タイトル画像

家の広さと犬とネコ

2018.06.16(07:00) 816

こんにちは。
ワラワラのTです。

梅雨の時期、ワンコとともに暮らす方はお散歩に
頭を悩ませる時期でもありますが、インドア派~な
キャッツ達にはそんなの関係ねぇ、な話ですね

ネコはお散歩しなくていいから、楽よね~

とも、よく言われることですが、どちらもお住まいの
我が家にとってもそんなの関係ねぇ、な話です
(すいません。好きなんです、おっぱっぴー)


ところで

前から気になっていたのですが


「家が狭いから大型犬は飼えないわ」


とか、


「広いお庭がなくっちゃワンコがかわいそう」

とか

おっしゃって

「うちでは到底犬は飼えません、欲しいけど」

という方がいらっしゃいます。

しかし。

そう言わると、あまのじゃくで性格の悪い私は
こう言いたくなります。


「あなた、家の中で運動させるんですか?」


「あなた、庭でしか散歩しない気ですか?」

と。

なんで広い庭と広い家が必要なのか、冷静に
考えたことあるんでしょうか。

合理的な理由を説明出来る人は、ほとんど
いないんではないかと思います。

なぜならそれは、

単なるイメージ

だからです。


ワンコが普段家の中で何をしているかというと

だいたい、多くのワンコが多くの時間を

寝て過ごす

わけです。

成長途中でエネルギーが溢れている子犬や
若犬は別です。
当然、元気に暴れまわる時間もあるでしょう。
それなりに運動や刺激も必要でしょう。

しかし、ある程度大人になったワンコは、無駄な
エネルギーを使いません。

長助6

ワシも無駄なことはしない主義

さすが長助、大人であります。


こんな風に猫同様、ワンコも普段はダラ~ッと寝て
過ごしてる、そんなもんです。
(もちろん個体差はあります。シニアでも元気っこ
というワンコも居ておかしくはないです)

そして「良く寝る犬は良い犬」という格言もあります。

家の中で満足して良く寝る犬は、お散歩、遊び、ご飯が
満ち足りて、欲求が満たされているからぐっすり眠る

良く寝る犬=満ち足りた幸せワンコ

というわけです。

つまり、ちゃんとお世話していれば家の中ではほとんど
寝ているので、ワンコがゆっくり安心して寝られるだけの
スペースがあれば、別に広大な庭付きの大豪邸でなくても
問題ないのです。

家が狭くたって、お庭がなくたって、中型犬・大型犬と
暮らすことは可能です。
単なるイメージで、ワンコと暮らすという幸せな選択肢を
選べずにいるのなら、実にもったいないことだと思います。

そして、猫と暮らすにあたってのスペースって、どのぐらい
必要なのかなー、と考えてみてます。

まあ、猫の場合室内だけで過ごすので、ある程度
運動出来るスペースはあった方がいいのでしょうけど
厳密に1匹につき何㎡、みたいな話って出来るので
しょうか。


ちなみに懐かしのワラワラ一家は、成猫2匹+子猫7匹が
5畳半ぐらいの室内で約2ヶ月過ごしました。
本棚や机がある部屋だったので、上下運動、隙間での
かくれんぼ的には足りていた感じだったと思います。
大半が子猫だったのと、全員親族っぽいのも大きかった
かもしれません。
そもそもみんな固まって寝てるので、常時居るスペース的
には机だけでも足りる状況でした。

ザワラワラベビ

懐かしのエグザイル練習中!
この時使ってるスペースは正味50センチ四方!
驚異の省スペース一家!
気を遣ってもらってすいません!


あと、成猫で血のつながりなどなくても、我が家のネコ達は
付かず離れず、基本みんな近くに集まるので、人間と同じ
空間にそれぞれ移動してきます。

リビングに居るときはその辺の床の上にいたり、テーブルの
上に居たり、コタツがあるときはコタツの中に集合してたり。
寝る準備を始めると、ネコ様たちも適宜移動してベッドの上を
皆で占領して待っててくれたり( ノД`)

茶色ママ布団占拠
寝ようと思って部屋に行くと、掛布団が占拠されてる!

茶色ママアップ

あなたたちが掛けるふとんは、ないとおもうの

茶色ママ、シビアです。


だんだん人間のスペースが侵されてきている気が
しなくもない…

ネコ様ワン様の幸せのためなら、ベッドなど明渡して
床で寝てもいいや、いやいや、家ごと明渡して玄関で
暮らしてもいいや、とすら最近思い始めているワラワラ
のTでした!

ハイ、ラスタラウェイ!


