タイトル画像

これからの季節

2017.05.30(07:00) 490

一歩一歩と夏へと近づいていますが、夏を迎える準備はお済みですか?

暑くなってくると、今まで閉めていた窓を開けて涼しい風を楽しみたいですよね。
そこで今日は、色んなお宅の脱走防止を拝見させて頂きました(^_^)/

先ずは参考例のひとつとして去年のブログから→こちら

それではお宅拝見出発

≪すのこバージョン≫

すのこ1

先ずは、すのこを窓枠のサイズに切りそろえます。

すのこ2

窓枠サイズに作ったすのこを、網戸と内側のガラスの間に収めて出来上がり
取り外し方は、内側の窓を開け網戸を開けると簡単に外せるそうです。

≪100均網バージョン≫
多分1番使われている素材ではないでしょうか?

脱走防止100均

壁掛け式フックを使って結束帯で固定しています。

スコ家1

ここは丁度窓枠のサイズとピッタリあっているのかな?

すこ5162

こちらは、サイズがあわない分組み合わせて使用しているようです。

≪突っ張り棒バージョン≫
DSC_1332.jpg

こちらは玄関先の脱走防止だそうです。
ふふふ猫が写り込んでいるからどちらのお宅か分かってしまいましたね!あんずちゃん。
上下を突っ張り棒で布を通しただけ。
制作時間は棒を通す部分を縫ったわずか数分。
費用も100均で突っ張り棒2本、メーター300円の布で合計540円だそうでお見事です

今の季節、換毛期でブラッシングが欠かせません。
心なしか猫の方もブラッシングを終えると、シャワーを浴びてきたようなスッキリしたお顔になります
今年は猛暑予報が出ているので、長毛の猫ちゃん達は、早めのサマーカット等で少しでも快適に夏を乗りきってもらいたいですね。


松ねこではボランティアさんを募集しております。
シェルターのお掃除と給餌、捕獲した猫の病院搬送、保護猫の預かりさん、出来る時に出来る事をで大丈夫ですので、力を貸して頂けると助かります。
お問合せは右記のメールアドレスへお願い致します<(_ _)>
※PCからの返信を受信できるメアドからお願いします。









スポンサーサイト

松ねこ


タイトル画像

おひょい君のご報告3 ラスト

2017.05.19(07:00) 474

今日は結論が出ます。Sおばさんがきちんとご報告します

おひょい3


4月30日、おばさん2人、再び病院を訪れ再びおひょいの説明を求めます。
先生はとっても!!良いセンセイでイヤな顔など全然です!
まあ2人とも2~30年のお付き合いですから気心は知れています。
こんな獣医さんはとても貴重な存在です。

027_201705141234333c8.jpg

これは、血液検査の結果です。

028_20170514123435fd1.jpg


そしてここ。
腎臓病の目安となる、BUNとCRE、あらら、アララ平常値範囲じゃああありませんかあ
さらにセンセイが気にしていたIP(無機リン)ですが、これもっ正常値だあ!
高い数字はTPとGPT/ALTのみでしたが、先生は余り気にしてはいませんでした。
IPは正常値だけれど、普通2~3が望ましい値で、「正常値」だけれどこの年齢の猫ではとても気になる、と言うのです。

おひょい&みな512


その根拠はおひょいの「多飲多尿」にあったようです。
Iさんは、明らかに他の猫と比べ顕著だと言うのです。
それと、この数値で先生の「腎臓病かも?」という結論が出た様です。

ハッキリと結論が出なければ、今後おひょいを譲渡出来なくなります。
そこで先生の提案で、今一度血液検査をさせる事にしました。
皆様はご存知でしたか?私は初めて聞きました。
IDEXX SDMAというものでした。

029_201705141234366ab.jpg

「犬猫の腎機能を評価する画期的な血液化学スクリーニング検査」
というもので、早期の腎臓病が疑われた場合、どの位のステージ位置にいて、どんな治療が望ましいか、が分かるそうです。
結果、なんとおひょいはと「腎臓病ではない」という数値が出たのです!!

