)/全く、ど素人おばさん数人でのスタートです。

皆さんに助けられて助けられて、あれから3年頑張る事が出来ました。
そしてこれはいつも言う事なのですが、助けられる事があっても、もうもはや自分達保護以外の猫を助ける余力は残ってない、という事。そして今同じような状況の猫がいたら、残念ながら手を差し伸べる事はできないでしょう。。ツラいですが、それが現状です。

昨年から1年半、毎日ブログを担当して下さいましたTさんが、仕事の事情で担当をはずれる事になりました。
(松ねこにはTさんが2人おりまして、元わらわら組のTさんは引き続き担当をしてくれます。ご安心下さい
「毎日更新」ですよ!これがどんなに大変な事が今になって理解しました。
そのお陰で「ブログを見て譲渡会に来ました」というお客様が大半をしめる様になりました。
ありがたい事です。
しばらくはTさんのご協力のもと、今後はSおばさんが担当したいと思いますが、ごめんんさい!
今までの様に毎日更新出来ないし、コメント、メールにも直ぐに返信出来ないかと思います。
ほ・ん・と・う・に、ほそぼそのブログになると思いますが、土曜日のアニファでの譲渡会は必ず開催したいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!

004_2017062012520657d.jpg

ねえねえ、Sおばさんって家のお母さんじゃん?!
うんそうだね、あんな年寄りで大丈夫なの~。
おまけにPC大嫌いでしょ。心配だなあ。

わたしが一番不安じゃい







松ねこ


タイトル画像

新緑の季節に・・・

2017.06.19(07:00) 510

今日は久しぶりにSおばさんが担当させて頂きます~\(^o^)/

皆様、このお部屋覚えてらっしゃいますか?
「お部屋訪問」シリーズ(あったっけ?)でご紹介しました、黒猫くーちゃんと三毛ねこぱーちゃんのお住まいです。
お二人はエイズキャリアなので、この部屋だけの生活ですが、結構ご満足下さっているよーです。


007_20170613143539eda.jpg

010_2017061314354246e.jpg

う~ん、今日は気持ちいい日だなあーー!
とぱーちゃんがおっしゃっております。

実は、この記事、新緑に合わせて皆様にお届けする予定でしたが、、、梅雨になりましたね(#^.^#)
余り気にせず行きましょう とぱーがつぶやいて下さいました。

009_20170613150057b69.jpg

ケージの上にいたくーちゃんも、ホント気持ちいい緑だわん~ぱーもこっちに来て見れば?

011_20170613150100013.jpg


あら、ホント。
新緑って新しい命だよねえ・・・私達もうおばばで、じきに枯れ木になっちゃうけれど、こんな時もあったね!!

うん、あったあった!
でもアタシタチ外猫だったから、結構苦労したよね(涙)
7年前に保護されて、暫くは「ポチたまハウス」で生活したじゃん。
イマまでは自由に外を走っていたから、馴れない部屋生活は辛かったね・・・

でも馴れてしまえば、あの不安な外生活はもうイヤ!て思うよねーー。

012_20170613150101a32.jpg

この後
この生活が出来て、私達は飢えや寒さから開放されたけど、まだ外にいるたっっくさんいる「私達」にも、一日も早く不安のない生活が出来ますように、おばさん頑張ってね~
とくーちゃんに言われてしまいました。
う~ん、おばさんもくーちゃんと同じ位ばばだから、そんなに頑張れないよーーと、言うと

014_20170613150101e0e.jpg

たった1本になった歯で、じーと見つめられてしまいました!
しかも、うるうるしてるではありませんか?!
って、これは慢性疾患なだけでした(笑)