*** 松ねこではボランティアさんを募集しております ***

保護猫の病院への搬送、保護猫の預かりさんなど、
出来る時に出来る事をで大丈夫ですので、力を貸して頂けると助かります。
お車の運転できる方、保護猫を預かるスペースやお時間がある方、
一緒にボランティアを始めてみませんか\(^ ^)/
お問合せは右記のメールアドレスへお願い致します<(_ _)>
※PCからの返信を受信できるメアドからお願いします。


スポンサーサイト

松ねこ


タイトル画像

人間になりたがった猫

2018.06.14(07:00) 812

みなさまこんにちは。今年の夏、いよいよ東京で劇団四季「CATS」の講演が始まりますね!
Aもダンスが好きで、最近は時間が思うように作れず、劇場に足を運ぶことがなく何年も過ごしてまいりました。


「ウイッシュ!」
ペコ22
うん、おしい!「キャッツ」だね。

海外の劇団や日本の四季劇団四季もミュージカル「キャッツ」を長く演じておりますので演目をご存知のかたも多くいらっしゃると思います。ダンサーの方々のたぐいまれなるセンスと技術で猫のあのしなやかで愛嬌たっぷりなしぐさを演じる姿は猫好きにもたまらないですよね

劇団四季が演じている演目で「人間になりたがった猫」というお話があります。人間の姿に魔法の力によって人間の姿に扮した主人公ライオネル(ほんとうは猫)と人間とのやりとりで話は進んで行きます。猫目線で見る(ライオネルはこれまたとびきり純真無垢)人間の汚さとか優しさが心を動かすものがあります。ライオネルを人間にしたステファヌス博士という魔法使いもポイント高いです。

四季四季2
自分の身近にいる猫が人間の姿になったらどんな感じなのかな‥ 猫もみんな容姿も性格も違うのでもし人間の姿になったらぜひみてみたいですねでも、身体能力や習性もそのままで変身したら忍者のような動き雑技団のような柔軟な肢体瞬間に虫をとらえるができる人間‥スゴイですね!
こちらのお話は小説からミュージカルになったそうです。Aはミュージカルのほうしか見たことないのですが、本もとても面白いそうなので、ご興味のあるかたはぜひみてみてください。

Aも最近めっきり運動と無縁な不摂生な生活をしておりまして‥からだも大部かたくなってます家でストレッチ、ってなかなかできそうでできません‥最近はお稽古で「ねこヨガ」とかもあるみたいですね。家の猫ちゃんとヨガ、あ、私多分夜とか時間があると一緒に寝ちゃっているかも‥(‥運動にはほど遠そうです。)



劇団四季CATSホームページ劇団四季のページからスケジュールやチケット購入方法のっています。チケットは一般は6月9日から発売だそうです。Aもこれは本当に行きたいと思っています





Aの中で猫の描写がすごいなって思うのはダンサーさんと、あとディズニーのアニメーション映画なのですが、アニメーションで猫(ほかの動物もですけど)の動きがとっても細かく描かれてて観察力がすごいなあ、っていつもみながら思います。
ウォルトディズニーは「バンビ」(猫ではありませんが)のアニメーションの製作の際、アニメーターたちに動物解剖学の集中講義をしたり、実際のところ動物に触れさせたり、カメラマンを森に行かせて実際の野生動物を撮らせたりしたそうです。
努力のたまものですよね〜

Aは「ピノキオ」に出てくるフィガロ(またミニーマウスの飼い猫でもある不思議‥)が大好きです

また、「おしゃれキャット」ではマリーの飼い主のおばあさんがお金持ちで、「遺産で猫のための財団を立ち上げたい!」なんて言ってるところは外国(マリーはフランスのパリ)の寄付文化がさりげなく描かれていてその猫が住む地域の文化も感じられて面白いなあと感じます。(特に米国ではキリスト教由来の歴史的背景から個人による寄付がとても多いと聞きます。大富豪の巨額の寄付は相続税対策で本当に善意のものか怪しまれたりもあるそうですが‥ 実際海外の多くのアニマルシェルターは寄付で運営が大部まかなわれているところ多いそうです。しかし経済不安により寄付の額が減って大変になったりと大変さもあるそうです。

ディズニー映画のこと考えたらディズニーランドに行きたくなってきました‥
(あ、すみません‥ディズニーさんは画像掲載わからなくて‥画像なしとさせていただきました。)


「もうねむくなってきたニャ」
ペコ224

そうだね!眠いときは眠るに限るね!よし、私もそろそろ‥(今日も運動はやらずじまいのAでした。)


*** 松ねこではボランティアさんを募集しております ***

保護猫の病院への搬送、保護猫の預かりさんなど、
出来る時に出来る事をで大丈夫ですので、力を貸して頂けると助かります。
お車の運転できる方、保護猫を預かるスペースやお時間がある方、
一緒にボランティアを始めてみませんか\(^ ^)/
お問合せは右記のメールアドレスへお願い致します<(_ _)>
※PCからの返信を受信できるメアドからお願いします。




松ねこ


タイトル画像

やってみよう

2018.06.02(07:00) 782

人は出来ない理由はあれこれ思いつくものの
出来るようにするための方法はなぜか考えようと
しないもの。

こんにちは、ワラワラのTです。

かくいう私も、そんな一人でした。

飼い主のいない動物の保護??
お金も時間もないんだから
ムリムリ、私に出来るわけがない。

猫を家で預かる??
家族は猫を毛嫌いしてるし、はなから無理に決まってる。

それがあれよあれよと、いう間にワンコとネコ数匹を
里子に出し、同時に自分の家にはワンもニャンも合せて
数匹(いちおう10匹以下です)にお住まい頂いている
という生活になりました。