推理してみました。

保護したてのおひょい、環境が変わり血尿が出てしまった(良くある事です)
  ↓
投薬とPHゼロの食事で改善(念の為そのままPH食を続けた)
  ↓
多飲多尿が始まるがこれがPH食と関係する事に気づかず
  ↓
血液検査をする時多飲多尿を報告(実は血尿時の獣医さんは今回の先生とは別の方、先生はPH食をを知らない)
  ↓
この報告と、無機リン値が気になる先生は、腎臓病かあ~!と心配になりIさんに伝えた
  ↓
ビックリしたIさんは直ぐ腎臓食に切り替えたところ、3日位で多飲多尿はピタリと収まった???
  ↓
ここで初めて多飲多尿は腎臓病の症状からではなく、PH食の影響、という事が判明した

チャンチャン!という訳でした。

おひょい5121

あっちこっち、少しづつズレがあって、「うわあ、腎臓かあ」って思い込んでしまい、せっかく里親さんを名乗り出て下さったご家族様には本当にご迷惑をおかけしてしまいました…この場をおかりしまして改めてお詫び申し上げます。
おひょい君の真実が判明した時は、既に他団体様の猫ちゃんとお見合いのお約束があり、当然ながらそちらを優先にして頂きましたので、おひょい君は残念でした。
でも、これらの事柄をご理解頂き、おひょいを再び譲渡対象にする事に対しご了承を得ましたので、心機一転頑張るつもりでいますね!おひょい、天国のおばあさんも、アナタが幸せになる事を一番祈ってると思うから、一緒にガッツ(?)だぜえい
おひょいは、沢山の保護猫と共におりますので、どうしてもケージ生活時間が長くなってしまいます。
1匹でのびのびと、あるいは大人しめのメス猫ちゃんと仲良く…という様な生活をさせてあげたい、と思っています。
家族に迎えたい、と思って下さる方がいらしたら、是非とも譲渡会にいらして下さい!!お待ちいたしております

※5/20日の譲渡会の参加猫は明朝の7時にアップしま~す

松ねこではボランティアさんを募集しております。
シェルターのお掃除と給餌、捕獲した猫の病院搬送、保護猫の預かりさん、出来る時に出来る事をで大丈夫ですので、力を貸して頂けると助かります。
お問合せは右記のメールアドレスへお願い致します<(_ _)>
※PCからの返信を受信できるメアドからお願いします。




松ねこ


タイトル画像

おひょい君のご報告2

2017.05.18(07:00) 473

昨日に引き続き、「べた」飼い主Sおばさんが、その後の「おひょい君」についてご報告します。

おひょい1

4月22日の譲渡会でした。
この日は沢山のご家族が見学にいらしてくれてました。
その中のあるご家族様が、おひょい君の事を気に入って下さったのです!!
おひょいは「なり」はデカいのですが、人間大好き♪のとても可愛いヤツなのです(。>ω<。)ノ
そのご家族様はおひょいの保護経過もきちんと聞いて下さり、なお更家族に…と、申し出てくれました。
ご熱心に色々とご質問され、ご家族の本気度がわれわれスタッフにも伝わり、25日にトライアルお届という事が決定し、一同とても喜びました!

譲渡会

ところが…なのです。

責任感の人一倍強いスタッフIが、お届け前日、おひょいの爪が気になり、切ってもらう為に近所の病院に行きました。
元気印の彼なので、何かあってはいけないと思い先生にお願いしたのですが、明日譲渡なら念の為に血液検査をしたら、と勧められて採血をして頂きました。

その結果、実はおひょいは「腎臓病になる可能性が高い」と言われてしまったのですーー!

明日トライアルなのに((((;゚Д゚)))))))
と、Iは動転してしまい、その後の先生の説明が耳に届かず…「腎臓病=不治の病」とすっかり思い込んでしまいました。
この状態でトライアルするワケにはいかず、泣く泣くお断りの連絡をいれました。
しかし、話はまだ続きます。

おひょい&みな511

その後、冷静に戻ったIは、果たしてあの時先生は何と言ったのだろうか…と不安になってしまいました。
聞いてないもんねー!思い込んじゃったもんねー!(まあ、ワタシも多々有りますのでヒトサマの事は言えません)
そこで、今度は私と一緒に病院に行き、再び病状の説明を聞く事にしたのです。
そしたらまあオクサマ、意外な事になっておりました。

次回結論です。長くてごめんなさい。

おひょい&みな5122

松ねこではボランティアさんを募集しております。
シェルターのお掃除と給餌、捕獲した猫の病院搬送、保護猫の預かりさん、出来る時に出来る事をで大丈夫ですので、力を貸して頂けると助かります。
お問合せは右記のメールアドレスへお願い致します<(_ _)>
※PCからの返信を受信できるメアドからお願いします。