その頃、隣の部屋では

012_201706131501033e2.jpg

ととも身を乗り出して、外を眺めていたので
「ばばだけじゃなく若いととちゃんも新緑に感激してるのね!」と思ってその先を看てみたら

015_201706131503365f0.jpg

あらら!可愛いスズメさん、しかも恋人だよこりゃあ(*´∀`人 ♪

お天気が良いと、猫もおばさんも幸せな気分になれる、という一日でした。

ご連絡
 少し仕事が立て込んでしまいまして、、申し訳ありませんが明日よりブログが不定期になるかもしれません<(_ _)>
何卒ご了承下さいませ・・


松ねこではボランティアさんを募集しております。
シェルターのお掃除と給餌、捕獲した猫の病院搬送、保護猫の預かりさん、出来る時に出来る事をで大丈夫ですので、力を貸して頂けると助かります。
お問合せは右記のメールアドレスへお願い致します<(_ _)>
※PCからの返信を受信できるメアドからお願いします。




松ねこ


タイトル画像

イス取りゲーム

2017.06.18(07:00) 501

こんにちは。元ワラのTです。

今日は犬猫を取り巻く環境について少しお話させてください。

私がかつて、愛読していたワンコのブログに、その一文はありました。


「現在の日本の犬や猫は、この世に生まれた瞬間から
苛酷なイス取りゲームをしてるようなもんなんです」

というものです。

その後ずっと、このフレーズは私の心に刺さったままです。

これは、需要に対して供給が明らかに過剰であることを言っています。
犬に関しても猫に関しても同じです。

その一文は、ペットショップで買った純血種の犬同士を素人が
交配させて、子犬を産ませようとしていることに「ちょっと考えたら」
と言う内容の記事のなかにありました。
そもそもペットショップで買うこと自体、過剰な供給に加担すること
になるのですから、本当はそこから考えてほしいのですが、せめて
それ以上増やして加担するなよ、ということです。
(ペットショップの犬猫を素人が交配させることの問題は、他にもあります。
産まれてくる子に障害が発生したらどうするか、とか。近親交配を避ける
血統の管理なんて出来るの?とか。珍しい犬種であるほど、危険は高いです。)

犬や猫と暮らしたい、という方はたくさんいらっしゃいます。
ただ、その、家庭に用意された犬や猫のための「イス」は限られています。
せいぜい、一家にひとつかふたつです。

これに対して、猫や犬はドンドンドンドン産まれて(産まされて)います。
需要をはるかにしのぐペースで産まれているので、まだまだ殺処分もあります。
(殺処分というのは、毒ガス室で窒息死させるものです。決して安楽死ではありません)

これが日本の現状です。
特に、松ねこの活動県は、全国ワースト2位の殺処分数が続いています。

最近は、先人たちのお陰でかなり環境が変わりました。
動物を収容するセンターの人も、飼い主探しに懸命になってくれています。
犬や猫を引き出して飼い主探しをする団体も増えました。

それでも、まだまだです。
イスは足りていません。


特定の種類の犬猫が欲しいと、ブリーダーさんなどから買うことは
否定しません。

ただ、過剰に供給している「ペットショップ」から動物を買うことは
ちょっと考えてみてほしいのです。
過剰な供給に加担して、席を奪われた子たちが殺処分になるのに
手を貸しているようなものかもしれないのです。

買う人が居なければ、供給はありません。
ペットショップは、生体販売で、ではなく、グッズやフード、トリミング
などで商売すればいいのです。

あと、別の人のブログで、もう一つ、心に刺さったままの一文があります。
この方は、一人またはご友人と複数でセンターを訪れ、個人で引き出し
やシャンプーボラを続けて来られた方です。
今のようにセンターが前に比べてオープンになり、いろいろな団体が
引き出しが出来るようになるずっと前から、固くて重くて冷たく閉ざされた
センターの扉を何度も何度も何度もくぐって、少しずつ少しずつ今の流れを
作ってくださった方です。

その方のブログに、センターの方の言葉として、ありました。

「蛇口を締めなければ、現状はいつまでたっても変わらない」


むやみに増やさないよう、その子の体が許すのであれば、不妊手術も
どうぞ宜しくお願い申し上げます!!