いやー、人間、やれば出来るもんなんです。

猫を毛嫌いしていた家族も、いまではすっかり
ネコ様のしもべ。
ネコはかわいい♡と、毎日、しかも一日に何回も言ってます。

一旦家に入れてしまうと、どんな者でもあっという間に籠絡
してしまう・・・とても有能な奴らなんですよ、ネコ様たちって

マルコとわ2

とわちゃんとマルコちゃんに友情出演して頂きました♡
こんな姿見せられたら、即メロメロですわ~


ですので、縁あって一時的にでも猫のお世話をすることに
なった方は是非、一旦お家で一緒に暮らしてみてください。
意外とすんなり、馴染んじゃったりするものですから。

同居のご家族が猫が苦手な場合は、最初少し我慢して
もらいましょう。
深刻な猫アレルギー等なら別ですが、食わず嫌いならぬ
飼わず嫌いなら、一度一緒に生活してみると猫の魅力に
すぐに抗えなくなります。

ワンコなど他の動物が居る場合は、それぞれの動物に
ストレスがかからないよう、導入時から細々と配慮して
あげてください。

最初は猫だけを隔離できる一室で家に馴らし、慣れて来たら
ケージ越しに犬と対面させていくなど、ゆっくり試していって
ください。

例えばガチな猟犬など、ワンコの気質的に、猫が「獲物にしか
見えない」という場合は厳しいかもですが、室内飼いの普通の
ワンでしたら、そのうち慣れるものです。
また、猫は「あら、こんなところに?!」という隙間を見付けて
潜り込むのが上手ですので、意外とたやすく犬から逃げ切ります。
(もちろん、猫の逃げ場をいろんなところに用意するのも忘れないで
あげてくださいね)

とわハッピー2

とわハッピー1

とわちゃんとハッピーちゃん
これこれ!これを見られるのが犬猫多頭飼育の醍醐味


犬や猫を見ていてさすがだわ、とつくづく感心するのですが

彼らは基本的に

無駄なことはしない

のです。

そりが合わなくても、ずーーーーーっと喧嘩してるという
ことはほとんどなくて、お互い接触しないように避け合って
暮らすとか、間違って出会ってもすぐに逃げるとか、そういう
感じで意外と上手くやるものなんだなあ、と感じてます。

人間だけです。
アイツ気に入らん!!とずーっと根に持ってプリプリしてるのって。


動物から学ぶ、みたいな話は基本的にどうかな、と思って
ますが、これは勉強になりました。

まあ、どんなに経っても無駄に争ってしまう動物同士も
居るみたいですけど、割合で言ったらそんなに多くは
ないんじゃないでしょうか。

なので、「どーーーしてもダメ」という状況になっても
いないのに、最初から投げ出さないでほしいのです。

少し試しにやってみて、意外と上手くいけばシメたもの。
そろりそろりとお試しを重ねていけば、そのうちそれが
通常、日常になって、気づいたときには「出来ていた!」
という状態になってるものです。

たぷ押しのける1

たぷ君とこたろう君にも友情出演して頂きましょう^^
弟分の方に大きな顔をさせてくれる懐の広い兄さん
相性や個性もありますが、だいたいどこも馴染んでる気がします♪

ですのでまずは、試しにやってみましょう!!
「猫を保護して」とか「猫を引き取って」という依頼には
お応えできませんが、「自分で何とかしたい」という方に
相談に乗ったり、譲渡会に参加して頂いたりするお手伝い
なら、松ねこは喜んで致します。

かくいう私もかつて松ねこの皆さまに手伝ってもらって
今思いがけないたくさんの幸せを頂いておりますから。

猫や犬との出逢いも貴重な縁です。
大切になさってください♡

*** 松ねこではボランティアさんを募集しております ***

保護猫の病院への搬送、保護猫の預かりさんなど、
出来る時に出来る事をで大丈夫ですので、力を貸して頂けると助かります。
お車の運転できる方、保護猫を預かるスペースやお時間がある方、
一緒にボランティアを始めてみませんか\(^ ^)/
お問合せは右記のメールアドレスへお願い致します<(_ _)>
※PCからの返信を受信できるメアドからお願いします。



松ねこ


タイトル画像

地域猫って・・・?🐈

2018.05.31(07:00) 808

地域猫ちゃんにお散歩がてらご飯あげに行くの楽しみなのよ〜」と最近実家の母が地域猫ちゃんの写真をAにみせてくれました。
「近所で耳カットの猫ちゃん最近見かけるんだけど、兄弟もいるみたいなんだけど、手術だけして同じところに放っている猫ちゃんなのかな?」Aの近所のお友達と最近そんな話をしました。