松ねこ


タイトル画像

おひょい君のご報告 その1

2017.05.17(07:00) 472

今日は老猫「べた」の飼い主、Sおばさんが担当します。

今年2月の初めに保護をした「おひょい君」の事を皆様は覚えてますか~?
ご存知の様に、松ねこは原則「他人から依頼されたの猫の保護」はしていません。
自分が拘わってしまった猫、自分がどうしても保護するしかない猫等、自分がらみの猫の保護数がマックスだからです。
老婆達(多分)は毎日保護猫の為、汗をかき、涙を流し、年金をつぎ込んでいます(涙)

おひょい

そんな折、「飼い主が孤独死してしまった、猫が取り残されている」という連絡が、ご親切にも!!Sおばさんの元に寄せられました。
孤独死ののち「おひょい」が発見されるまで1週間かかりました。
多分その間飲まず食わずの生活だったのでしょう…。良く生きていました(再び涙)


でも、これは「とても!良くある話」で(怒)
元気が良い・大きなオス猫・多分外出自由の生活・しかもまだ4~5歳というワカモノーーを保護するって無理でしょ!!
保護部屋には、沢山の猫が既にいるんです、た・く・さ・ん・の猫。

079_20170428144346b36.jpg


一度は断りました…。
でも、実はその昔、おひょいの不妊手術のお手伝い、おばあさんは車も無く手術のすべも知らなかったので、全部代わりにした事を思い出したのです。。。
あの子かあ、このままだといずれ外猫になるなあ…と思うと、まあ寝つきの良くない事(;д;)
松ねこのスタッフと相談の結果、後継者に必要費用を負担してもらう条件で、保護という事になったのです。
あくまで特例です。

おひょい422

というワケで、ケージ生活からスタートしたおひょい君でした。
多分、ケージも沢山の猫も、彼にとっては始めての経験で、とても辛かったと思われます…
それでも、頑張って!!譲渡会にデビューできるまでになりました!
そして4月の末、とても良いご家族の目に留まり、おひょいはトライアルに行く事になったのですが…

おひょい2

松ねこではボランティアさんを募集しております。
シェルターのお掃除と給餌、捕獲した猫の病院搬送、保護猫の預かりさん、出来る時に出来る事をで大丈夫ですので、力を貸して頂けると助かります。
お問合せは右記のメールアドレスへお願い致します<(_ _)>
※PCからの返信を受信できるメアドからお願いします。


松ねこ


タイトル画像

スクスク成長中!!

2017.05.16(07:00) 477

今日は例のロットワイラーのレイちゃんの溺愛する仔ニャンコの1週間の成長報告ですよ

2匹511

どうですか?
1週間で大分たくましくなった感じでしょう
もうちゃんとした『猫』になりましたよ!

茶トラ511

あのスコティッシュのような耳だってちゃんとピン!です。

茶トラ5112

お顔はまだ幼顔だけど、しっかり足は4足歩行ですよ
益々活発になり、2匹でじゃれ合ったりと、起きている間は動き回っているので、写真が撮れずYママは困ってしまうそうです

白チビ511

歯も生えてきて、爪も硬くなってきたので、腕をよじ登ってこられると痛いこと・・・(^_^;)との事だそうです。
これから肌の露出が増える季節だからなおさらですよね・・・

白チビ5112

ご覧ください
この白仔猫ちゃんの
カモ~ン」と誘ってでもいるようなセクシーショットを
君は女の子確定かな??
こうなってくると、又目が離せず違う意味で大変です

ちび5121

ちび5122

サッカーだってお手のもの

ちび4123

先ずは白チビちゃんがミルクを飲まなくなったので、離乳食に切り替えたら2匹ともモグモグだそうです
何か生命力っていうのを感じさせて頂きました

DSC02024.jpg

4/29日に持ち込まれてから、ここまで命を繋ぐのが、もう生きられそうかな?ってちょっと安心出来るまでどれだけ大変な事が想像がつかないですよね?
しかし、Yママは日々猫らしくなっていく様子を見る事が出来てとても楽しいですと仰って下さいました
他にもロットワイラーのレイちゃんをはじめ計3匹のワンコと成猫の世話をしながらですよ!
どんだけ器がデカイんだか\(^o^)/

皆様、今日はYママに拍手のつもりでランキングをプチッとお願いしますm(__)m


松ねこではボランティアさんを募集しております。
シェルターのお掃除と給餌、捕獲した猫の病院搬送、保護猫の預かりさん、出来る時に出来る事をで大丈夫ですので、力を貸して頂けると助かります。
お問合せは右記のメールアドレスへお願い致します<(_ _)>
※PCからの返信を受信できるメアドからお願いします。


松ねこ


タイトル画像

里親希望ご登録のススメ

2017.05.14(07:00) 462

ハアイ!夏めく日差しに心ときめく元ワラTです。


DSC02029.jpg

正確には、頭が沸きかかってると言った方がいいんじゃないかしら


三毛ちゃん、冷静なツッコミをありがとうございますです!!