(手術しないのであれば、徹底した管理をお願い致します)


松ねこではボランティアさんを募集しております。
シェルターのお掃除と給餌、捕獲した猫の病院搬送、保護猫の預かりさん、出来る時に出来る事をで大丈夫ですので、力を貸して頂けると助かります。
お問合せは右記のメールアドレスへお願い致します<(_ _)>
※PCからの返信を受信できるメアドからお願いします。



松ねこ


タイトル画像

喜びは無限大

2017.06.11(07:00) 499

まいどどうも!元ワラのTです!

猫を飼われている皆さま、お宅の猫さまは複数ですか?
猫を飼いたいと思われている皆さま、一匹が希望ですか?多頭を考えてますか?

猫自身の性格や性質にもよるので、一概にどちらがいいとは言えませんが
私は諸々の条件が整っており許されるのであれば、多頭をおススメいたします。

005_201706061310364d8.jpg
あら、私は一身に愛を受けて飼い主さんを独占したいワ♡


スコちゃんみたいな子は別です。
ああいう子は一匹で可愛がってもらうのがいいような気がします。
まあ、猫も状況も変わるので、予期せぬ出会いで仲間といちゃつくスコちゃん
というのも出現するかもしれませんが


では、複数の何がいいのかって?

よくぞ聞いてくれました(=∀=)



まず、飼い主が嬉しい!楽しい!!+゚。*(*´∀`*)*。゚+



まあ、それに尽きます 笑


猫達にとっては、遊べる相手が居る、お昼寝の仲間が居る、
お留守番の相棒が居る、近からず遠からずでも、他の子が
居ると落ち着く、とか、そんな利点があるでしょうか。
猫に聞いてみないと、正確なところは分かりません

特に猫を初めて飼う方などは、不安だから1匹から、と猫を連れて
行かれますが、だいたいその後、ほどなくして2匹目を求めに来ら
れます
そして、2匹目を迎えたことを、皆さま大そうお喜びになっておられます。

あんず&まろん5122
あんず&まろんも

1引き出しの2匹
クロエとアルテミスも

ペッパー&ソルト

ソルト&ペッパーも


1匹連れて行った後に、やっぱりもう1匹も一緒に!!
と引き取って頂いて、皆しあわせを謳歌してます♪


ですので、言いたいことはただ一つ。

希望の子に兄弟猫や馴染みの猫が居る場合は、2匹一緒に譲渡して
もらうのがいいですよ~\(^o^)/

すでに飼っている子の相棒として、とか、複数飼っている中に新たな
仲間として迎える場合は無理に2匹以上で譲ってもらう必要はもちろん
ないです。
(クロエとアルテミスのお家には、すでにたくさんの先輩たちが
居たので、最初はクロエだけでしたが、やはりせっかく兄弟で
居るなら・・・とアルテミスも後で迎えて頂きました^^)

ただ、新たに猫を飼います!みたいな場合は、まず間違いなく(?)
2匹目が欲しくなります。
後でその子に合う子を、と探すと、相性がどうかなどの見極めには
神経を使うことになります。

であれば、最初から仲良しの子たちをセットで譲渡してもらうのって
利点しかないと思うのです。
すでに出来上がってますから!!

という訳で、セットでいかがでしょう??