地域猫ってどんな感じかな、と漠然となさってる方も多いのではないでしょうか。
苦情がくる捕獲する去勢避妊手術を施す(耳カット)地域に戻す
みたいなかんじなのかな‥でもまた戻して大丈夫なのかな‥Aも漠然とそんなふうにただ漠然ととらえていました。
以前、松ねこブログでもこの地域猫のセミナーに参加した記事がございます。地域猫活動セミナー


具体的な活動としては
○のら猫を今以上に増やさないための活動
○猫が「地域猫」としてその地域と共生するための活動
○猫による迷惑を出来るだけ減らすことための活動
○寄生虫や感染症の発生源になることのないよう、猫の健康管理にも留意する

留意する点
「おきえさをしない」虫、カラス、腐敗防止、人慣れのため
「トイレの設置と掃除」えさやり場の近くや糞をされて困っているおたくにトイレの設置の協力交渉

日本動物愛護協会HPより抜粋

望まれない命は作らない、作らせない。でも、生まれてきた命は出来るだけ長生きさせてあげたい‥こんな気持ちを持つ人たちが、猫と地域の共生を目指して、「地域猫活動」を進めるケースが増えてきているそうです。ただし、
○この活動がただの「えさやり」になってしまうと地域に新たな問題を生んでしまう。
○やはり万人が猫を受け入れられる訳ではない。
○道路交通状況やマンション建立など人の暮らしの変化で猫にとって暮らしにくい環境が増えた。

活動方法としては区市役所などでのら猫対策などの相談に応じてもらえる部署に問い合わせ、協力をお願いする。のら猫で迷惑している人に声をかけて説明し、協力を呼びかける。
松戸市ホームページ地域猫活動とは松戸市で行われている地域猫活動の詳細です。松戸市では飼い主のいない猫ちゃんに対する不妊去勢手術費用の一部助成をしているそうです。案内及び申請書は市の環境保全課で配布するほか、市ホームページからもダウンロードできるそうです。



なるほど‥地域の方とのコミュニケーションがはかれてはこその活動ですね
地域の方とのコミュニケーション‥昨今の都市部などではなかなか作業に労力を要しそうではあります。でも、、地域の方とのコミュニケーションは地域猫ちゃんに限らず、昨今の胸を痛めるや凶悪犯罪、空き巣対策、一人暮らしのお年寄り問題にも一役買ってくれそうです。


駅の猫キャラクター「にゃっぽり」もかわいい、猫の町「日暮里、谷中」に布の買い出しがてら行ってまいりました

やなか2あさくらふみお
やなか
やなか3




繊維街、谷中銀座、茶店、朝倉彫刻館(オススメです)をまわりました。また、霊園近くの昔ながらの街並みが残っているところは猫がお散歩には楽しいだろうなあ‥などと妄想しながら楽しく歩きました
しかし本物の猫ちゃんにはあえずの一日でした。もっと霊園のあたり時間をかけて歩けたらよかったな‥時代の流れで人の住み方が変わったり保護活動等でのら猫ちゃんはグンと少なくなったそうです。

時代の流れとともに色々変わりますが、ずっとこのままであってほしいな、というものもありますよね


*** 松ねこではボランティアさんを募集しております ***

保護猫の病院への搬送、保護猫の預かりさんなど、
出来る時に出来る事をで大丈夫ですので、力を貸して頂けると助かります。
お車の運転できる方、保護猫を預かるスペースやお時間がある方、
一緒にボランティアを始めてみませんか\(^ ^)/
お問合せは右記のメールアドレスへお願い致します<(_ _)>
※PCからの返信を受信できるメアドからお願いします。




松ねこ


タイトル画像

ねこ検定

2018.05.24(07:00) 806

みなさまこんにちは。学生のときから勉強にあまり興味の持てず青春時代を過ごしてしまったAです。(いいんです。Aの目には常に前しかみえません。(強がり))
そんなAが唯一取り組んでいるのが猫ちゃんに関する勉強です。
その中で去年第一回が開催された「ねこ検定」という民間の検定が今年も三月に実施されました。
全国主要都市同日実施で今年は初級、中級に加え上級の受験も実施されました。
内容は全てが‥!
猫ちゃん系の学習にはワンちゃんの内容が必ず入ってきたんですが、こちらは猫ちゃんだけです。
生態、医学、歴史(猫の)、ブリーディング、文化(そう、猫の)、書物などのカルチャーetc‥猫ざんまいな検定です。
しょうしょ

ご興味のある方は、ねこ検定でぜひ検索してみてください。テキスト本が書店にて販売されております。Aは去年のねこ検定のテキスト本を古本チェーン店ブック○フでみつけてしまいました

会場には、Aは一人で受験しにいってるのですが、お見受けする限りお友達同士、親子(微笑ましい)、男性のかたもたくさんいらっしゃいました。会場には猫グッズの販売もあり、にぎわっておりました。猫にご興味のある方が集まる光景は圧巻です!お友達欲しいなあと思ってしまったAです。(あれ、友達いないの?とお願いです‥貴方様のお優しさでつっこまないでやってください‥