さて、今日は「猫と暮らしてみたいけど、ピンとくる子がいるかしら」
「どんな子がいいのか分からないわ~」というお悩みを抱えた
そこのアナタに朗報です!

松ねこ、ご希望登録制度をスタートさせました!!


ちっち225
あら?前からやってたデショ??

さすが古株??(。>ω<。)ノ ちっち様!!

スタートだなんて、ちょっと大げさに出ましたが、前からゆる~くやってます。
各人がそれぞれで個人的に頼まれたときに「こんな子いない?」と
声を掛けあったり、あとは頭の片隅に置いておいて、出て来たら連絡
するとか、そんな感じで細々とはやってるんです。
それをもう少し組織だってやろうか、ということです。


りんご218
早くボクを推薦してくれニャイとこまるナ~

りんごはとっくにしてますから!!
こんなに愉快なボーイなのに、なんでお声がかからないかが
本当に不思議よ( ‘o’)
まあ、これは若干悪い顔のバッドボーイ風ですけど・・・

登録と言っても、何のことはありません

「猫を迎えたいけど、今保護されてる猫ちゃんたちには希望の子が
居ないみたい」

とか

「いずれ猫を飼いたいんだけど、どんな子がいいか、相談しながら
いろいろ見ながら決めたいの」

とか、そういうご希望をお持ちの方に、「里親希望者登録」を
して頂けば、好みに合いそうな子、希望に近い子が出てきた
時に、譲渡会などでのお見合いをご案内するという仕組みです。

事前に登録をしておいて頂ければ、お互いを知る時間も
増えますので、よりよいマッチングにもつながると思います。

正面を見据えるモモヨ様
あたくしが産んでさしあげましょうか

モモヨちゃん、それは遠慮します
そもそもモモヨチャンはもう産めません・・・


見上げるモモヨ嬢
なら、あたくしがお嫁に行ってあげてもよくてよ

まじですか??
居るのか?そんな物好きな、もとい殊勝な心がけの里親候補者さん

腕伸ばしモモヨ嬢
バカバカバカ!!ヽ(`ω´*)ノ彡☆

ほんと、おとぼけ度が増してきていてかわいいです、モモヨ嬢
相変わらず触れませんけど(ノ_<)


ちなみにイギリスなどでは、犬を飼う時そんな感じらしいです。

例えばブリーダーの所に行って

「もしもし、ワンコを飼いたいんです一匹譲ってくださいな」

というと

「どれどれ、あなたにうちの大事なワンコが飼えるかどうか
まずはいろいろ検討してみましょう」

ということで、
面接や家庭訪問を通して、あらゆる面で犬が飼えるか、飼育者として
ふさわしいかを調べつくされた上で、やっと登録して2~3年後に犬が
やってくるのだそうです。
(予約している人が何人もいるので、先に登録した人から順番に
譲られていくためです。パピーミルのようにじゃんじゃん産ませたり
しませんので、数年先になる事なんて、当たり前です)

ママラブ子ラブ小
ふさわしい、しかるべきところ以外に、この子は渡しませんから!!


2~3年も待てば愛情もひとしおだし、さほどその気が無かったという
場合はキャンセルも出来るので「動物を飼う」心構えの醸成と見極め
にはとってもいいらしいです。

川面を眺めるワンコ小
本当に望んでくれる家族が迎えにやってくるのね♪

猫は次から次へと生まれているのが現状ですので
(これも何とかしなければ、と取り組んでいるのがTNRです)
2~3年先になることは、ほぼ無いと思います。
ご希望にもよりますが、登録してから数か月~1年ぐらいで
案内出来るのではないかと予測しております。

こんなのんびりした感じでもいいわよ~という方、いらっしゃいましたら
是非、柏の譲渡会に遊びにいらしてください。
そこで出会えばトライアル!出会えなければ、登録をして、素敵な
出会いが訪れるのを待つのもオツなものですよーーー^^