ちーぼー&ちゃみ4
ちゃーぼーとちゃみは、兄弟じゃないけど大の仲良し(* ´ ▽ ` *)


猫の居なかった生活の中に、猫が一匹加わったら、ご飯のお世話
おトイレのおそうじ、猫とのふれあい、などなど、これまでになかった
猫との諸々が加わりますので、これまでの猫ゼロ生活から、猫イチ生活
に変わります。
ゼロか、そうでないか、の差は大きいです。

しかし、猫イチになった後、猫が2匹、3匹増えたからと言って猫にかかる
時間が2倍、3倍になる感じは致しません。
私の実感としては、猫が1匹から2~3匹に増えても、手間は1.2~1.5倍
程度?という感じです。
(そもそも世話が大変と思う時点で、止めておいた方がいいんじゃない
ですか~と言う感じです・・・(*´~`*)まあ、すぐに猫さまの魅力にノック
アウトされて、そのうち喜んでお世話はさせていただきます!○ンコ片づ
けるのが楽しい毎日!になりますけど 笑)

これに対して、猫が増えたことによる喜び楽しみと言ったら、半端ないです!!
倍なんてもんじゃなく、それこそ無限大v(o゚∀゚o)v

ですので、お金はかかりますが、もし、その点も許すのであれば、おススメですよ~
大人猫+大人猫の譲渡も、もちろん積極的にお問合せくださいませ!!


松ねこではボランティアさんを募集しております。
シェルターのお掃除と給餌、捕獲した猫の病院搬送、保護猫の預かりさん、出来る時に出来る事をで大丈夫ですので、力を貸して頂けると助かります。
お問合せは右記のメールアドレスへお願い致します<(_ _)>
※PCからの返信を受信できるメアドからお願いします。




松ねこ


タイトル画像

これからの季節

2017.05.30(07:00) 490

一歩一歩と夏へと近づいていますが、夏を迎える準備はお済みですか?

暑くなってくると、今まで閉めていた窓を開けて涼しい風を楽しみたいですよね。
そこで今日は、色んなお宅の脱走防止を拝見させて頂きました(^_^)/

先ずは参考例のひとつとして去年のブログから→こちら

それではお宅拝見出発

≪すのこバージョン≫

すのこ1

先ずは、すのこを窓枠のサイズに切りそろえます。

すのこ2

窓枠サイズに作ったすのこを、網戸と内側のガラスの間に収めて出来上がり
取り外し方は、内側の窓を開け網戸を開けると簡単に外せるそうです。

≪100均網バージョン≫
多分1番使われている素材ではないでしょうか?

脱走防止100均

壁掛け式フックを使って結束帯で固定しています。

スコ家1

ここは丁度窓枠のサイズとピッタリあっているのかな?

すこ5162

こちらは、サイズがあわない分組み合わせて使用しているようです。

≪突っ張り棒バージョン≫
DSC_1332.jpg

こちらは玄関先の脱走防止だそうです。
ふふふ猫が写り込んでいるからどちらのお宅か分かってしまいましたね!あんずちゃん。
上下を突っ張り棒で布を通しただけ。
制作時間は棒を通す部分を縫ったわずか数分。
費用も100均で突っ張り棒2本、メーター300円の布で合計540円だそうでお見事です

今の季節、換毛期でブラッシングが欠かせません。
心なしか猫の方もブラッシングを終えると、シャワーを浴びてきたようなスッキリしたお顔になります
今年は猛暑予報が出ているので、長毛の猫ちゃん達は、早めのサマーカット等で少しでも快適に夏を乗りきってもらいたいですね。


松ねこではボランティアさんを募集しております。
シェルターのお掃除と給餌、捕獲した猫の病院搬送、保護猫の預かりさん、出来る時に出来る事をで大丈夫ですので、力を貸して頂けると助かります。
お問合せは右記のメールアドレスへお願い致します<(_ _)>
※PCからの返信を受信できるメアドからお願いします。










松ねこ


未分類
  1. 里親さま通信「マルコ」 続きです(07/23)
  2. ポチたまハウスつづき(07/16)
  3. ポチたまハウス(07/15)
  4. 気持ちが素晴らしい(07/09)
  5. 老猫べたのお話(07/05)
  6. 松ねこ(06/28)
  7. 新緑の季節に・・・(06/19)
  8. イス取りゲーム(06/18)
  9. 喜びは無限大(06/11)
  10. これからの季節(05/30)
次のページ
次のページ