今年の検定結果が最近来て胸をなで下ろしているところです。
しかし、検定を受けて自己採点して‥それで終わっては‥と思っております。いつか、または少しずつ得たものを実際の猫ちゃんに役立てられたらいいなあと目指してAの猫ちゃん学習は続けて行きたいと思っております。
次に受けてみたいのが、「動物福祉検定」という、公益財団法人神奈川県動物愛護協会が去年から実施している検定です

浅草にある「今戸神社」に参拝に行ってまいりました。
いまどじんじゃいなどじんじゃ3いまどじんじゃ2いまどじんじゃ5いまどじんじゃ4
松ねこさんとのご縁に感謝し、保護猫ちゃんと里親さんのよいご縁がありますように‥
あ〜もう招き猫ってなんであんなにかわいいんでしょうか‥外国人さんに人気なのも日本の誇りですよね!(はい、私が通りすがりの招き猫フェチです)


🌼チワワを救おうプロジェクト🌼
松ねこは、この プロジェクト を応援しています。
チワワを救おうプロジェクト


*** 松ねこではボランティアさんを募集しております ***

保護猫の病院への搬送、保護猫の預かりさんなど、
出来る時に出来る事をで大丈夫ですので、力を貸して頂けると助かります。
お車の運転できる方、保護猫を預かるスペースやお時間がある方、
一緒にボランティアを始めてみませんか\(^ ^)/
お問合せは右記のメールアドレスへお願い致します<(_ _)>
※PCからの返信を受信できるメアドからお願いします。





松ねこ


タイトル画像

日本の猫の法律

2018.05.20(07:00) 805

みなさまこんにちは。近頃昔の猫マンガを読み直すことにハマっており、先日も電車で移動中に読んでいてその内容に涙腺が崩壊寸前でかなり気まずかったAです(苦笑)

昔の猫マンガを読み返してみると、今と大部猫のおかれる環境に違いがあるように感じます
野良猫、捨て猫、家猫は外にお散歩、野良犬においかけられる猫、そんなことが当たり前の世界です。実際今大人の方は子供の頃、近所には野犬や野良猫がうろうろ、飼い猫はお散歩にだすのが普通だったという方多いのではないでしょうか。私自身もその一人です。

その猫ちゃんたちの以前と昨今の環境の変化は、「動物愛護法(動物の愛護および管理に関する法律)」が関係していると言えます。同法律は1973年に制定され、2012年に法改正されています。この改正後のなかに長期的に殺処分の廃止が明記されています

その中で「飼い主としての責任」をピックアップしてみたいと思います。
千葉県動物愛護センターの猫引き取り実態によりますと、
(子犬)、子猫の処置に困るから
世話ができなくなったから
近所からの苦情が多いから

との理由で飼い主からの持ち込みが全体の10%弱あるそうです。(これは全国平均ですと15%‥!(環境省の統計資料による))
平成28年度に収容されたこのうち、三割は殺処分となっています。(千葉県は最近の統計では猫の殺処分率35%全国9位、ちなみにワースト1位の県は81%の殺処率だそうです。また、引き取り数に対しての譲渡率は千葉県は全国4位)

【犬と猫の引き取り数内訳】
グラフ3

【犬と猫の返還・譲渡率】
グラフ1

【犬と猫の殺処分率】
グラフ2

そして収容される六割は子猫なんだそうです

数字から見ても胸が苦しくなる現状です。補足しますと、犬殺処分数は45年前(愛護法が制定された頃)のおおよそ10分の一(116万頭から1万6000頭)ですが、猫のそれは1974年と2015年6万数千頭と、ほぼ横並びです。これは猫に対しては犬のように明確な法的義務がないためでもあります。

この現状からの脱却は法律がうたっておりますが、切に願い、実現したいことに間違いありません。そのために、まずなにができるか、それは「飼い主が適正な終生飼育に徹する」
家族(猫)を怪我や事故から守る(室内飼、災害脱走に備えてマイクロチップや迷子札、避難用キャリーや備蓄)
適正な飼育にかかる経費の必要の認識
生まれる命に責任を持てないのであれば去勢避妊手術
未来設計(結婚、引っ越し、病気、もしものときの信頼できる家族(猫)の里親先の確保)

家族(猫)のことを愛し大切にしたいという気持ちがあるとおのずとなされる当たり前のこと、その当たり前が不幸な猫ちゃんをなくす第一歩にちがいありません

Aもよく子どものとき、宇宙のこととか、戦争とか、殺されてしまう動物のことをぐるぐる考えて眠れないことがありました。大人になった今もわからないことだらけですし、自分が人間であること、動物との関係の不条理に、自分の力のなさに途方に暮れることもあります。
人間の歴史にはいつも猫はいて、いつでも猫は静かにやさしく人間に寄り添ってくれていました。人間はもっとそばにいてくれる猫と向き合って大切にして行く。
不幸な猫ちゃんのいない未来に早くなりますようにと願います