飼い主と猫2小
登録しておいたおかげで、こんな幸せがやってきました♡

こんな出会い、次はあなたの番かも??です


松ねこではボランティアさんを募集しております。
シェルターのお掃除と給餌、捕獲した猫の病院搬送、保護猫の預かりさん、出来る時に出来る事をで大丈夫ですので、力を貸して頂けると助かります。
お問合せは右記のメールアドレスへお願い致します<(_ _)>
※PCからの返信を受信できるメアドからお願いします。


松ねこ


タイトル画像

猫を家族に迎えるまで

2017.05.07(07:00) 457

こんにちは、元ワラのTです。

今更ながら感満載ですが、松ねこから猫を家族に
迎えて頂くまでの手順をご説明致します!


正面を見据えるモモヨ様
アタシが欲しければいくつかハードルを越えていらっしゃい!

モモヨちゃん高飛車・・・
そもそもモモヨちゃんお嫁に行く気あるの??
うちの子じゃないの??(;゜0゜)

というわけで、「この子うちに迎えたいな〜」と
思ってくださったそこの皆様、お気に留めて頂いて
本当にありがとうございます。

里親さんとして応募して頂く際の流れを、ここから
ざっくり見てまいりましょー

1 まずはお見合い

譲渡会

ほぼ毎週土曜に行っている譲渡会でお目当ての
猫とお見合いしてみます。
(ブログなどサイトで見て気になった子がいれば
事前のご連絡で、譲渡会に連れて行くことも出来ます)

あの子、気になる…♡
あの子も私のこと気にしてくれてる??
ドキドキ、ファーストインプレッションはばっちりよ!

となれば、会場の松ねこスタッフに熱い思いを
告げてください。

2 アンケートに記入して、トライアルの申し込み

アンケートワンコ
ワシの相棒になってください(ワンコだけどアンケート書くの)

お住まい、ご家族構成、お留守番の時間、他の先住動物のこと
など、少しいろいろ教えてください。
ご希望の猫と里親希望者様の暮らしがよりよいものになるか
事前に確認致します。

3 トライアル可能となれば、トライアル開始日を決めて猫をお届けします

うつむくモモヨ様
とうとうお嫁に出されるのね・・・

猫をご自宅にお届け致します。
ご家族皆様で猫をお迎えくださいませ^^

ご自宅の環境を見せて頂き、猫との生活に必要なものが
そろっているかなど確認致します。
そろっていない時は「これがあるといいですよ〜」といった
ことなど、相談に乗ります。
もちろん、トライアルに入る前にお邪魔して、猫との生活
に必要なあれこれをお教えすることも可能です!


ハーッのももよ様
万全の体制をととのえて頂戴!!

モモヨちゃん、おっかない・・・
(というか、里子に出るのですか?モモヨさま)

4 トライアルを経て、「この子はもううちの家族!!」と
  確信したら、めでたく正式譲渡となります

赤い糸

ご家族も猫も、もう離れられない!この子の一生を
私がトコトン請け負うわ!と決心できたら正式譲渡
のご連絡をお願い致します。
もちろん、お互いの相性や馴染めるかなどを真剣に
見極めて頂き、人も猫も幸せになれる、となったら
です。
トライアルを経て、お互い幸せになれるか分からない
ような時は、遠慮なく松ねこに戻して頂きます。


おっさん撮影のももよ様
さあ、我が家に落ち着いたわ

ってオイ!モモヨちゃん、嫁入り先はウチかいな!

これがざっくり、一般的な流れです。
まれに譲渡会に出る前に保護主宅でお見合いをして
里親さんが決まることもありますが、基本的には
アンケート→トライアル→正式譲渡の流れは変わりません。

猫は長生きします。
子猫なら20年以上先まで、しっかり責任を持つ覚悟があるか
準備ができるか、真剣にその子の一生を背負ってくださる
方に託すべく、私たちも真剣です。

迂遠に見える部分もあるかもしれませんが、全ては猫のため。
慎重に手続きさせて頂いております。

猫、里親さん、保護主みんなが幸せなご縁になりますように
三方良しを目指して活動して参りますので、ご理解の程、
どうぞ宜しくお願い申し上げます!!