たかはらてつお高原鉄男「無題」より


なんか脱線もした気がしますが(笑)猫マンガおすすめあったらぜひ教えてくださ〜い (Aが冒頭で公共の場で涙腺が崩壊しかけたのは「ねこねこ幻想曲」という、ザ乙女のバイブル雑誌『りぼん』に20年ほど前に連載されていた漫画です。「おわっ、懐かしい!」て思ったアナタ!お友達になってください(笑))


🌼チワワを救おうプロジェクト🌼
松ねこは、この プロジェクト を応援しています。
チワワを救おうプロジェクト


*** 松ねこではボランティアさんを募集しております ***

保護猫の病院への搬送、保護猫の預かりさんなど、
出来る時に出来る事をで大丈夫ですので、力を貸して頂けると助かります。
お車の運転できる方、保護猫を預かるスペースやお時間がある方、
一緒にボランティアを始めてみませんか\(^ ^)/
お問合せは右記のメールアドレスへお願い致します<(_ _)>
※PCからの返信を受信できるメアドからお願いします。




松ねこ


タイトル画像

猫の望んでいるものは・・・

2018.05.16(07:00) 803

人の生活って忙しいけれど、
家猫の暮らしってとってもシンプルに思いませんか。
Nが担当します。

りくっちにらむ-小
「皆さん、猫が望んでいるものってご存知?」


日本捨猫防止会のパンプレットによると次の7つ。

猫ののぞんでいるものは、、、日本捨猫防止会


りくっち 見上げる-小
「わかった?」
シンプルだわ~💕
もちろん、それ以外にも必要なものもあるけれど、突き詰めれば、7つ。
猫の生活を見ていると、ああこれでいいんだなって思うことも度々あります。
人間の生活がそれだけ複雑で煩雑になってきているのかな・・・。

う~んいいよね、シンプルって~

そう思っていたら、坂本千明著『退屈をあげる』という本の紹介文に
このようなものがありました。

”ごはんたべて
ねて
うんちして

くり返し

そこでの毎日はとても退屈だったけれど
こわい外の世界に戻るのはもうまっぴらだった”


そしてそんな猫を眺めて人間はこう思うのです。

”私の願いはただひとつ、ねことこの先もずっと暮らせることだった。”

※ねこほんさんのブログから引用させていただきましたm( )m

もはやシンプルを通り越して退屈✨とは。

この本の主人公の猫は元野良猫だったけれど、
ひどくお腹を空かせて、冬の冷たい雨の日に、じっとうずくまっていた所、
ある人が抱き上げてくれたそうなんです。そうして家猫の生活が始まりました。

家猫の生活は野良猫の生活に比べたら、とっても単調。
子猫の頃は、ワラワラバタバタ動き回ってせわしないけれど、
年を重ねてくると”穏やかに暮らすお手本”を見ているような気持ちになることもしばしば。

考えてみると退屈って満たされているから退屈って感じるのかしら。
だとすれば幸せな事だよね💛


ちなみに、猫との暮らしで人間に必要なものって何でしょう?

”愛情  (あなたの心の優しさ)
 お金  (えさ、ワクチン、治療、手術など猫にもお金がかかります)
 時間  (心の触れ合う時間がなかったら猫と一緒に暮らす意味はないでしょう)
 労力  (生き物の世話は1日も休めません)
 勇気  (猫の保護者・同居人として世間に立ち向かうには時には勇気も必要です)”

   (日本捨猫防止会パンフレットより)

なるほど、うなずかされます。
たった5つだけだけれど、
忙しい現代人は、忘れがちになりやすいから、
改めて心に刻みたいと思いました。
特に注目したいのは、時間。

寝顔りくっち
心の触れ合う時間、何をするでもなくただ猫と一緒に過ごす時間。
皆さんも、そんなときが幸せを感じる瞬間♡だったりしませんか?
(文字だけだとさみしいかなと思って、写真は我が家猫りくっちでした)




今日のテーマは、家猫の望むものはシンプルですよねっていう
のんびりとした内容でしたが、それは家猫の話。

野良猫の保護現場や家猫修行の猫たちはそれどころではない大変さです。
連日ブログでもお伝えしていますが、松ねこでは、野良猫の捕獲、保護、
預かり、里親探しなどのご依頼は受け付けておりません。申し訳ございません。
ただ、保護に係る費用や労力を主体的に負担してくださる場合には、
猫を救うために何をしたらよいかを一緒に考えることは可能です。



🌼チワワを救おうプロジェクト🌼
松ねこは、この プロジェクト を応援しています。
チワワを救おうプロジェクト


*** 松ねこではボランティアさんを募集しております ***

保護猫の病院への搬送、保護猫の預かりさんなど、
出来る時に出来る事をで大丈夫ですので、力を貸して頂けると助かります。
お車の運転できる方、保護猫を預かるスペースやお時間がある方、
一緒にボランティアを始めてみませんか\(^ ^)/
お問合せは右記のメールアドレスへお願い致します<(_ _)>
※PCからの返信を受信できるメアドからお願いします。