松ねこではボランティアさんを募集しております。
シェルターのお掃除と給餌、捕獲した猫の病院搬送、保護猫の預かりさん、出来る時に出来る事をで大丈夫ですので、力を貸して頂けると助かります。
お問合せは右記のメールアドレスへお願い致します<(_ _)>
※PCからの返信を受信できるメアドからお願いします。




松ねこ


タイトル画像

生きていますよ!

2017.05.06(07:00) 465

さぁ皆様、先週の一般の方から持ち込まれたベビちゃんの事、気になっていませんか?

DSC02020.jpg

さぁこの仔たちですよ
まだ離乳食も食べられない乳仔猫2匹(茶シロ・茶トラ)
離乳食組の2匹(三毛2匹)

DSC02025.jpg

この乳仔猫2匹を預かって飼育して下さっているレイちゃんの飼い主のYさま。
この度、中間報告でお写真を頂きましたよ\(^o^)/
29日の夕方から預かって下さって5/2日の午後にご報告を頂きました。
初めは哺乳瓶から飲まなかったのでスポイトでミルクを飲ませていましたが、30日の夜に少量だけ哺乳瓶から飲めたそうです。
元気で動き回るので、お部屋を大きくして高くしたのですが、まだよじ登って脱走を試みているようです

ベビ51-2

こんにちはでしゅ  大分お目目も開いてきました
お目目は開いてきたけど、お耳はスコティシュみたいだね

ベビ51-1

まだ寝起きなんでしゅけど何か?

ベビ51-3

お腹がいっぱいでポンポコリンですね
もう仰向けでないと眠れないほどだね
このまま無事に育ちますように・・・

5/5日にも中間報告頂きました!
早くも一発芸を覚えたそうです。

1493924339793.jpg

性別はまだ分からないけど
だっちゅーの!』
あの・・・知ってる方だけで・・・

ベビ1

夜は段ボールベッドにホットカーペットを敷いてもらってホッカホカ

メル

昼間の暖かい時は、遊び場まで作って貰ってメルパパさんと

レイ

レイパパだっていますよ
55キロのレイパパは、1キロにも満たないベビちゃんが可愛くて仕方ありません。
大好きなお散歩だって20分位でお家に帰ろうってなっているそうです。
ずっとベビちゃんの側を離れず、寝てる時に寝て、少しでもベビちゃんが動くととび起きちゃうそうです
見えてないけど、レイちゃんのヨダレが目に浮かぶのは私だけでしょうか?

白ベビ
茶ベビ

アタチ達、Yママとサブのパパ達(メルちゃん、レイちゃん)に見守られてすくすく成長していまちゅ

ずり這いだったのが4日には、もう後ろ足を使って4足歩行になったそうです。
体をよじ登ってくるほど力がついていると聞いて成長の速さにただただ驚かされるばかりです。
Yさま、本当にありがとうございます。
ここまでくるのに消費された労力と神経は並み大抵ではなかったと思います。
まだこれからも気を抜けない日々が続くと思いますので、どうぞどうぞお体にお気をつけて下さいませ<(_ _)>
又、何かありましたら、いつでもご連絡下さいます様、何卒宜しくお願い致します。


松ねこではボランティアさんを募集しております。
シェルターのお掃除と給餌、捕獲した猫の病院搬送、保護猫の預かりさん、出来る時に出来る事をで大丈夫ですので、力を貸して頂けると助かります。
お問合せは右記のメールアドレスへお願い致します<(_ _)>
※PCからの返信を受信できるメアドからお願いします。


松ねこ


タイトル画像

べたの闘病記

2017.04.23(07:00) 449

今日は「べた」の飼い主 Sおばさん が担当します(^∇^)ノよろしくです~!



002_2017042013080692c.jpg

べたです。安心して下さい死んでませんよーー。
おばあちゃんなだけです。
推定20歳前後、大人の外猫で1999年保護をされ我が家に来ました。

016_2017042013080878b.jpg

特に病気もなく元気にしていたのですが…昨年9月あごに悪性腫瘍が発見されました。
初めはひっかきキズ程度でしたが、どんどん大きくなって…。

001_20170420133756a25.jpg

キズは常に出血しています。かさぶたになってとれて~の繰り返しです。
キズを触るため、右手は常に血が残ります。
拭いても落ちません。
カラーを付けたら~とも言われましたが、不自由な思いをさせたくないのです。

4月のある夜、もう寝ようとべたのベット様子を見に行ったところ。。。

013_20170420130809d01.jpg

おったまげーーー!!!
毛布が血まれに(*゚Q゚*)
は、はじめは何が起きたか分からず(今までこんなに出血した事がなかったので)
うろたえましたが、冷静になってべたの身体を調べてもどこも異状なしでした。
これはキズからの出血に違いない、と確信しました。
1時間前まではフツーだったのに、、、これだから老猫は目が離せません。
特にグッタリしてたり、どんどん出血している様でもなかったので、ひとまずは安心しました。
ただ、右手だけではなく全身血まみれ。写真する余裕ナシ!