松ねこ


タイトル画像

ねこ画展

2018.05.09(07:00) 791

みなさまこんにちは。気がつけばもう5月お出かけが楽しい時期となりましたね
Aは先日「ねこ画展」に行ってまいりました

GWの平日中休みでしたので、とてもゆったりとできました
ねこ画展

色んな猫ちゃんにまつわる作家さんの作品が‥漫画家さん、画家さん、絵本作家さん、イラストレーターさん‥あ、この絵みたことあるよとなじみある作品も多々です
ねこ画展2

小さい子と一緒でも楽しい絵本ブース
ねこ画展3

これまた大人も子どもも楽しいお持ち帰りもできるぬりえブース
ねこ画展4

みるだけでも楽しい物販コーナー
ねこ画展5

また、展内いたるところに設置されているキューアールコードをスキャンして参加できるクイズや心理テストなどもあり、楽しい内容でした
展の中には、迷子猫ちゃんを探すサイト会社や、保護猫カフェを運営する会社のブース(日にちによっては保護猫ちゃんたちが画展に参加する予定もあるそうです。)、都内のいくつかの区の野良猫ちゃんに対する保護やそれに関する助成や相談のチラシがおいてあったりなど、身近な猫ちゃんを気にかける啓発がなされている感じも特徴的でした。また、画展の入場料収入の一部を保護猫活動に寄付するそうです。

場所は水道橋駅からすぐのアミューズメント施設の敷地内にある「ギャラリーアーモ」にて7月8日まで開催されているそうです(写真の缶バッチは展内で行われていたクイズの参加賞です。こういうのはとしがいもなく嬉しいものです
ねこ画展6

ご興味のあるかたはこれからのお出かけの選択肢にいれてみられてはいかがでしょうか
Aも色んな猫ちゃんの楽しい刺激を受けに行ってみたいです



🌼チワワを救おうプロジェクト🌼
松ねこは、この プロジェクト を応援しています。
チワワを救おうプロジェクト


*** 松ねこではボランティアさんを募集しております ***

保護猫の病院への搬送、保護猫の預かりさんなど、
出来る時に出来る事をで大丈夫ですので、力を貸して頂けると助かります。
お車の運転できる方、保護猫を預かるスペースやお時間がある方、
一緒にボランティアを始めてみませんか\(^ ^)/
お問合せは右記のメールアドレスへお願い致します<(_ _)>
※PCからの返信を受信できるメアドからお願いします。



松ねこ


タイトル画像

🌼チワワを救おうプロジェクト🌼

2018.05.08(07:00) 797

チワワ226dcfe6-c111-4c0b-9dbd-a885367aa296

先週のブログの最後に毎回お知らせしておりました
チワワを救おうプロジェクト、ご覧いただけましたでしょうか。

私達、松ねこが譲渡会場をお借りしている「ペットと暮らそう」(一般社団法人動物共生推進事業)で
保護されたチワワ(6歳)が肺動脈狭窄症を患っており、高額な手術費用が必要であることが判明し、
一人でも多くの方にこの活動を知っていただきたく、今回ブログに掲載いたしました。Nが担当いたします。

”ブリーダーから保護をした子の中には、糞尿にまみれ、
劣悪な環境下で十分な予防や治療も行われないまま、狭い中に多くの頭数が押し込められ「ただ生きているだけ」、
そして命尽きても「誰にも悲しんでもらえない子達」が多くいます。
このチワワちゃんは当団体で保護後、循環器専門医の診察により「肺動脈弁狭窄症」という疾患であることが判明しました。
私たちが保護をした段階で5年は経過していると思われ、すでに非常に進んだ末期状態となっています。
その手術の困難さから一般の動物病院では対応できず、大学病院で循環器専門医の手術を受ける必要があります。
非常に難しい手術ではありますが、助かる見込みのあるこの子を見捨てる事が出来ません。
(動物共生推進事業より)”



肺動脈弁狭窄症とは、肺動脈という心臓から肺に向かう血管に存在する逆流防止弁が生まれつき狭く、
血液がうまく流れていかない病気です。
今回のこのチワワちゃんは、生まれつきこの病気にかかっていた(先天性)との事でした。

それでもこの可愛いらしいルックスであるが故に、繁殖犬としてブリーダーのもと
子犬を産まされ続けてきました。
病気を持つチワワちゃんの体にどれだけ負担がかかっていたことでしょう。

ペットショップやブリーダーから購入するという行為の裏には、
今回のチワワちゃんのような繁殖を目的に飼われている動物たちがいることを
広く世間の方たちに知っていただきたいと思います。