015_20170420133757ae5.jpg

で、丸洗いとなりました…。
夜中、酔っ払いじいやとばあやはフラフラです。

017_20170420130813f91.jpg

洗った後のタオルはこんな感じでした。
へこみますね…。
やれやれ。。。
ドライヤーで乾かし、手持ちの抗生剤を飲ませて(先生の指示です)キズにも軟膏をつけて、全て終了しました。

018_20170420141121f6b.jpg

べたちゃん、お疲れ様。
チュールでも食べて寝ようねーー。
ん、寝ていたけどおいしそーなニオイに釣られて宴ちゃんがやって来ました。

019_20170420141122e83.jpg

元気に食べてホット安心ヽ(´∀`)ノ
宴ちゃんにも終わったらあげるね!

003_20170420133758ba4.jpg

翌日、あさイチで獣医さんに行き、治療をしてもらいました。
しかし、もう完治する事はないので、少しでも苦痛を和らげるだけです…。

頑張らないでもいいよべた。
頑張らずに元気に虹の橋を渡ろう。。。ね、べたちゃん!













松ねこ


タイトル画像

里親詐欺

2017.04.20(07:00) 445

今日はちょっと深刻なお話になります。
実は私達は個人個人のTNR歴は長くても、「松ねこ」としての歴史は浅いのですが、この度、発足後初めて里親詐欺に引っかかってしましました。

あまりに長くて複雑なので、どこまで上手く伝えられるか分かりませんが、どうぞお付き合い下さい<(_ _)>

,
松ねこのYさんが所属していた、もうひとつのKボランティアさんのHPから里親希望が入り1/22日にお届けとなりました。
1/22日~23日何度電話しても繋がらず折返しもない。
1/23日夜にやっと、「仕事が忙しくなってきたので暫く電話には出られない」との連絡。

不安になったYさんは知人と1/25日に直接里親希望者宅を訪ねました。
間違いなく家の中には男性がいるのに応答してくれません。
またしても不安になり、最寄の交番に中で人が倒れているかもとの事で同行をお願いし、3人で現場へ戻ってきました。
警官が来たことにより、近所の方々が出てきて里親希望者宅への不満をぶつけます。
夜中に若者が集まり、騒いでゴミを散らかしていくから注意してくれとの苦情です。
しかも、昨夜(24日)と今朝(25日)は消防車が来て、猫が床下に入ったらしいという話を聞かされ、益々不安が募りました。

25日夜に里親希望者からKボラさんのHPの運営者へクレームが入りました。
  「25日夜に警察と自治会の人から訪問された。もう迷惑だから来ないように」
これを受けたKボラさんからYさんへ、これ以上里親希望者へ迷惑をかけないようにとの指示。

1/26日  Yさんから里親希望者へメール「保護猫を返還して欲しい」
1/30日  里親希望者からYさんへメール
       「旦那が出張中で2/10日に戻るから、それから相談して返事します」
2/11日  里親希望者からKボラさんへメール
       「旦那が倒れたので暫く忙しい」
Kボラさんから、そういう状態だから少し静観するようにとの指示。

25日に初めて訪問してから、松ねこでは全員一致で里親希望者に不信を持っていました。
でも出張の後の、今度は倒れたから連絡出来ないというメールにこれは普通ではないと確信しました。
Kボラさんと松ねこの見解が真っ二つに分かれたのと、このまま間にKボラさんに入られていては先へ進めないと、YさんはKボラさんを脱退して松ねこで奪還をしていくと決断しました。

Kボラさんへお願いして、上記の旨なので今後は松ねこか保護主と連絡して下さいと里親希望者へメールを入れてもらいました。
その後は何度訪問しても留守で、手紙を入れてきても1度も里親希望者から連絡がきた事はありませんでした。
書留郵便を出しても、不在で郵便局の保管期間を過ぎて差出人へ返送されてくる始末でした。

これでは拉致が開かないと、弁護士さんに相談しながら、出来る限りの情報を収集して、3/20日に再度訪問しました。

DSC01678.jpg

ここが25才の里親希望者が37才の男性と新婚で最近購入したと説明された家です。
(登記は別人名でした)

DSC01676.jpg

雨戸は閉まっていて、道路に面した窓にカーテンすらかかっていません。

DSC01675.jpg

ポストからは郵便物があふれており、これでは郵送しても届きません。
とても人が住んでいる形跡がないのです。

あらゆる手段から収集した情報で、こちらが聞いていた氏名ではみつからないので25才という年齢と、珍しい下の名前で出てきた住所が関東に9件ありました。
そのうち1番近い住所が実家かもしれないと思い、そちらへ向かったらビンゴだったのです。
母親が在宅していて写真を見せて今までの経緯を説明したら固まってしまいました。
母親は娘を守ろうとするので、仕事先も今住んでいる住所も知らないの1点張りです。
母親との会話では拉致があかないので、とりあえず実家が分かったので後日弁護士から連絡してもらいます。と帰ろうとした所に父親が帰宅したのです。
又、父親に全てを話し、娘と話して又連絡を頂くとの事で私たちは帰路につきました。

が、車で5分も走った頃に、里親希望者からYさんへメールがきました。
「残念ですが猫は死にました。すみません」
慌てて車を止めて父親に電話すると、今ご夫婦で娘のアパートに向かっているとの事。
すかさず私たちも同行しますのでと待ちあわせをして、やっとやっと里親希望者の2人に会えたのです。

しかし、そこには猫はいませんでした。
仙台の友達が持って行って今、動物病院に預けているとの事なのです。
スグその友達とやらに電話してもらい、直接話したのですが、またまた拉致のあかない話です。
その場で弁護士と相談したところ、もう返還請求ではなく詐欺でいけるでしょうとの事なので、そのまま4人に伝え、現住所も掴んだので明日の17時までに猫が戻らない場合は詐欺で訴訟を起こしますのでと伝えて私たちは帰りました。

そして問題の3月21日。
午後から頻繁に里親希望者からYさんと私の携帯へ連絡が入ります。
「今仙台から帰ってきました。友達があの誰も住んでいない家の床下に猫がいるとの事なので探しに来ています」
多分1月25日の消防車もこの事だったのでしょう。
でも2ヶ月も誰も住んでいない家に置き去りにされて猫が生きていられるはずはないのです。
とりあえず無駄足になるだろうと思っても、Yさんの知人に現場に向かってもらいました。

すると、猫がいる気配があるとの事。
カサカサ音がするし、何よりも猫臭があるとの事なのです。
そこで3月21日の20時に捕獲器を仕掛けてもらい、22:30分頃捕獲できたのです。
そこから、又Yさんの知人に現場へ向かってもらい、3月22日の夜中の2時に無事2ヶ月振りに猫はYさんの元へと戻りました。

仙台へ行っているというのも嘘で、3日に一度ご飯と水をあげに通っていたそうです。
ちなみに、里親希望者は現住所のアパートへは1年半前から住んでいて、お届けしたあの家はこの目的があったみたいです。

それは→こちら

最初から最後まで全てが嘘でした。
私たちは反省しました。
反省もし、人が信じられなくなり怖くなった事も事実です。
でも、もう2度とこんな事が起こらないように決意を新たにして、アンケート・契約書類を見直して前へ進みます。

お帰り椿。
ごめんね椿。

椿325

(2017年3月22日撮影)

1年で1番寒い1月22日~3月22日のまる2ヶ月、誰も住んでいない寒い家の床下で3日に1度のご飯とお水でよくぞ生きていてくれました。
どれほど怖くて寂しかった事だろうか・・・

椿・ハイ・ビス

椿・ハイ・ビスの兄弟の運命はこんなにも生まれて間もないうちに差がでてしまいました。
これからは松ねこで全力で椿の幸せを探していきます。












松ねこ


未分類
  1. これからの季節(05/30)
  2. おひょい君のご報告3 ラスト(05/19)
  3. おひょい君のご報告2(05/18)
  4. おひょい君のご報告 その1(05/17)
  5. スクスク成長中!!(05/16)
  6. 里親希望ご登録のススメ(05/14)
  7. 猫を家族に迎えるまで(05/07)
  8. 生きていますよ!(05/06)
  9. べたの闘病記(04/23)
  10. 里親詐欺(04/20)
次のページ
次のページ