そしてチワワちゃんは、そのような状況からやっと抜け出して、
本当の幸せ探し(=里親さま募集)をする矢先に、このような疾患が見つかってしまいました。


************************

先週の譲渡会場で、チワワちゃんと会うことが出来ましたヨ💕

チワワIMG_20180505_162547

看護師さんに抱かれて*^^*

チワワIMG_20180505_162455

ごはんもよく食べ、お薬もちゃんと飲んでくれるお利口さんです

幸い体調も崩さずに、動物病院内で看護師さんにお世話をしてもらいながら
暮らしています。

チワワIMG_20180505_162522

でも病気を抱えているから、散歩は出来ず、
時々看護師さんに遊んでもらうくらいなんだそうです。

手術が成功したら、普通のチワワと同じくらいの生活が出来るようになるそうなので、
それまで頑張ろうね♡


チワワちゃんのご支援は
こちらのURLからしていただけます❕

↓どうぞ宜しくお願い致します。↓
https://camp-fire.jp/projects/view/62216

チワワ5aab4020-3c40-4e56-a9ae-2fa60aae07a2-250x187

銀行振り込みでもご支援いただけます。
ゆうちょ銀行からのお振込み
店名058 普通預金 口座番号 7515945 一般社団法人 動物共生推進事業
他の銀行からのお振込み
店名〇五八 店番058 普通預金口座番号 7515945 一般社団法人 動物共生推進事業

手術をし病気を治すことができれば、里親さんを探すことができます。
この子が病気を治し元気に暮らしていけるよう温かいご支援をお願いいたします。

一般社団法人 動物共生推進事業
[運営事務局] 〒270-2265 千葉県松戸市常盤平陣屋前11-7
TEL 047-712-2811  http://happylife-withpets.org



私達松ねこも、上記のURLのクラウドファウンディング経由ではないのですが、
心ばかりの寄付を致しました。でも、まだまだ手術が出来る目標額には遠く届きません。
病気を抱えた状況なので、なるべく早く手術をすることが好ましく、
支援を長く待つことも難しい状況です。(5月の終わりごろまでに判断がされるそうです。)
この活動を知った方から広くご支援を頂くことでチワワちゃんが救われることを願うばかりです。
ご家族、ご友人の方にも、この情報を、そしてご支援の輪を広げて頂けますよう
どうぞ宜しくお願いいたしますm( )m

ところで、このチワワちゃんはまだ名前がついていません。
クラウドファウンディングでのご支援のコースの中に、
(お高めですが)名前を付けていただけるコースもあります。
良い名前をもらって、里親探しの第一歩を踏み出せますように☆彡


松ねこ


タイトル画像

日曜のたのしみ

2018.04.28(07:00) 781

最近毎週日曜のお昼に、自慢の歌声を披露する人々
を観るのが楽しみなワラワラのTです。

全国各地で行われるこの催し、4月のとある日は
千葉県勝浦市でした。このトップバッターのお兄さんが
またすごい逸材で…!!

立派なリーゼントの大柄な19歳、地元を盛り上げたいと
出場だそうですが、出番が終わったあともずーーっと
後ろ(画面の隅)で、他の出場者の歌唱を応援してまして
知ってる歌は自分も口ずさんだり、知らない歌は大きく
手拍子したりして、とっても良い子でした。
強面でも笑うと可愛い青年、すれてなくて清々しくて
いいですね^^
素敵な出会いとなりました♪

強面でも純粋と言えば

長助寝起き

長助かな。

実際の長助は強面でもないし、甘えん坊の
可愛いヤツですが、写真だとどうしても
剛な雰囲気が漂う…寝起きで目つきがイマイチ
だからでしょうかね

10日樅1

樅もそんな感じかな
純朴で性格のいい愛らしいヤツ
是非、実物の魅力も感じてほしい逸材です!

歌声を披露する人々には、みんなそれぞれに
ドラマや思いがあって、それを垣間みるのも
楽しいのですが、ニャンコたちにもドラマや
背景があって、なかなか味わい深いものです。

あと、歌声を披露する人々の後ろで楽器で伴奏
してくれる人たちの表情もいいんです。
特に先日は、キーボードのおねえさんの、出場者を
優しく見つめるまなざし。
うんうん、と頷きながら、みんなの熱唱をサポート
してる姿は、松ねこスタッフといったところでしょうか。
慈愛に満ちた視線に心和みました。

そんな訳で、毎週日曜の個人的な楽しみでした。

そしてねこ好きな皆さまには土曜日の譲渡会があります!

是非是非みなさま、柏の「ペットと暮らそう」さんで
ほぼ毎週土曜の午後に開催の譲渡会に、お気軽にお立ち
寄りになってみてください。
出場者?の猫たち、裏方のスタッフたちと直に交流して
みて楽しいひとときをお過ごしくださいませね^^

素敵な出会いがありますように♡


松ねこ


未分類
  1. 家の広さと犬とネコ(06/16)
  2. 人間になりたがった猫(06/14)
  3. やってみよう(06/02)
  4. 地域猫って・・・?🐈(05/31)
  5. ねこ検定(05/24)
  6. 日本の猫の法律(05/20)
  7. 猫の望んでいるものは・・・(05/16)
  8. ねこ画展(05/09)
  9. 🌼チワワを救おうプロジェクト🌼(05/08)
  10. 日曜のたのしみ(04/28)
次のページ
次のページ